彼女候補から外れる女性の特徴4つ! 意識してもらうコツも解説

なかなか好きな人の一番になれない、彼女になることができない、そんな悩みを抱えていませんか?

自分なりに頑張っているのに、いつまでも好きな人と結ばれない、そんな人は彼女候補から外れてしまう女性として判断されているかもしません。

ちなみに、男性は恋人候補とそれ以外の女性というのは明確に切り分けていることが多いので、一度でも外れてしまうとなかなか彼女にはなれないもの。

でも、大丈夫です! 今回はこれまで数多くの男女の相談に乗ってきた私が、彼女候補から外れる女性の特徴と、意識してもらうコツについて徹底解説していきます。

恋愛の質を向上させたい女性は必見です。それでは早速見ていきましょう!

 

彼女候補から外れる女性の特徴

体の関係になってしまいがち

体の関係になってしまいがち

体の関係になってしまいがちというのは彼女候補から外れる女性の特徴として最も多いです。

これまで多くの女性の相談に乗ってきましたが、体を求められていることを好きだと勘違いしてしまい、その後に報われない恋に苦しむというパターンはかなり多いんですよね。

女性と比較しても男性の方が好意と行為を切り分けて考えていることが多いため、そこの違いに気づけない女性は彼女候補から外れてしまうのでしょう。

そうならないためのコツとしては、自分の価値を下げるような恋をしないということです。

貞操観念をしっかりと持ち、相手の甘い言葉や誘いの言葉には簡単に乗らない。「付き合っていない人とは何もしないよ」という印象を与えられる人こそが彼女候補になる女性の特徴ですからね。

自分を安売りしない、これはどんな相手でもどんな時でも大切なことなのです。

品がない

品がないというのも彼女候補から外れる女性の特徴です。

男性のノリに合わせることができて男友達が多い女性は確かに魅力的に感じるものですが、品を無くしてしまえば、残念ながら男性にとって彼女候補にはしにくいものです。

前に「一緒にいて楽しいと言ってもらえるのに、なぜか恋人にはしてもらえない」という悩みを持った5年間彼氏ができない女性の相談の相談に乗ったことがあるのですが、一通り話をした後に一言「下ネタを禁止してみてください」と言ってみると、3ヶ月後にしっかりと素敵な彼氏を見つけていたというエピソードがありました。

決してこれが全て原因だとは言い切れませんが、周りの人を見ていても、一緒に笑うところは笑うけど引くところはちゃんと引く。この品を保つための意識が保てられれば、間違いなく男性からの見る目は変わるものです。

逆に男性が彼女にしたいのは、誰に合わせても恥ずかしくない品のある女性。ここから逆算して考えてみるとその大切さがさらにわかってくるはずでしょう。

中身がない

中身がない

中身がない女性も彼女候補から外れてしまうものです。

なんとなく人と合わせることはできる、空気もそれなりに読める、でも1対1で話してみると何も面白くないしつまらない。こんな女性を見ると、男性は彼女にはできないなと、一瞬で彼女候補から外してしまうでしょう。

むしろ、周りと一緒にいる時にはおとなしくてあまり話さなくても、無理に合わせようとしていなくても、自分をしっかりと持っている中身のある女性の方が好かれるものです。

よくある合コンを抜け出して恋愛に発展するパターンは、これに近しいものがあるのかもしれませんね。

彼女にしてもらえる女性の特徴はしっかりと自分に芯が通っていて、つまらないものはつまらない、嫌なものは嫌と自分の意思で判断や決断ができる女性。

そう考えると、ありのままの自分でいることもまた、恋愛の質を高めるためには大切なのかもしれませんね。

お酒にだらしない

お酒にだらしないというのも、最も男性が避ける彼女候補から外れる女性の特徴です。

これは少しひどい話になるのですが、男性はその場では女性に飲んでほしいと期待するくせに、いざだらしない姿を見ると心のどこかでスッと冷めてしまうもの。

男性は女性と比較して独占欲が強い生き物でもあり、多くの人が自分以外に彼女のだらしない姿を見せることに対して嫌悪感を抱いているものです。

そのため、たとえ一緒にいるのは楽しくても、ふと彼女にすることをイメージしたときに不安になるような相手であれば彼女候補から外れてしまうのでしょう。

逆に、男性が彼女にしたいと思う女性の特徴はお酒を楽しんでもしっかりと自分を保ち、男性に「酔わせたい」と思うような女性。

そう考えると「まあ、どうせ酔うだろうな」くらいにしか見られない女性になってはならないのでしょう。

あなたが嫌だと思う男性はどんな人?

彼女候補から外れる女性の特徴と言っても、実は女性から見た彼氏候補にしたくない男性の特徴と意外と似たようなものなんです。

恋愛対象にできるか否か、これを抽象的に言わせていただくと、結局は人としてどうなのかでもありますからね。

自分が嫌だと思う人にはならない、これこそが男性が彼女にしたいと思う女性になるための近道なのでしょう。

Written by せったーくん

せったーくんの他の記事を読む