彼女が落ち込んでいる時はどうする? おすすめの慰め方11選や注意点を解説

彼女が落ち込んでいる時、どんな声をかけてあげれば良いのか、どんな励まし方をすれば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

この記事では、彼女を慰める上で押さえておきたいポイントをまとめました。ぜひ参考にしてください。

男女で慰め方が少し違う?

身近な誰かが落ち込んでいる時、自分がその人を慰めてあげたいと思うことはありますが、他人の心を理解することは難しいでしょう。落ち込んでいる時にその人が求めている慰め方というものは、人それぞれや場合によって異なる場合があります。

この記事では、彼女が仕事や人間関係などで落ち込んでいる時、どう接するのが正解なのか分からないという方のために、おすすめの慰め方について紹介します。

大切な人の笑顔を守りたい、元気な姿を見たいという方は、ぜひご一読ください。

彼女が落ち込んでいる時のおすすめの慰め方11選

それでは実際に具体的なポイントを挙げながら、落ち込んでいる彼女を慰めるための11の方法を紹介していきます。

求めている慰め方は人それぞれであり、時と場合によってもかけて欲しい言葉は違うでしょう。一つずつ確認しながら、彼女に合った慰め方を模索していきましょう。

1:一人じゃないことを知らせる

1:一人じゃないことを知らせる

彼女が抱えている悩みをすぐに解決できなくとも、彼女の傍にいて話を聞いてあげるようにしましょう。そして一人ではないということを優しく丁寧に伝えます。

また、自分だけでなく彼女の友人や家族に連絡をとって、一人でも多くの人にサポートをお願いするのも一つの方法です。

2:話を最後まで聞く

今回紹介する11の方法の中でも、この「話を最後まで聞く」という慰め方は特に心がけておきたいものの一つです。

彼女が落ち込んでいて信頼できる人に話を聞いて欲しいと思っているにもかかわらず、肝心の聞き手側に聞くスキルがないと相手も困惑するでしょう。

また、解決に急いで話を最後まで聞かずにすぐに自分の経験談などを語り出してしまう人もいます。そのような時は我慢して、彼女の話に最後まで傾聴することも大切でしょう。

そうすることで話し終わった頃には晴れ晴れとした気持ちになり、解決に近づくことが期待できます。

3:解決策を一緒に考える

迅速に解決策を導き出せなくとも、じっくり話し合って「一緒に考える」という過程を重視する方法です。自分のことのように真剣に考えてくれる彼氏の姿を見れば、彼女も安心感を得ることができるでしょう。

4:彼女の話に共感する

自分の感情に共感を示されると、大きな安心感を得られやすいです。解決策を提案することも一つの方法ですが、その前に共感するという過程も効果を期待できる方法でしょう。

まずは彼女の話に共感を示して彼女に安心感を持ってもらい、そこからじっくり話し合って解決策を一緒に考えていきます。

5:彼女が元気になるまで黙って傍にいる

5:彼女が元気になるまで黙って傍にいる

誰しもひどく落ち込んで自分の気持ちの整理がつかず、上手く言葉にできない時があるのではないでしょうか。

そのような時は聞き手も焦って声をかけたり、話を聞き出そうとしたりするのではなく、彼女が元気になるまで傍にいることも一つの方法です。

6:外出して気分を変える

落ち込んで元気がないからという理由で家の中にいても、悩み事が頭の中をめぐってしまいさらに気分が落ち込んでしまうことがあります。

そのような時は気持ちを切り替えてショッピングに行ったり、散歩に行ったり、ドライブに行ったりして、外の空気を吸い体を動かすことで気分転換を図ることも一つの方法です。彼女の好きなものを食べに行くという方法もあります。

7:自信を持てるような言葉をかける

落ち込んでいる時は必要以上に自分を責めて、自己肯定感が低くなってしまっていることも少なくありません。そのような時に自分で自分を鼓舞するのは簡単なことではなく、ふと他人にかけてもらった言葉に救われることがあります。

「君ならきっと大丈夫だよ。」「今はつらくても、君なら絶対上手くできるよ。」といったポジティブな声掛けをすることも一つの方法です。

多少なりとも大袈裟であったとしても、彼女が自信を取り戻せるような言葉を伝えてあげてみてはいかがでしょうか。

8:自分との喧嘩で落ち込んでしまった場合は誤解を解く

些細な行き違いから喧嘩になってしまうこともあるがあります。「彼女なのだからこのようなことくらい、言わなくても分かるだろう」という考えは避けるといいでしょう。

そのような時は自分のプライドは捨て、自分が悪かったところは潔く認めて真摯に謝り、言葉で伝え合うように心がけるようにします。

9:彼女を労わる声掛けをする

私たちは頑張っている時ほど、悩んだり落ち込んだりしてしまうことがあります。たとえ彼女側に問題があったとしても否定したりはせず、その努力を認めてあげると良いでしょう。

