一生モテない男に共通する特徴と非モテを卒業する方法4つ

いつの時代でも、常にモテる男性と一生モテない男性っていますよね? しかし、モテないと自覚はあっても、どうしたら良いのか分からないという人も多いでしょう。今回は、一生モテない男の特徴をピックアップし、モテない理由から非モテを卒業するための方法をご紹介します。なかなか女性にモテないと悩んでいるあなたは、ぜひ参考にしてくださいね。

一生モテない男の5つの特徴について

一生モテない男の5つの特徴について

それでは、一生モテない男の特徴を見て行きましょう。自分自身と照らし合わせて、当てはまっている部分がないかをチェックしてみてください。

1.清潔感がない

やはり清潔感がない男性は、女性からモテないと言えます。例えば、無精ひげや肌が乾燥して粉を吹いてしまっているなどは、女性から一番敬遠されやすい特徴です。また、いつもシワシワの洋服ばかり着ていたり、靴に汚れが付いたままだったりするのでは、清潔なイメージからは程遠くなります。

2.外見を磨く努力をしていない

一生モテない男性は、自分自身の外見に無頓着な人が多いと言われています。たるんでしまった体型をそのまま放置していたり、全然ファッションを気にしなかったりすることなどが当てはまります。しかし、男性のひたむきな努力は、意外と女性は見ているものです。

3.ネガティブすぎる

モテる男性は、たいていポジティブな雰囲気がありますよね。一緒にいて明るい気持ちになれたり、楽しい時間を過ごせたりする人とは、女性は安心するものです。逆に、常にネガティブ発言が多かったり、自分に自信がない言動が多かったりする男性は、一生モテないタイプだと言えるでしょう。

4.優柔不断でマザコン

これも一生モテない男性の特徴として、当てはまる確率が高い項目のひとつです。例えば、女性とデートをしても行先や食事のメニューがなかなか決められない男性は、女性にとって頼りがいがなく、不安になります。また、何でも母親最優先という男性も、女性からは敬遠されてしまいます。

5.自己中心的な態度

デートをしても自分中心のスケジュールで動くような男性は、一生モテない男性の特徴に当てはまります。女性にモテる男性は、常に女性をエスコートする気持ちを忘れません。そのため、このような自己中心的な態度の男性には、女性が近づいて来なくなるでしょう。

非モテを卒業するための方法とは?

非モテを卒業するための方法とは?

では、非モテを卒業したい男性は、どうしたら良いのでしょうか? 少し意識を変えるだけで、モテる男性に近づくことのできる方法をお伝えします。

清潔感を心がける

清潔感は、男女ともに相手に与える印象として非常に重要な部分です。特に初対面の場合は、身だしなみには十分気を遣うようにすると非モテを卒業出来るでしょう。

コミュニケーション力を磨く

一生モテない男性を卒業するためには、女性とのコミュニケーションがスムーズであることが重要です。女性が会話をしていて楽しいと思えるような、コミュニケーション力を磨きましょう。

共感力を身につけて優しい態度

女性は共感してもらえると、相手に好感を持つ場合が多いと言われています。乱暴な態度は改め、女性の話に心と耳を傾けながらしっかりと聴くようにしましょう。

ポジティブ思考で発言する

いつもネガティブな発言ばかりの人よりは、一緒にいて明るい気持ちになれる男性の方が女性には好まれます。そのため、自分に自信を持って出来るだけポジティブな発言をするように心がけると、一生モテない男性を卒業することが出来ますよ。

気を遣い過ぎても一生モテない男になってしまう?

気を遣い過ぎても一生モテない男になってしまう?

ここまで、一生モテない男の特徴と非モテを卒業するための方法をお話ししてきました。男性の中には「女性を最優先に考え、気を遣いさえすればモテるのでは?」と思った人もいるのではないでしょうか?

しかし、答えはNOです。女性が好感を持つ男性というのは、女性をエスコートしながらも対等な関係性を築ける人だと言えます。つまり、ダメなものはきちんと指摘できる男性こそ、モテるようになるのです。

一生モテない男性は、自分に自信がない場合が多く、つい女性を上に見てしまうケースもあると思います。ただし、女性にとって頼りがいを感じられる男性になることが重要だと言うことを覚えておきましょう。

女性に好かれるポイントを押さえて一生モテない男を卒業しよう!

女性に好かれるポイントを押さえて一生モテない男を卒業しよう!

女性にモテる男性とは、女性が一緒にいて楽しい・明るい気持ちになれる人のことを指します。このような観点で見てみると、おのずと非モテを卒業できるポイントが分かってくるはずですよ!

Written by misudu

misuduの他の記事を読む