デートで無言になる男性の心理と理由5つ|気をつけたいことは?

デートで男性が無言になると、女性は不安を感じてしまうことがあります。しかし、男性がデート中に無言になるにはいろいろな心理と理由があるため、どのようなときに無言となるのか知っておきましょう。また、男性が無言にならないための注意点も把握しておきましょう。

デートしていて無言になるのはつまらないから?

デートしていて無言になるのはつまらないから?

デートで男性が無言になる場面が多いと、女性は不安を感じてしまいます。しかし、男性が無言になるのは、女性のことが好きではないから、デートがつまらないからなどの悪い意味があるとは限りません。

そのため、無言になるから脈なしと勘違いしてしまうことのないように、デートで無言になる男性の心理や理由を知っておきましょう。

デートで無言になる男性の心理と理由5つ

デートで無言になる男性の心理と理由5つ

デートで男性が無言になることにはいろいろな心理や理由があります。もし、これらを知っておかないと、男性に対して脈なしと間違って判断して、不必要な不安を感じてしまう場合があります。

そのようなことを避けるためにも、デートで無言になる男性の心理と理由にはどのような物があるのか把握しておきましょう。

1:変な話をして嫌われたくなかったから

女性と接することに慣れていない男性は、変なことを言って女性に嫌われてしまうことを考えてしまい、不安に感じてしまうことがあります。このようなタイプは女性に嫌われないように言葉を慎重に選ぶので口数が減ってしまいます。

また、話題が見つからず、変な話題を出して嫌われないように無言を選択してしまうこともあるでしょう。

2:何を話したら良いのか分からなかったから

まだお互いのことが理解できていない場合、女性の趣味や好み、普段の生活スタイルなどが分からず、何を話題にすれば良いのか悩んでしまう男性もいます。

また、話題に悩む男性は、女性の興味のない話題や、触れてほしくない話題などを出して印象を悪くしてしまう可能性に不安を感じることもあるでしょう。

場合によっては、言葉を選びすぎて何を話せば良いのか分からなくなり、下手なことを言ってしまうくらいであれば何も話さないという選択をすることもあるでしょう。

3:話すテンポがずれて沈黙となった

会話はお互いの話すテンポが良ければスムーズに流れて行きます。そのテンポがずれてしまうと、会話の流れが悪くなって途切れてしまうこともあります。会話が途切れたことで、気まずさを感じる、次の話題に困るなどして、お互いに無言状態となってしまうでしょう。

また、何度も会話でテンポがずれてしまうと、会話の相性の悪さに男性の機嫌が悪くなり、話すことをやめてしまう場合もあります。

4:緊張して上手く話せなかっただけ

女性と接することに慣れていない男性や、人見知りをする男性などであれば、単純に緊張して上手く話すことができずに無言となってしまうことがあります。

また、必死に話そうとしますが、緊張から滑舌が悪くなる、声が小さくなるなどして、女性が男性の言葉を聞き取りにくくなって、会話がスムーズにできなくて途切れる場合もあります。

このようなタイプの男性には、無理に話すようにプレッシャーを与えてしまうと逆効果となるので、慣れるまで待ってあげる必要があるでしょう。

5:喋らなくても一緒にいるだけで満たされていたから

好きな人であれば会話をしなくても、一緒にいるだけで満たされるという人もいます。また、人によっては、気を遣って会話をするよりも無言の方が居心地良く感じる場合もあるでしょう。

このようなタイプは、会話を必要とせず、無言になっても気にならないので、あえて黙るという人もいます。もし、無理に話してもらおうとしてしまうと、居心地の良さを感じてもらえなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

デート中に無言とならない方法4つ

デート中に無言とならない方法4つ

男性がデートで無言になったとしても、必ずしも悪い意味があるとは限りません。しかし、男性が無言となり、沈黙の時間が続くことに不安や気まずさを感じる女性もいます。

そのため、デート中の無言を避けたいのであれば、事前に無言に備えて、話題を準備しておくと良いでしょう。

1:悩み相談をしてみる

デート中に会話に困ったのであれば、男性に悩みを相談してみても良いでしょう。男性は女性から良い印象を得ようとして、無言をやめて、いろいろなアドバイスをしてくれるようになるでしょう。

また、悩みのような弱みを男性に見せることで、信頼しているということもアピールすることができます。

2:次のデートでどこへ行くか決める

デート中に会話に困れば、次のデートの約束をしてしまいましょう。次のデートの約束をすれば、次はどこで、何をするのか、話題を作ることができます。

また、ネットで行き先を調べれば、調べることに夢中になっているふりをして、少しの間は無言になっても不自然ではない状況を作ることもできます。調べ物をしているうちに、次の話題を考えておきましょう。

3:相手が好きなことを質問する

男性が無言になるのは、話題に困っている可能性があります。そのため、男性の好きなことについて質問してあげましょう。

女性側から男性の好きなことを質問してあげることで、男性は好きなことを話題にしても良いと判断することができます。また、好きなことであれば多くのことを話すことができるので、男性は会話が続けやすくなります。

4:相手が身につけている物を褒めるなどして会話を広げる

話題に困ったら、目の前にある物を話題にしても良いでしょう。そのため、男性が身につけている服やアクセサリー、小物などを褒めて、どこで買ったのか、どこのブランド物かなどを質問しましょう。また、買った場所やブランドなどを足掛かりに会話を広げることもできます。

もし、ファッションで会話を広げることが難しいと感じた場合には、風景やお店の装飾など、目に入る物を話題に挙げると良いでしょう。

デートしていて無言にならないよう気をつけたいことは?

デートしていて無言にならないよう気をつけたいことは?

デート中の無言を避けたい場合には、無言にならないように会話の内容や流れなどにも注意する必要があります。

場合によっては、男性が無言となってしまう原因を自分が作ってしまっていることもあります。そのようなことを避けるためにも、それらの注意点を把握しておきましょう。

会話のマンネリ化を防ごう

頻繁に会っていれば、話すことがなくなってしまう場合もあるでしょう。そのため、毎回のデートで似たような話ばかりしてしまうという女性もいます。そのような場合は会話がマンネリ化してしまい、男性から会話がつまらないと思われてしまう可能性があります。

会話のマンネリ化を防ぐためにも、普段から話題を探してストックしておくようにしましょう。どうしてもネタがない場合には時事ネタを事前に準備しておくと良いでしょう。

会話のキャッチボールができるようにしよう

女性が男性と話すときにやってしまいがちなミスとして、自分が話しすぎてしまうということがあります。女性が一方的に話しすぎると、男性は言葉を挟む隙がなくなってしまうでしょう。そのため、女性の話を聞くだけとなって、無言になってしまいます。

そのようなことを避けるためにも、話しすぎに注意して、ときには男性に質問するなどして、話す機会を与えてあげるようにしましょう。会話のキャッチボールがスムーズになれば、男性が無言になることを防ぐことができます。

デートしていて無言になったときは相手の気持ちを確かめてみよう

デートをしていて、男性が無言になってしまうと不安を感じてしまうことがあります。しかし、男性が無言になる心理や理由はいろいろとあり、それは必ずしも悪い意味とは限りません。

そのため、男性が無言になった場合には、まずどのような理由で無言となったのか把握できるようにしておきましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む