男性が思う「いい女」の5つの条件!見た目より中身が大事だった!?

「いい女になりたい」「彼にいい女だと言われたい」そう思っている女性はきっと多いはず!

いい女と言われる女性は、同性からしても魅力的な存在です。そこで今回は、男性が思う「いい女」の条件を5つご紹介します。

男性が思う「いい女」の5つの条件

自分軸がありブレない

自分軸がありブレない

いい女は、周りの意見に左右されたり、自分の気持ちを誤魔化したりしません。どんなときも飾らず自然体で、自分ならではの価値観を持っているため、誰に対してもしっかり自己主張できます。

協調性は大切です。しかし他人に合わせてばかりでは「流されやすい」「自分がない」と思われてしまうことも。

自分を大切にし、揺るがない価値観や生き方を持っている人こそいい女といえるでしょう。

精神的に自立している

いい女の多くは、精神的に自立しています。彼氏ができても恋愛にどっぷりハマることなく、自分の時間も楽しめるのです。

また、彼氏ができないからといって焦ったり、劣等感を抱いたりすることもありません。

いい女のモットーは「自分を大切にすること」。だからこそ、彼氏がいてもいなくても、自分の人生を謳歌できるのです。

悪口や陰口を言わない

男性が思ういい女の条件として、悪口や陰口を言わないことも挙げられます。

表面上では仲良くしているものの、裏では悪口三昧……なんてことは女性によくあるパターン。

しかし、男性は女性の陰湿さや腹黒さが苦手です。悪口や陰口ばかり言う女性は「性格が悪い」と思われ、いい女からは遠ざかってしまいます。

一方、いい女は悪口や陰口とは無縁です。ネガティブな発言をしないため、親しみやすい印象を与えます。

聞き上手で包容力がある

聞き上手で包容力がある

聞き上手で包容力がある女性を「いい女」だと思う男性は多いです。

女性はお喋り好きな生き物。しかし、相手の話を遮ったり、自分の話ばかりする女性は男性にあまりいい印象を与えません。むしろ「話していると疲れる……」なんて思われてしまうことも。

いい女は、話すことよりも聞くことを徹底しています。また、相手の話を深掘りし、会話を盛り上げることも得意です。

そんな姿勢に安心感を抱いたり、癒されたりする男性は多いですよ。

いつも笑顔でプラス思考

いい女はマイナスな感情を表に出しません。たとえ辛いことがあっても前向きに考え、切り替えられる強さがあります。

それに加え、自分一人ではどうしようもないときは周りに頼れる甘え上手な一面も。

『自分で考えて行動すること』と『頼ること』のバランスのよさがいい女の特徴といえるでしょう。

いい女になる3つの方法

ネガティブな発言をしない

たとえば「だるい」「面倒くさい」「やりたくない」など。このような発言をしないだけでいい女度はアップします。もちろん悪口や陰口などもってのほか!

いい女は、日頃からポジティブな発言を心がけています。なるべく前向きな言葉を発することを意識しましょう。そうすれば、いい女と思われるだけでなく、素敵なご縁を引き寄せられるはずですよ。

自己肯定感を高める

自己肯定感を高める

いい女になるためには、自己肯定感を高めることも必須です。

自分で自分を褒めたり認めたりできる人は、うまく感情をコントロールできる傾向があります。

喜怒哀楽は誰にでもありますが、マイナスな感情を表に出しすぎるのはNG。自分で自分の機嫌を取れる人こそ、いい女といえるでしょう。

どんなに些細なことでも「頑張った」「偉い」と自分を肯定し、自信をつけましょう。

じっくり相手の話を聞く

いい女は聞き上手。自分の話をするよりも、相手の話に耳を傾けることを心がけてみてください。

そうすることで、男性に安心感を与えられるはずです。「もっと話したい」と思われる女性でいたいですね。

自分の魅力を高めていい女を目指そう!

今回は、男性が思う「いい女」の条件を5つご紹介しました。

いい女にはたくさんの魅力があります。そして、そんないい女には誰だってなれるもの。普段の言動や意識を変えるだけで、今日からいい女の仲間入りです。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む