追いLINEを受け取った男性心理とは?男の本音を紹介

男性からLINE(ライン)の返信が来ないのに、待ちきれなくてこちらから連続メッセージを送ってしまう「追いLINE」をしたことはありませんか?

恋人同士はもちろん、交際前の男性との距離感を掴むのは難しいですよね。うっかり送った「追いLINE」が原因で二人の仲がこじれてしまうことも……。

そこで今回は、19~28歳独身男性に「連続メッセージを受け取ったときの男性心理」についてリサーチしてみました!

「追いLINE」が送られてきた時の男性心理とは

「追いLINE・NG派」の意見

「追いLINE・NG派」の意見

「仕事が忙しすぎてスマホを見る暇がないときがある。そんなとき、女性からの追いLINEを見ると最高にウンザリする。彼女だとしたら、『この子とは絶対に結婚できないな』って確信するね。だって一緒に暮らしてるのに『今日は帰り何時?』『夕飯いるの?』『誰と一緒なの?』なんて行動を把握されたら鬱陶しいから」(26歳/男性/商社)

「毎日会っている仲なのに、どうしてLINEでも頻繁に繋がらないといけないのか理解できない。そんなに話したいことがあるなら、直接会ったときに言ってよ!」(19歳/男性/学生)

「LINE=必要最低限の連絡手段。緊急性のあるメッセージだったらすぐ返信するけど、ぶっちゃけそんな連絡ほとんどないでしょ! 3行以上のダラダラLINEは本当に勘弁してほしい」(23歳/男性/IT)

「交際前の女性から送られてくる追いLINEはケースバイケースかな。好意を持たれるのは悪いことじゃないけど、タイプじゃない女性からのしつこいアプローチは迷惑だと思うこともある」(28歳/男性/建設)

今回のアンケートでもっとも多かったのが、追いLINEは「鬱陶しい」「イライラする」「迷惑だと思う」といったネガティブな意見。何とかして繋がろうと必死なLINEが送られてくると、ウンザリする傾向があるようですね。

特に「追いLINE」に対して厳しい意見を持っていたのが精神的に自立した男性。パートナーにも「自立」を求めるため、「常に繋がっていたい」と思う依存心の強い女性とはそりが合わないかもしれません。

気になる男性のタイプをしっかり見極めてからアプローチしないと痛い目に遭うかもしれません。残念ながら連絡が途絶えてしまったときは、ぐっと我慢して待つ努力も忘れずに!

「追いLINE・OK派」の意見

「追いLINE・OK派」の意見

「うっかりLINEを見逃していて彼女から追いLINEが来たときは本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。『不安にさせてごめんね』『余計な心配させてごめんね』って気分」(28歳/男性/福祉)

「思いがけない女性から追いLINEが来たときは心の中でガッツポーズした。ぶっちゃけ諦めかけていた相手だったから。恋愛に関してかなり鈍感だから脈ありとかよく分からなくて。だから積極的にアプローチしてくれる女性からの追いLINEはいい判断基準になる(笑)」(20歳/男性/学生)

「好意があろうとなかろうと、女性からの追いLINEは基本的に嬉しいかな。まぁあまりにもそっけない内容だとガッカリするけど、追いLINEしてくれた女性の気持ちに応えたいときは即返信する。申し訳ないけど、『ごめんなさい』のときはしばらく未読・既読スルーしてしまうことも……」(24歳/男性/公務員)

「忙しいから後で返信しようと思ったのに、うっかり忘れていることが結構ある。だから追いLINEしてくれると助かるかな。あとはリアクションしにくい内容が送られてきたときの追いLINEね。心の底から『助け舟きたー!』って思う(笑)」(21歳/男性/販売)

追いLINEに批判的な男性がいる一方で、「嬉しい」「助かる」「返信を忘れていて申し訳ない」など、前向きな意見があるのも事実! 女性経験の少ない男性は、追いLINEが恋愛の手助けになることもあるようですね。

たとえば、たまたま体調を崩して寝込んでいたとき「大丈夫? 返信ないから心配でLINEしちゃった」と追いLINEが来て胸がキュンとした男性や、一人で何でもできちゃうツンとした女性から「返信来なくて寂しい~」と追いLINEが来た瞬間、恋に落ちた男性も……!

男性に追いLINEしようか迷ったときは、「返信ちょうだい」「どうして連絡くれないの?」なんて強気に出たら絶対にダメ。女性らしく意外な一面をチラッと見せて甘えるのが「ウザい」と思わせないポイントです。

追いLINEに批判的な男性も「これなら許せる」と思わず返信してしまうはずですよ。

まとめ

恋に夢中になると、つい周りが見えなくなって追いLINEしてしまいがち。でもストレートに感情をぶつけるLINEは逆効果! まずは深呼吸をして気持ちを整理しましょう。きっとあなたらしいアプローチが見つかるはずですよ。

【取材協力】
※ 19~28歳独身男性

Written by mook

mookの他の記事を読む