つい嫉妬してしまう…他人の幸せを素直に喜べない原因4つ

友人の結婚や出産、同期の昇進などのニュースを耳にしたとき、素直に喜べなかった経験はありませんか? 中には「私って嫌な人間だな」「性格が悪い」と自己嫌悪に陥ってしまう人もいるはずです。では、なぜ他人の幸せを素直に喜べないのでしょうか。今回は、他人の幸せを素直に喜べない原因や対処法についてご紹介します。

他人の幸せを素直に喜べない4つの原因

自分に自信がない

自分に自信がない

他人の幸せを素直に喜べない原因として、まず自分に自信がないことが挙げられます。自分に自信がない人は、物事をネガティブに捉えがちです。

他人の幸せを目の当たりにすると、

「どうせ私は幸せになんかなれない」

「〇〇ちゃんだから幸せになれたんだ」

「私はダメな人間だ」

などと、悲観的な考えばかりが頭に浮かび、落胆してしまいます。他人の幸せを祝福したい気持ちはあるものの、自分の欠点が目についてしまうため、喜びが湧きにくいのです。

自分と他人の比較癖がついている

「〇〇ちゃんは可愛いのに私はブサイクだ」

「〇〇くんは仕事ができるけど私は要領が悪い」

など、自分と他人を比較してばかりいませんか? 自分と他人の比較癖がついている人は、劣等感や嫉妬心を抱きやすいです。

他人が幸せな状況にあると感じると、自分自身の欠点や不足部分と比較し、他人を羨ましく思うことがあります。このような感情が、幸せを喜ぶ心を妨げる原因となることは珍しくありません。

現状に問題や悩みを抱えている

現状に問題や悩みを抱えている

「失恋した」「仕事が上手くいかない」など、現状に問題や悩みを抱えているときは、心が満たされていない状態です。他人の幸せが羨ましく思えたり「私はこんな状態なのに……」と落ち込んだりしてしまうでしょう。

今の現状に満足できていなければ、他人の幸せを心から喜ぶことはできません。むしろ、他人の不幸を目の当たりにすることで、安心感が湧いてしまうことも。今のあなたが他人の幸せを素直に喜べないのなら、心の余裕を失っているのかもしれません。

競争心が強い

競争心が強いことも、他人の幸せを素直に喜べない原因の1つ。競争心が強い人はプライドが高く、負けず嫌いな性格です。物事を勝ち負けで判断してしまう傾向があります。そのため、他人の幸せな様子を見ると「負けた」と感じ、素直に喜べません。

このタイプは「負け=自分は劣っている」と考えがちです。劣等感が邪魔をし、他人の幸せを素直に喜べない状況を作り出してしまうのでしょう。

他人の幸せを素直に喜べない自分への3つの対処法

今の自分の気持ちを受け入れる

今の自分の気持ちを受け入れる

他人の幸せを喜べないときは自分を責めたり、罪悪感を抱いたりしてしまいますよね。しかし、他人の幸せを喜べないのは、決して悪いことではありません。今のあなたは、ただ素直に喜べない状況にいるだけ。むしろ、罪悪感を抱くということは、あなたが繊細で優しい人間である証拠です。

他人の幸せを喜べない自分を責める必要はありません。今の自分の気持ちを受け入れてあげてください。

自分にとっての幸せを考えてみる

「隣の芝生は青い」という言葉の通り、自分よりも他人が良く見えてしまうもの。無意識に自分と他人を比較し、劣等感を抱くこともあるはずです。

しかし、本当に大切なのは自分と他人の比較ではなく、あなたにとっての幸せを考えること。他人の長所や成功にばかり目を向けるのではなく、自分が本当に求めていることや望んでいることを心に問いかけてみてください。自分にとっての幸せが分かれば、今後の行動や考え方を変えるきっかけになるはずです。

1人で過ごす時間を作る

他人の幸せを素直に喜べないのは、あなたの心が疲れてしまっているからかもしれません。恋愛や仕事で悩みを抱えていませんか? 日頃から落ち込むことが増えていませんか?

そんなときは無理に人と付き合わず、1人で過ごす時間を作ることも大切です。劣等感や罪悪感、自己嫌悪などのネガティブな感情に振り回されているときは、しっかり休息を取りましょう。心が休まれば、前向きで明るい気持ちを取り戻せるはずです。

まずは自分の心を満たしてあげよう

まずは自分の心を満たしてあげよう

今回は、他人の幸せを素直に喜べない原因や対処法についてご紹介しました。他人の幸せを喜べない自分を責めたり、否定したりしてはいけません。「私は疲れてるんだ」「本当は喜びたい気持ちがあるんだ」と捉え、自分の心を満たすことに専念しましょう。

あなたにとっての幸せを考えながら、自分自身と向き合ってみてくださいね。

Written by danon

「なんかイラっとするわ…」匂わせ女子のあるある行動3選 ▶

danonの他の記事を読む