「よく頑張ったね」「つらかったね」といった言葉をかけることで、彼女のこれまでの努力を認めてあげます。

10:協力する姿勢を見せる

10:協力する姿勢を見せる

3つめのポイントの「一緒に解決策を考える」にも類似していますが、彼氏が協力してくれていると相手は安心感を得られやすいでしょう。

言葉だけでなく態度で示すことを意識し、話をじっくり聞く、アドバイスしてみる、気分転換を手伝うなどしてサポートします。

彼女は決して孤独ではなく、一緒に悩む味方がいるということを伝えてあげることも一つの方法です。

11:質問して気持ちの整理を手伝う

動揺して気持ちの整理がつかない時、本当はどう考えているのか、これからどうしたいかなどを本人に対して質問し、答えや考えを引き出すという方法があります。

すぐには答えられなかったとしても、それが自分の気持ちに向き合って考えるきっかけになれば、状況は良い方向に流れ始めることがあります。焦らず、彼女自身の気持ちや考えを一緒に探ろうとすることがポイントです。

彼女が落ち込んでいる時の慰め方での5つの注意点

ここまでは彼女を慰める上で効果的なポイントを紹介してきましたが、ここからはそれをしてしまうとかえって逆効果になりかねないという、慰め方における注意点について説明していきます。

思わぬところで自分の癖になってしまっていないか、この機会に振り返ってみてください。

1:彼女の話の途中で自分の意見を言わない

上で紹介した「話を最後まで聞く」という方法にも通じますが、彼女の話の途中で自分の意見を言わないことを意識しましょう。

適切にアドバイスするにしても、声掛けをするにしても、まずは話を最後まで聞き、相手の置かれている状況や立場、相手の気持ちや考えを理解します。

彼女の中のわだかまりを思う存分に最後まで吐き出させた後、自分の意見や彼女に対してのアドバイスを言うように心がけます。

2:彼女の問題に深入りし過ぎない

2:彼女の問題に深入りし過ぎない

たとえ彼氏や友達のような親しい間柄の人間だとしても、人は誰しも他人に踏み込まれたくない領域(パーソナルスペース)があります。たとえば家族や健康の問題など、プライバシーに関わるような問題の場合です。

適切な距離を保つことは相手の価値観を尊重することにもつながり、信頼関係を築くことにもつながるでしょう。

3:大したことない等の言葉を言わない

これは彼女に限らず、家族や友人に相談された時にも言えるのではないでしょうか。

抱える問題をどれほど深刻に感じるかは人それぞれなため、悩んでいる人に向かって「大したことない」「そんなことで悩んでも仕方がない」などといった言葉をかけないように注意しましょう。

自分の価値観で判断するのではなく相手の価値観を尊重し、相手の立場で物事を考えるように心がけます。

4:無責任に「頑張れ」と言わない

たとえば何かの問題にぶつかり、自分なりに頑張ったものの上手くいかず、どうにか解決したいがどうすれば良いか分からないといった時に人は落ち込み、誰かに相談します。

話をよく聞かず、相手の状況を理解しないままに「頑張れ」と言っても、本人は「こんなに頑張っているのにまだ足りないのだろうか」と自分を苦しめてしまいます。

「頑張れ」という激励の言葉は時には有効な場面もありますが、しっかりと相手の立場や置かれている状況を理解して使いましょう。

5:威圧的な態度をとらない

5:威圧的な態度をとらない

威圧的な態度はとらないようにしましょう。威圧的にアドバイスしても相手の心には響かないだけでなく、プライドを傷つけて関係が悪化する場合があります。そのような時は謙虚に接するということを意識しましょう。

彼女が落ち込んでいる時は寄り添ってあげよう!

ここまで彼女が落ち込んでいる時のおすすめの慰め方として11の方法と、慰める上での5つの注意点を紹介してきました。ポイントを簡潔にまとめると「彼女の気持ちに共感し、寄り添ってあげること」です。

今回ご紹介したポイントを意識しつつ、それぞれに適した寄り添い方で彼女を安心させてあげられれば、彼女の落ち込んだ気持ちも慰めることができるでしょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む