「いい人なんだけどね…」真面目な男がモテない本当の理由7つ

女性に「理想のタイプは?」と聞くと、高確率で「誠実で真面目な男性」という答えが返ってきます。それなのに本当に真面目な男はモテない……。いったいこの矛盾はなぜなのでしょうか。今回は真面目な男がなぜモテないのかその理由に迫っていきたいと思います。

女性に慣れていない

女性に慣れていない

真面目な男性は、今まであまり女性と接する機会がなかったという人が多いと思います。男兄弟ばかりの中で育ったり、中学高校と男子校に通っていたなどまわりに男性ばかりの環境で過ごしていたりしてきませんでしたか?

身近な女性といえば母親だけなどという男性は、女性とどんなふうに接したらいいかという基本的なことがわからないことが多いです。

そのため女性を前にすると緊張してしまい、冗談を言ったりからかったりすることができなくなってしまうのです。女性が話したいと思って近づいても苦手意識から避けてしまうことさえあるのではないでしょうか。

積極性が少ない

女性と何を話したらいいかわからないために、自分から女性に声をかけることが少ない男性も多いようです。

女性を前にすると緊張して汗が吹き出してしまい、しどろもどろ…なんていう真面目な男性は、女性からすると「かわいい」と思うこともあるのですが、本人の頭の中はてんやわんや。

そんな思いをするくらいならいっそのこと話をしなくてもいいやとあきらめてしまう男性も多いのではないでしょうか。

女性は男性から積極的に迫られることに喜びを感じる生き物です。「話しかけてこないということは、私には興味がないのね」と思っている女性って意外と多いのです。

エスコートが苦手

さりげなくスマートにエスコートしてくれる男性にときめく女性は多いもの。でも真面目な男性は「女性に失礼になるようなことはしたくない」という考えばかりが頭を支配して、よそよそしい感じになってしまいます。

せっかくドアを開けてくれたのにガチガチに緊張して笑顔がなかったり、傘をさしてくれたのに距離が遠すぎたりすると、女性は「紳士的だけど私のことは苦手みたい」なんて感じてしまいます。

せっかく勇気を出してエスコートをしても、ぶっきらぼうな印象を与えてしまうのです。

口下手

女性はお世辞でも「かわいいね」「きれいだね」「似合ってるね」などと褒められると嬉しくなるものです。お世辞だとわかっていてもつい笑顔が漏れてしまいます。

女性は外出するときにおしゃれをしたりメイクをしたりして手間や時間が男性よりもかかります。そのためその努力を認めてもらえると嬉しくなり、今までなんとも思っていなかった相手でも意識するようになるきっかけになります。

「日本男児は軽々しく女性を褒める言葉を口にするもんじゃない」なんて時代錯誤なことを考えていないで、気軽な気持ちで女性を褒めると一歩前進できると思います。

一途すぎる

一人の人を好きになると、とことんその女性に尽くしていませんか? もちろん一途なことは悪いことではありませんが、「この人私のこと大好きなんだ」と思うと女性は安心して刺激がないと感じてしまうことがあります。

結婚したり、付き合ったりするうえで誠実に一人の人を愛することは大切なのですがときに愛が重すぎるということが生じます。

友達との約束を断って彼女と会ったり、バイトの予定を取りやめて彼女を優先したりするとなんでも言いなりになる人となってしまい短期間で飽きられてしまうことになりかねません。男のくせにブレブレだななんて思われてしまうこともあるかも。

オシャレじゃない

真面目な男性というのは第一印象ですぐにわかります。言葉を交わさなくても着るものや雰囲気でなんとなく「つまらなそう」と感じてしまうのです。

女性は外出する前に時間とお金をかけて自分をよく見せる努力をしています。そのため隣を歩く男性と釣り合うかどうかということもとても気にしています。

ファッションに興味がない人にいきなり「おしゃれになれ」と言われても無理かもしれませんが、雑誌を読んだりインスタグラムをみたりしてどんなファッションが流行っているのか調べてみてください。

いきなり奇抜なアイテムを取り入れてしまうのではなく、自分でもできそうなちょっとしたオシャレをしてみるのがおすすめです。

話が面白くない

真面目な男性は今まであまり冒険をしてこなかった人が多いと思います。親の言うとおりに敷かれたレールに沿って順調に歩んできたということも少なくないでしょう。

話をしていて面白い人は、今までいろいろな体験をしてきた人です。様々な体験を通して自分の意見や感想をたくさん持っていて、流行にも敏感です。女性は自分が知らない話をしてくれる男性に惹かれることが多いです。

新しい世界を知ることができるので、もっとたくさん話を聞きたいと思うのです。真面目な男性は自分の得意分野については深い知識を持っていることが多いのですが、女性が興味のある分野であることが少ないのです。

おわりに

おわりに

いかがでしたでしょうか。真面目な男性がなぜモテないのか、女性から見てあまり魅力的ではないと感じるところをご紹介しました。

7つのポイントを聞いて「自分はこうやって生きてきたのだから仕方ない」とあきらめるか、「克服するために努力しよう」と思うかでこれからの未来が変わってくるように思います。

もちろん真面目な男性がいいという女性の意見は嘘ではありません。本音を言うと「根は真面目」な人が理想なのです。

この記事を読んだ男性には、「真面目でいい人なんだけどね……」というような前置きになるモブポジションではなく、ぜひ「真面目だけど面白いところもあるんだよ」と言われるようになっていただけたらなと思います。

Written by miichikin

miichikinの他の記事を読む