相手を間違えると大変なことに…恋愛相談をするおすすめの相手4選

あなたは恋愛相談を誰にすることが多いですか? 恋愛相談は誰にするかによって得られるものがまったく違います。相手を間違ってしまうとうまくいくものもいかなくなってしまう可能性があるのです。

今回は前にすすみたい場合は誰に相談すればいいのか、おすすめの相談相手と、異性に相談する時の注意点をまとめました。

恋愛相談の相手、同性と異性での違い

恋愛相談の相手、同性と異性での違い

恋愛相談を同性にするのか、異性にするのかで得られるものが違います。まずはその違いを知っていきましょう。

恋愛相談の相手が同性の場合

同性に相談すると共感をしてもらえることが多いです。特に恋愛経験のある女性であれば「わかる!」「私もこうだった!」などと、自分のことに置き換えて、共感しながら話を聞いてもらうことができます。

意見を求めずに話を聞いてほしいのであれば、相談相手は同性である女性を選ぶのがいいでしょう。

恋愛相談の相手が異性の場合

男性に恋愛相談をすると得られるものは意見やアドバイスです。男性は共感をして話を聞くことが得意ではありません。常に「どうしたら解決できるのか」を考えながら話を聞くため、意見やアドバイスをしがちになるのです。

共感よりも客観的な意見やアドバイスがほしい場合は、異性に相談することをおすすめします。

恋愛相談をするおすすめの相手

恋愛相談をするおすすめの相手

「いい方向に恋愛をすすめていきたい!」「幸せになりたい!」と思うのであれば、恋愛相談をする相手が重要になります。恋愛相談をするおすすめの相手をまとめました。

はっきり言いあえる同性の友達

共感をしてもらえると安心感はありますが、今抱えている問題は解決しません。前を向いてすすんでいくのであれば、共感だけではなくはっきり言ってくれる同性の友達に相談することがおすすめです。

「わかる!」と言うだけではなく「わかるけど、あなたも少しわがままなんじゃない?」や「その相手だと結婚した時大変じゃない?」など、客観的に感じたことを言ってくれる相手であれば、問題も解決しやすくなります。

前にすすみたいのであれば、共感だけではなくはっきり言ってくれる同性の友達に相談するようにしましょう。

彼氏がいる、または結婚している同性の友達

独身同士だと一緒に頑張っていることに居心地のよさを感じ、共感しあったり、慰めあったりする傾向が強いです。まれに「この人が幸せになったら自分が置いていかれる……」と思い、無意識のうちに幸せな方向にいかないようなアドバイスをしてしまう人もいます。

今抱えている問題を解決したいのなら、同じく独身で婚活を頑張っている女性はあまりおすすめしません。彼氏がいる、結婚をしている同性の友達に相談しましょう。

自分のことを理解している異性の友達

前にすすむために恋愛相談をしたいのなら、意見やアドバイスをくれる異性の友達がおすすめです。男性は感情に流されることなく、客観的に見て冷静にアドバイスをしてくれる傾向にあります。

自分のことを理解している異性の友達なら、より親身に「今はこういうところがよくない」「こういう人のほうがあうと思う」など、あなたのことを理解したうえでアドバイスをくれるでしょう。

自分のことを理解している仲のいい異性の友達がいるのなら、積極的に相談することをおすすめします。

仲のいい兄妹

仲のいい兄妹がいるのなら、ぜひ恋愛相談をしてみてほしいと思います。兄妹ならあなたのことを友達以上に理解している部分も多いです。またあなたの幸せを心から願っているので「どうしたら幸せになれるのか」を真剣に考えて意見やアドバイスをくれるでしょう。

普段から恋愛の話をしあう仲であれば、兄妹に相談することも選択肢の一つとして持っておくことをおすすめします。

恋愛相談を異性にする時の注意点

恋愛相談を異性にする時の注意点

意見やアドバイスをくれる異性に恋愛相談することに慣れていない女性は、同性とは違った答えに戸惑うかもしれません。恋愛相談を異性にする時の注意点をまとめました。

共感は得られない

異性に相談をする場合、共感は得られないと思っておくほうがいいでしょう。まだ落ち込んでいてアドバイスを受け入れられない気持ちなら、異性に相談はせず、共感してくれる同性に相談することをおすすめします。

共感を得られないぶん、多くの意見やアドバイスをもらえるのが異性に相談するメリットです。自分の気持ちにあわせて相談する相手を見極めていくといいでしょう。

ぐさっとくる可能性がある

男性は冷静に物事を判断し、客観的に感じたことを伝える傾向が強いです。言い方も女性ほど優しくない場合が多く、時にはぐさっとくる可能性があります。

異性に相談する時は「辛辣な意見があるかも」「厳しめなアドバイスになるかも」と心得ておくことが大切です。その代わり、自分では気がつかなかった意見や考えを知ることができます。

前に向いてすすんでいきたいと思うのなら、厳しめなアドバイスも受け入れる心を持って恋愛相談をしてほしいと思います。

好きになる可能性がある

よく聞くのが「恋愛相談をするうちに相手のことを好きになる」ということです。落ち込んでいる時に話を聞いてもらい、自分のために真剣にアドバイスをくれる姿に、心惹かれることもゼロではありません。

異性に恋愛相談をする時は、万が一好きになってもいい相手かどうかを考えてからのほうが安心です。「好きになる可能性もある」ということを頭の片隅にでも置いておきましょう。

Written by yuuki

「しんどい…」一緒にいると疲れる人の5つの特徴 ▶

yuukiの他の記事を読む