男性が「この子、自分に気があるな」と思う5つの瞬間

男性の何気ない言動に「もしかして私のこと好きなのかな ?」と感じた経験はありませんか?

好意を感じるとやはり今まで以上に意識してしまうもの。実は、そんな瞬間が男性にもあるんです。

そこで今回は、男性が「この子、自分に気があるな」と思う瞬間を5つご紹介します。

男性が「この子、自分に気があるな」と思う瞬間

プライベートな質問をされたとき

プライベートな質問をされたとき

たとえば好きなタイプや友人のこと、趣味など。こうした質問をされると、男性は「俺に興味を持ってくれてるんだ」と感じるようです。

実際、興味がない相手にプライベートな質問をすることはないですよね。「距離を縮めたい」「もっと仲良くなりたい」という気持ちがあるからこそ、知りたくなるものですから。

プライベートな質問は男性に「気があるのかも」と思わせるのに効果的です。

ボディタッチをされたとき

「ねぇねぇ」と肩を叩かれたり、「ちょっと待って」と腕を掴まれたり。そんなボディタッチに男性は思わずドキッとしてしまいます。それと同時に「俺のこと好きなのかな?」と気になりはじめてしまうそう。

優しさを感じたとき

男性から優しくされると、やはりキュンとしますよね。

それは男性も同じです。「大丈夫?」と気にかけられたり、仕事を手伝ってもらったりすると、喜びや嬉しさを感じるのだとか。

「優しい子だな」と思うのと同時に「それって好意があるのかも……」と期待してしまうようです。

自分だけに見せてくれる優しさや気遣いに心を掴まれる男性は少なくありません。

デートや食事に誘われたとき

デートや食事に誘われたとき

デートや食事に誘われると、男性は好意を期待せずにはいられません。

関係を進展させるためにも、二人きりの時間は重要ですよね。約束の前日は緊張で眠れなくなったり、考えすぎたりしてしまう男性も多いとか。そしてデート中は意識するあまり、上手く話せなくなるなんてことも。

二人だけの特別な時間は好意を感じざるを得ません。

ドキッとする言葉を言われたとき

ドキッとする言葉を言われたときも、男性が「この子、自分に気があるな」と思う瞬間です。たとえば「〇〇くんと一緒にいると楽しい」「帰りたくないな」「〇〇くんは特別だよ」など。

こうした言葉は、もはや間接的な告白とも捉えられます。男性は言葉の意味を考えるうちに「俺のこと好きなのかも」という期待が生まれ、意識し始めるようです。

気になる男性にさり気なく好意を伝える3つのテクニック

じっと目を見つめる

視線は好意を伝えるのに大変効果的な手段です。話すときはもちろん、ふとしたときに見つめてみましょう。

相手があなたの視線に釘付けになり、意識し始めること間違いなしです。

褒める

気になる男性に好意を伝えるなら、褒めることも効果的です。

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。むしろ「俺のこと見てくれてるんだ」と嬉しく感じるはずです。

好きな男性の良いところを見つけたら、積極的に褒めてみてください。それがきっかけとなり、距離が縮まるかもしれません。

親身になって話を聞く

親身になって話を聞く

男性は、お喋りな女性より、聞き上手な女性を好む傾向があります。ただ黙って話を聞いてもらえるだけで安心できるのだとか。

また、自分に向き合ってくれる姿勢が好意を抱くきっかけになることもあるようです。

好きな男性の話は遮らず、最後までしっかり聞くことを心がけて聞き上手な女性を目指しましょう。

さり気なく好意を伝えて好きな男性を胸キュンさせよう

今回は、男性が「この子、自分に気があるな」と思う瞬間を5つご紹介しました。

男性が女性からの好意を感じる瞬間はたくさんあります。これを機に、好きな男性へ自分なりのアプローチをしてみてください。

あなたのさり気ない好意が、二人の距離を縮めるきっかけになるかもしれません。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む