それ、逆効果かも…女性が冷めるアプローチ4つ

「自分の気持ちに気付いてほしい」「好きな気持ちを抑えられない」と好きな相手には積極的にアプローチするという方も多いのではないでしょうか。しかし、そんな良かれと思ってやっている行動が、もしかしたら女性の気持ちを冷めさせてしまう要因になっているかもしれません!

この記事では、女性が冷めてしまうアプローチについてご紹介します。アプローチをすればするほど相手との間に距離ができている気がする…… なんて感じたことのある方は要注意! ぜひ最後までチェックしてくださいね。

気持ちが一気に冷めてしまうアプローチとは?

見極めが大事!? 「モテそう」と言ってくる男性の心理とは

好きな相手にはアプローチをしなければ何も始まらないとはいえ、間違ったアプローチ方法では女性の気持ちは冷める一方なので要注意! ここでは、女性が冷めてしまう男性からのアプローチについてご紹介します。

馴れ馴れしい、ボディタッチが多い

好きな女性相手には仲良くなりたい一心からぐいぐいアピールしてしまうと言う方も多いのではないでしょうか。しかし、そこまで親しくないはずなのに、馴れ馴れしい態度だったり、やたらボディタッチをしたりしていると女性から「何この人?」と思われている可能性があるので要注意です。

いくら好きだからといって、相手との心の距離を見誤ってはいけません。逆の立場で考えてみてください!

付き合ってもいない相手からからいきなり体を触られたり、あなたのことは何でも知っているとばかりに馴れ馴れしい態度を取られたりしたら嫌な気持ちになると思いませんか?

いくら好意を持っていたとしても、しつこすぎるアプローチは女性の気持ちを冷めさせてしまう危険性が高いです。アプローチする際は、適切な距離感を心掛けることが大切です。

友人を通してデートのお誘いをする

好きな女性をデートにお誘いするのは緊張しますよね。「断られたらどうしよう」「恥ずかしい」と考えてしまうのもわかります!

しかし、だからといって共通の友人を通してデートに誘うのは論外です。
女性にしてみれば、「からかわれているのかな?」と考えてしまうのも無理はありません。

逆の立場ならあなたもきっとそう思うはずです。「あの子があなたとデートしたいんだって!」と彼女の友人から言われたとしても「だから?」と思ってしまいませんか?

どんなに自信がなくても、デートに誘うなら自分できちんと伝えることが大切です!

話が上から目線

女性は相手の態度に凄く敏感です。少しでも上から目線の態度を取られると、それだけで気持ちが冷めてしまうので要注意です。とはいえ、上から目線で話しているかなんてなかなか自分では気づけないものですよね。

そこでこんなチェック項目を用意しました! 下記に当てはまる方は、気付かないうちに上から目線で話している可能性大なので気を付けましょう。

・自分の話をよくする
・他人の話を否定しがち
・アドバイスするのが好き

自分のことを知ってほしいと話している内容が実は自慢話になっていませんか? 相手のためと思ってしているアドバイスが実はマウントになっている可能性も……!

なかなか相手との距離が縮まらないと言う方は、一度自分の態度を振り返ってみると良いかもしれません。

告白の言葉が微妙

いくつになっても、付き合う前にははっきり気持ちを伝えて欲しいと考えている方は多いです。男性だって、女性から「好き」と言われたら嬉しいのではないでしょうか。

けれども、年齢を重ねるにつれ、どうしても自分の気持ちをはっきり伝えることに恥ずかしさを感じる方も少なくありません。また、「断られたら……」との不安から、つい冗談のように好意を伝える方もいるでしょう。

しかし、話の流れでなんとなく「付き合っちゃう?」なんて言われたところで素直に嬉しいとは思えませんよね。むしろ「それって誰でもいいってこと?」なんて相手から反感を買う可能性もあるので要注意です。
いくつになってもドラマのようなロマンチックな展開に憧れを持っている女性は多いです。

そのため、「これは告白されているの?」と悩んでしまうような微妙な告白には、女々しさを感じて冷めてしまいやすいです。

好きな相手とお付き合いをしたいと考えるなら、男らしくはっきり気持ちを伝えることが大切です。フラれた時のために予防線を張っているようでは、女性の気持ちは離れる一方ですよ!

おわりに

告白の言葉が微妙

ここまで、女性が冷めてしまう男性からのアプローチについて紹介してきました。相手のことが好きだからこそアプローチしているのに、まさかそれが原因で冷められてしまっては元も子もありませんよね。

なかなか好きな相手との距離が縮まらない、いつもいいところまではいくのにお付き合いに至らないなど、恋愛が上手くいかないと悩んでいる方は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてください!

当てはまる項目があった方は要注意です! それが上手くいかない原因かもしれませんので、改善できるよう意識してみましょう!

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む