結婚なんてムリ…男性が「奥さんにしたくない!」と思う女性の特徴5つ

「こんな男性と結婚したい」「こんな男性は絶対嫌!」など、結婚相手に対して希望も持っている方も多いのではないでしょうか? 一生を過ごす相手だからこそ、幸せになれる相手を見つけたいですよね。

とはいえ、そう考えているのは男性も同じです。「結婚するならこんな女性が良い」と希望を持っているように、「こんな女性は奥さんにしたくない…」と考えています。

そこで今回は、男性が思う「奥さんにしたくない女性」の特徴を紹介します。付き合うまではいくのに、なかなか結婚まで辿り着けないという女性は当てはまっているものがないか、ぜひチェックしてみてくださいね!

男性が思う「奥さんにしたくない!!」女性の特徴とは?

絶対彼女にしたくない…男性が「正直ウザい」と感じる女性の行動5つ

男性はどんな女性に対し「奥さんにしたくないな…」と感じるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

金遣いの荒い女性

結婚相手に収入やまともな金銭感覚を求める女性は多いですが、それは男性も同じです。結婚すれば生活をともにするわけですから、相手の金銭感覚はとても大切ですよね。

ましてや、結婚すれば生活費はもちろん、子どもが生まれたり、家を建てたりと一人の時よりも出費も多くなります。付き合っている時なら、お互いの収入をどのように使おうか気にならなくても、夫婦となればそうはいきません。

だからこそ安心して家計を任せられるような女性を男性は求めています。欲しいものはすぐに買う、金の管理は適当、そんな女性を奥さんにしたいと考える男性は極めて稀と言えるでしょう。

料理が苦手な女性

最近は共働き家庭の増加に伴い、家事を分担する家庭も増えています。必ずしも家事を女性がしなければいけない時代ではないものの、だからといって料理が苦手な女性よりも得意な女性と結婚したいと考えるのはごく自然なことでしょう。

料理が苦手な方は、今からでも練習することをおすすめします。

片付けができない女性

世の中には意外と綺麗好きな男性が多いです。仕事から帰ってきた時、散らかっている部屋よりもすっきり片付いている部屋のほうがリラックスできますよね。

どれだけ可愛くて身なりに気を使っていても、部屋を綺麗に片付けられない女性は、結婚相手としては「なし!」と判断されるので気をつけましょう。

わがままな女性

「好きなこからは頼られたい」そう考えている男性は多いです。とはいえ、何事も限度があるものです。「しょうがないな~」で許せるレベルのわがままでも、それが毎日のように続けば嫌気が差してくるでしょう。

夫婦となり長い時間をともに過ごすのであれば、尚のことお互いを思いやる気持ちが大切です。わがままばかりな女性を奥さんにしたいと思う男性はほとんどいないことを覚えておきましょうね。

常識のない女性

常識やマナーのなっていない女性を奥さんにしたいと考える男性はまずいないと言っても良いでしょう。付き合っている時なら、多少の常識外れな行動や発言も周りに被害がなければ多めに見ると言う方は多いです。

しかし、結婚となると話は別です。自分の家族や友人、同僚に紹介した時に奥さんの常識やマナーがなっていないとなれば恥をかいてしまうこともあります。男性が自分の家族や友人をなかなか紹介してくれない時は、紹介するのが恥ずかしいと思われている可能性もあるので気を付けましょう。

男性が奥さんにしたくないとドン引きする女性の行動!

常識のない女性

続いては、男性が「奥さんにしたくない!!」とドン引きする女性の行動を見ていきましょう。当てはまっている方は要注意!結婚を考えているのなら改善する必要がありそうです。

夜な夜な飲み歩いている

「お酒が大好き!」「飲み会大好き!」と夜な夜な飲み歩いている女性は、出会いも多そうに感じますよね。

しかし、いくら出会いはたくさんあっても、毎日のように飲み歩いている女性は一緒にいて楽しくても本命にされません。特に付き合っているのに、飲み歩きを辞めない女性は浮気を疑われやすいので気をつけましょう。

推し活に夢中

漫画やアニメなど二次元のキャラクターや芸能人に夢中な女性に対し、アプローチしようと思う男性は少ないです。男性は意外と繊細なため、例え二次元のキャラクターや芸能人であっても比べられたら傷つくし、そもそもどうやってアプローチすれば良いのかがわからないと言うのが理由のようです。

夢中になれるものがあるのは素敵なことですが、結婚したいと思うなら推し活はほどほどに抑えておくのが良いでしょう。

おわりに

推し活に夢中

ここまで、男性が「奥さんにはしたくないな…」と思う女性の特徴と行動について紹介しました。

金遣いが荒い、料理が苦手、片付けができないなど、一緒にいて苦労するのがわかっている女性と結婚したいと考える男性は極めて稀と言っていいでしょう。

長い時間を一緒に過ごす相手だからこそ、お互いを思い合える関係を求めているのは男性も女性も同じです。好きな相手から「結婚したい!」と思われたいなら、これまでの自分が当てはまっていないか、振り返ってみてはいかがでしょうか?

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む