上品なアラフォー女性になるためにするべきこと12個

アラフォー女性の大問題、これからおばさん街道をまっしぐらに進むか、それとも上品なアラフォー女性になるか……。ふたつの違いをしっかりと知って、上品なアラフォー女性を目指しましょう。12つのポイントを実践して脱おばさん!

上品なアラフォー女性になるためにするべきこと12個

丁寧な動作を心掛ける

丁寧な動作を心掛ける

仕事の時はきびきびと動くことは大切ですが、きびきびと雑は全く異なります。物を置くとき、手渡すとき、受け取るときなどちょっとした仕草で丁寧な動作になります。

歩くときや、扉を開けるとき、物をもとの場所に戻すときなどついつい音がたってしまうことが多いと思いますが、なるべく音を立てないように過ごすことで自然と丁寧で上品な動作にすることができます。

いつも口元に微笑みを浮かべる

年齢を重ねるとどうしても重力で口角が下がって不満顔をしているように見えてしまいます。そのため、意識して口元に微笑みを浮かべるようにすると優しい表情になります。

ほうれい線が目立ってきても口角が上がっているだけで幸せそうな雰囲気を醸し出すことができますので上品に見えます。

礼儀作法を正しく学ぶ

テーブルマナーやビジネスマナーなど本やインターネットの情報で構いませんので正しく学んで身に着けておくことが大切です。

アラフォーになるとフォーマルな場に行く機会も増えると思います。そのときに恥をかかないように、自信をもって行動できるように準備しておくことが大切です。

お礼状や年賀状などの手紙も上品さを醸し出すのにぴったりのアイテム。

若見えメイクやファッションを追求しない

アラフォーになるとどうしても若く見られたいという気持ちから、若く見られるにはどうしたらいいかということを重要視してしまいがちです。

でも上品なアラフォーになるためには年相応の自分に似合うファッションを身に着けることが大切です。

メイクも同じで流行のメイクを次々と取り入れるよりは、どうしたら自分の魅力を最大限に引き出せるかということに重点を置くとうまくいくでしょう。

中身を磨く

女性は外見で判断されることが多く、美人やかわいい人が得をするということを感じるている人は多いと思います。

でもアラフォーになると若さという武器が消えるので、その分中身をきちんと評価してくれる人が増えるのも事実。これだけは誰にも負けないというアピールポイントを一つ作っておくことをおすすめします。

髪の毛のお手入れをする

意外と手を抜いたことがわかってしまう髪の毛のお手入れ。パサつきのないツヤのある髪は女性の魅力の一つです。

アラフォーになると白髪も出てきて元の紙質と変わってしまうこともありますが、エイジングケアに特化したアイテムを使うことで効果を得られることがあります。

ドライヤーでブローをしたり、トリートメントをこまめにするのもおすすめです。

清潔感を心掛ける

一番大切なのは清潔感といっても過言ではありません。アラフォーになると体臭や口臭が気になる人もいると思いますので食べ物や洗濯などに気を使うことをおすすめします。

シャツやハンカチには必ずアイロンをかける、柔軟剤は強すぎない自然な香りを選ぶなどでも清潔感を演出することができます。

姿勢をよくする

アラフォーになると背中に脂肪がついてどうしても体が丸みを帯びてきます。もともと猫背の人はそのせいで余計に姿勢が悪い印象になってしまい、年齢を感じさせてしまいます。

椅子に座るときや、歩いているときに意識をして胸を張るようにすると姿勢をきれいに保つことができるでしょう。肩甲骨を開くような体操をすることもおすすめです。

食生活を気にかける

今まで好きなものを好きなだけ食べていても太らなかった人も、アラフォーになって代謝が落ちると下腹部に脂肪がついてしまいがち。

良質なたんぱく質や繊維たっぷりの野菜をたくさん食べることを心掛けるだけでお通じが良くなる可能性があります。

夜遅くなったらカロリーの高い食べ物を避ける、飲み物は糖分が多いものを避けるなどもおすすめです。

言葉遣いや発言に注意する

アラフォーになってからも若者言葉を使ったり、流行りの短縮言葉を使ったりするのは上品とは言えません。

大人の女性はいつ誰に聞かれても恥ずかしくないような言葉を使いたいですね。もちろん陰で誰かの悪口を言ったり、愚痴ばかり言うのもいただけません。

壁に耳あり障子に目あり、いつどこで誰が聞いているかわかりませんよ。

人によって態度を変えない

「この人は好きだから優しくしよう」「あの人はムカつくから手伝うのをやめよう」なんて人によって態度を変えるのはNG。

誰に対しても、どんな人に対しても平等に接することが大切です。アラフォー女性はいろんなところで重要な立場を任されることも多くなってきます。

部下から慕われる尊敬される上司になるためにも好き嫌いや感情で物事を考えないようにすることが大切ですね。

ポジティブな考え方

どうしても嫌なことが続くと「もしもっと悪くなったらどうしよう」「あの人のせいで自分が面倒を引き受けることになった」などネガティブな考えになりがち。

ネガティブな考えは表情にも表れてしまいます。いつでも「これでよくなるはず」「あの人のおかげで新しい経験ができた」などポジティブに物事をとらえると表情も明るくなって頼りがいのある人に見えるでしょう。

おばさんと上品なアラフォー女性の違いとは?

おばさんと上品なアラフォー女性の違いとは?

一言でいうとおばさんと上品なアラフォー女性の違いは、「おばさん」は自分をあきらめている向上心がない人、上品なアラフォー女性は自分の可能性をいつまでも信じて向上心がある人です。

思い立ったときがあなたの人生で一番若い日です。できそうなことから少しずつ始めてみませんか。

Written by miichikin

miichikinの他の記事を読む