別れたい…彼女を「めんどくさい」と思った瞬間5つ

大好きな彼だからこそついつい重くなってしまったり、ワガママになってしまったりすることはありますよね。しかし、そのたびに彼は「めんどくさい」と思って気持ちが冷めてしまっているかも……。

今回は「彼女に対してめんどくさいと思った瞬間」についてご紹介します。あなたもつい彼に同じ言動をしていないかチェックしてみてください。

彼女に対してめんどくさいと思った瞬間

常に一緒にいようとする時

常に一緒にいようとする時

「常日頃一緒にいようとする女性はめんどくさいと思ったことがあります。一人暮らしをしていた際、学生だったこともあり、半同棲状態にありました。付き合いたての頃は、その状態がうれしかったのですが、日にちが立ち、慣れてくると、自分の時間が欲しくなり、自分の家に、彼女がいるにもかかわらず、友達の家に逃げたこともあります。」(男性/30代/金融関係)

「彼女のことは大好きでも一人の時間がほしい」「いつも一緒はしんどい……」と思う男性は多いようです。長続きするカップルほど自分ひとりの時間を楽しんでいますよね。あまりに一緒にいすぎるとお互い依存するようにもなってしまうので、適度な距離感が大切でしょう。

友達、家族を優先しがちな時

「納得のいかない理由で友達、家族を優先しがちで『それをわかってくれるのが恋人でしょ?』ってスタンスで言われるともっと会話をして理解を深めたいのに言葉足らずでモヤモヤしてしまう。」(男性/30代/看護師)

友達や家族を優先する女性は魅力的ですよね。しかしあまりにも高頻度だったり、納得できない理由で彼氏以外の人たちを優先してばかりだと彼女への気持ちも冷めてしまうでしょう。彼氏側は「自分に気持ちがないのかな」と不安になってしまうので、相手が納得するまできちんと会話をすることが大切でしょう。

束縛が激しい時

束縛が激しい時

「元カノの話ですが、友人と遊びに行ってくると伝えていたのですが、遊んでる間、スマホのチェックをしておらず、ふとスマホを見たらLINEの通知が100件以上たまっていました。『友達の中に女いるの?』『女と遊んでんの?』『友達と遊んでる間でも連絡できるだろ』といったLINEが続いていました。友達との楽しい空気を悪くしたくなかったので、とりあえず無視していたのですが、今度は鬼のように電話がかかってきたため、仕方なく電話に出たら泣きながら怒鳴られました。」(男性/20代/会社員)

「常にLINEをしてほしい」「女性がいる飲み会に行くのはダメ」など束縛が多いと男性は窮屈に感じてしまうようです。束縛しすぎると彼女に対して冷めてしまったり、浮気に繋がりかねません。相手を信じ束縛はなるべくしないようにしましょう。

結婚を促す時

「付き合ってこまめにデートを重ねていくと、結婚を間接的に促してくるような女性は少し苦手です。また、結婚をとばしていきなり『子どもつくろう。』と言われたことがありました。私としてはしんどかったです。」(男性/40代/会社員)

あまりにも結婚を促されると男性にとって負担になったり「重すぎる……」と感じるようです。焦ってあれこれ詰め寄るとかえってマイナスになってしまうので、相手の重荷にならないように、自然体のままでいるほうが案外結婚への近道かもしれません。

自己中心的な時

自己中心的な時

「以前お付き合いしていた女性で、とにかく自己中心的で、自分の考えが通らないと拗ねたり機嫌が悪くなったり。 そして気分屋でとても面倒でした。別れた後も暇さえあれば連絡をしてきて、会いたいとか電話したいとか、とても大変でした。」(男性/40代/会社員)

自己中心的だったりワガママな女性と付き合うと「振り回されている……」と感じ男性にとっても負担になってしまいます。自分の意見ばかり通して「彼を思い通りにしたい」と思っている場合は注意が必要です。

めんどくさい彼女とは破局になりえる…

いくら大好きな彼女でも、あまりにもめんどくさい女性だと男性の気持ちも冷めてしまいます。

相手のことを尊重しない言動は、破局のきっかけに……。「彼からめんどくさいと思われてるかも……」と不安な方は、自分の言動を変えて、彼との関わり方を見直してみましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む