たったこれだけ!ネガティブ思考を改善する方法とは

ネガティブ思考を改善したいと思っていても、なかなかネガティブの渦から抜け出せない人はいませんか? 実は物事の捉え方や見方を少し変えるだけで、自分を変えることができちゃうんですよ。 今回は、ネガティブ思考を改善する方法やポジティブ思考の人との違いなどを紹介していきます。

ネガティブ思考を改善する方法

「私ならできる」と思ってみよう

「私ならできる」と思ってみよう

ネガティブ思考の人は、まだ起こっていないことを想像し不安に陥るのがクセになっていませんか? 改善方法は、不安なことをあれこれ想像する代わりに「私ならできる」、「必ずいい結果に繋がる」と思ってみましょう。

不安になるたびに「私ならできる」と思うことで、マイナスな感情がプラスに変わっていきます。また、自分の未来と力を信じてあげることで心が元気になるので、色んなことに明るい気持ちで取り組めるようになります。

少しのことでも自分を褒めてあげる

毎日、自分のことを褒めてあげていますか? 自分のことを自分で褒めてあげるだけで、不思議とポジティブな考え方ができるようになるんです。例えば、「忙しいのに朝ごはん作れた私って偉いな」とか、どんな小さなことでもOKです。

普段自分の事を責めてしまう人は、「よくここまで頑張れたね」などと自分を労わってあげる言葉をかけてあげましょう。褒めてあげることで、「でも」、「だって」と不安になるようなことを考える時間が減っていきます。

過去の出来事を引っ張り出さない

過去に失敗したことや嫌だったことを思い出して、「過去〇〇だったから、今回も〇〇な結果になるに違いない」と勝手に未来を決めつけていませんか? ネガティブ思考を改善するには、「過去の出来事をひっぱり出さないこと」です。

ネガティブな未来を想像すると、ネガティブな未来がやってきます。だから、過去を思い出すよりも、「私はこうなりたい」という姿の方を想像してみましょう。

最初は明るい未来を想像できないかもしれませんが、それはただの思考のクセなので心配しないでください。未来を見続けることで、あなたも明るい世界の住人になれますよ。

ポジティブ思考の人との違い

ポジティブな人は失敗を成長と捉える

ポジティブな人は失敗を成長と捉える

ネガティブ思考の人は「失敗したらどうしよう」、「もし〇〇になったらどうしよう」と不安なことを想像してしまうと思います。でも、ポジティブ思考の人は「失敗を成長と捉える」のです。

例えば、「好きな人に告白したいけど、振られたらどうしよう……」と考えているうちに、彼女ができてしまった。こっちの出来事の方が怖くないですか? 

もし、失敗が怖くなったら、「改善してまた頑張ろう」とか「次のチャンスは絶対くる」と信じてください。頑張っている人には、絶好のチャンスがやってきます。

ネガティブ思考の人は、最初から諦めてしまう

ネガティブ思考の人の特徴は「どうせ無理」と考え、最初から諦めてしまいます。ポジティブ思考の人は「とりあえずやってみる」のが特徴です。やってみたいという気持ちがあるのなら、最初から諦めてしまうのはもったいないです。 

ネガティブ思考の人は、自分の限界を決めないでください。怖いかもしれないけど一歩踏み出すことで、次に何をしたらいいのか? が見えてくると思います。

すぐに結果が現れなくても、途中経過を楽しむのも悪くありません。最初から諦めずに、挑戦してみると景色も変わってきますよ。

他人と比べて落ち込むのがネガティブ思考の人の特徴

ネガティブ思考の人は、誰かと比べて「どうして私は……」と自分を責めてしまったり、なんで「あの人ばかり……」と、他人のことが気になって仕方なくなったりします。

ポジティブ思考の人は、他人と自分を比べたりしません。何かあったときには「どうしたら上手くいくのか?」、「どうしたら楽しめるのか?」の方に考えが向いているでしょう。

他人と自分を比べてしまう人は、人より上手くいかないという経験を多くしたり、ライバルが出てきたりしませんか? もう比べることは辞めて、あなた自身のことを「やれる人」、「力のある人」として見てあげてください。自分を責める出来事がなくなってきます。

おわりに

おわりに

ネガティブになることは決して悪いことではありません。だって、自分の心が傷つかないように守っていてあげているだけだから。

でも、「ネガティブ思考を変えたい」、「ネガティブになりすぎて辛い」という方は、今日ご紹介した考え方を取り入れてみてください。あなたの考え方や未来が明るくなるはずです。

頑張りすぎず気持ちを楽にして、取り組んでいきましょうね。

Written by ココロン

ココロンの他の記事を読む