男性が無意識にやってしまう「好きサイン」6つ

恋愛中なら誰しも好きな男性の気持ちを知りたくなるもの。「私に興味ないのかな」と不安になることもありますよね。

しかし、あなたが気づいていないだけで彼が好意を寄せてくれているかもしれません。そこで今回は、男性が無意識にやってしまう好きサインを6つご紹介します。

男性が無意識にやってしまう5つの好きサイン

男性が無意識にやってしまう5つの好きサイン

何度も目で追う

男性が無意識にやってしまう好きサイン1つ目は、何度も目で追うというものです。男性は好きな女性が近くにいると、無意識に目で追ってしまう傾向があります。チラチラ見たり、ジッと見つめたりといった行動を繰り返します。

全く興味のない女性を、目で追うことはありません。目が合う頻度が多いなら、それはあなたに好意がある証拠です。

返信が早くなる

基本的に男性はマメなやり取りが好きではありません。そのため、悪気もなく既読や未読無視をしてしまうことも。

一方で、好きな女性は違います。「話したい」「知りたい」といった感情が無意識に働くため、返信が早くなります。連絡を待っている間は何度も携帯をチェックしたり、ソワソワしたりするのだとか。

好意があるからこそ、何気ないやり取りも楽しく感じるのです。

恋愛に関する質問が増える

男性が無意識にやってしまう好きサインとして、恋愛に関する質問が増えることも挙げられます。たとえば「元彼はどんな人 ?」「今まで付き合った人数は ?」「好きな男性のタイプは ?」など。こうした質問をすることで、男性は好きな女性の恋愛観をチェックします。

また、付き合える可能性があるかないかを見極めたり、今後のアプローチの参考にしたりします。仮に好意がなければ、わざわざ恋愛に関する質問はしないでしょう。

カッコ良く見せようとする

女性なら誰しも好きな男性には可愛く見られたいですよね。それは男性も同じです。

好きな女性の前ではカッコ良くありたいと思うのが男心。そのため、いつも以上にオシャレをしたり、食事をご馳走したりと、男らしい自分をアピールします。

褒め言葉や感謝の気持ちを口に出されると、舞い上がってしまうでしょう。

プライベートな話をする

プライベートな話をするのも、男性が無意識にやってしまう好きサインの1つです。男性は好意がない女性に対して、あまり自己開示をしません。これは、わざわざ自分のことを知ってもらう必要がないから。

しかし、好きな女性は逆です。「もっと知ってほしい」という気持ちが湧くため、自分からプライベートな話をします。好きな女性の前限定でお喋りになる男性も少なくありません。自分のことを話してくれるのは、あなたに心を開いている証拠ですよ。

付き合う前の男性から好きサインがあったときにすべき3つのこと

付き合う前の男性から好きサインがあったときにすべき3つのこと

たくさんコミュニケーションを取る

付き合う前の男性から好きサインがあったときにすべきこと1つ目は、たくさんコミュニケーションを取ることです。コミュニケーションは2人の仲を深めるもの。話せば話すほど共通点が見つかりやすく、信頼関係にも繋がります。

自分の話をするのはもちろん、相手の話にもしっかり耳を傾けること。相手の「知ってほしい」「聞いてほしい」という気持ちを汲み取り、聞き役に回ることも大切です。

良いところを褒める

男性は好きな女性の前でカッコつけたがる生き物です。そのため、良いところは積極的に褒めてあげましょう。

「今日の服装似合ってるね」「その時計オシャレだね」など、どんなに些細なことでもOK。嬉しい気持ちになるだけでなく、あなたへの好意がさらに大きくなるはずです。

マメに連絡を取り合う

連絡を取り合うことも、コミュニケーションの1つです。とくに頻繁に会えないなら、マメなやり取りは欠かせません。

LINEだけでなく、電話もおすすめです。さらに距離を縮めるためにも、マメなやり取りを心がけましょう。

おわりに

おわりに

今回は、男性が無意識にやってしまう好きサインを6つご紹介しました。男性は意識していなくても、好きな女性への気持ちが言動に現れてしまうものです。

男性のちょっとした言動に隠されている好意に気付き、距離を縮めましょう。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む