やりすぎはNG…男性が萎える「恋の駆け引き」10選

好きな男性を落とすために恋の駆け引きをする女性って多いですよね。でも実はそれ、男性からするとNGも多いってこと、知っていますか?

「こんな恋の駆け引きに萎えた……」という実際の男性の意見とともに、NG駆け引きについて詳しくご紹介したいと思います。

ヤキモチをやかせようとする

ヤキモチをやかせようとする

「僕がいるってわかってるのにあえて他の男と楽しそうに会話しているのを見て、誰にでもそうなんだなって気持ちが萎えました」(19歳/学生/男性)

好きな人にヤキモチをやかれると愛されていると感じる女性は多いもの。でもわざと他の男性の話をしたり、他の男性と仲良くしたりして彼の反応をうかがうのはNGなようです。

誰にでも同じような対応をしていると勘違いされると尻軽女のレッテルを貼られてしまう可能性もあります。

べったり甘える

「一人では何もできない…… が口癖の彼女。どこに行くにも誰に会うのもついてきて面倒くさいなって感じた」(23歳/会社員/男性)

大好きな人といつでもどこでも一緒にいたいという女性もいると思います。でも一人では何もできないくらいまで頼られてしまうと、その甘えはかわいいを通り越してウザイになってしまうかも。

頼られるのは嬉しいけど、彼女にも自立してほしいというのが男性の本音のようです。恋人とラブラブな時期でも一人の時間を楽しめるといいですね。

とことん尽くす

「部屋の掃除から、外出の支度まで手取り足取りしてくれる彼女。助かるけどだんだんとウザく感じるようになってしまった」(33歳/会社員/男性)

良かれと思ってやっていたのに、尽くしすぎてお母さんのように思われてしまうのは悲しいですね。世話を焼きながら口出しもするようになるとよりウザがられてしまうようです。

「こんな時間まで何してたの?」「休みの日に何時まで寝てるの?」なんて小言を言われると確かに萎えてしまうかも。

LINEの未読スルーや既読スルー

「LINE(ライン)で楽しくやり取りしていたのに、急に未読スルーや既読スルーされることがあって…… 駆け引きなんだなって感じてしまうと途端に気持ちが萎えてしまった」(28歳/公務員/男性)

恋の駆け引きの鉄板ともいえるLINEの未読スルーや既読スルーも、男性に気づかれるほどあからさますぎるのはNGのよう。

駆け引きされているなと思うと、もてあそばれているようで気持ちが冷めてしまうというのはわかる気がします。男性はどちらかというとわかりやすい好意のほうが嬉しくなるのかもしれません。

やりすぎボディタッチ

やりすぎボディタッチ

「やたらとベタベタ触ってくる人は、付き合っても浮気しそうな感じがして彼女にはしたくないなって思う」(21歳/学生/男性)

ボディタッチを喜ぶ男性が多いのは事実ですが、本気で付き合う相手ではなくワンナイトの相手としてということなのでしょう。

本命男性にアプローチしたいなら、過剰なボディタッチはやめておいたほうが無難なようです。

清純アピール

「そんなことしたことないーー。知らないーー。なんて、清純ぶってる女の子を見ると、若い子ならいいけどいい年をした大人だとちょっと引きます」(33歳/会社員/男性)

若いうちは何も知らないことだらけなことがカワイイと受け入れてもらえるかもしれませんが、大人の女性が同じようなことをしても「そんなわけないだろ」と突っ込みが入るかもしれません。

世間知らずがかわいいのは10代まで。見た目が清楚で実は中身は大胆などのギャップのほうが男心をくすぐるでしょう。

急に冷たくする

「いつもニコニコして話しかけてくれたのに、ある日突然目も合わさないくらいツンツンされてしまって萎えたことがあります」(40歳/会社経営/男性)

ツンデレ女性は男性の恋心をくすぐるといわれますが、急に冷たくしすぎるのも考えもの。男性は女性が考えるよりも繊細な生き物です。

いい感じだった女性に急に冷たくされると好きな気持ちがしぼんでしまうのも当然。駆け引きをするならデレもツンも加減が大事です。

周りを固めてくる

「明らかに俺のことが好きな子が、俺の友達を使ってアピールしてきたときはすごくがっかりしました。好きな気持ちは自分で直接言ってくれたほうが好感が持てます」(39歳/会社員/男性)

女性は好きな男性ができると、友達や知り合いなどのツテを頼っていろいろと彼のことを調べたり探ったりしますよね。

でもそれが相手男性に知られてしまうと男性としては萎えることもあるようです。男性は変に小細工をする女性よりも、正々堂々と好きな気持ちを伝えてくれる女性に好感を抱きます。

好みに寄せてくる

好みに寄せてくる

「好きな女性芸能人を聞かれたので答えたら、ロングヘアが似合っていた子がバッサリとその芸能人と同じショートカットにしてきた。ロングのほうが似合っていたし、申し訳ない気持ちになって冷めました」(35歳/自営業/男性)

好きな男性にかわいいと思ってもらいたくて、男性が好きな芸能人と同じヘアスタイルにするあるある。

たとえどちらの髪形も似合っていたとしても、あまり寄せてくると自分のポリシーはないのかな…… なんて思われてしまうこともあるかも。

わざとらしいギャップの演出

「本当は姉御肌なのに、ぶりっ子っぽいしぐさや表情をしているときにドン引きしたことがあります。好きな気持ちも当然萎えてしまって二人で何度かデートしたのですが会うのをやめました」(27歳/会社員/男性)

ギャップに萌える男性は多いといいますが、あまりにわざとらしいのはやはりNG。自分のキャラクターを無理やり変えるよりも、素のままの自分をさらけ出してくれたほうが効果的なアピールになるのかもしれません。

Written by miichikin

miichikinの他の記事を読む