脈アリかも♡ 男性が見せる「好意があるサイン」7つ

男性は、基本的に感情を表現するのが苦手と言われています。人にもよりますが、好きな女性ができても、あからさまに好きだという態度をとったり、好意があることを言葉で示せる男性は少ないように思えます。

今回は、男性が見せる「好意があるサイン」をいくつか紹介します。こんなことをする男性がいたら、あなたのことを好きかもしれませんよ。

視線がよく合う

視線がよく合う

目は口ほどにものを言うといいますが、視線がよく合うということは、相手はあなたのことをいつも見ているという証拠。好きでなかったら、ずっと目で追いかけたりはしないでしょう。

視線がよく合う男性は、あなたのことを好きな可能性がとても高いです。もし、あなたも相手のことを少なからず想っているなら、目があったらそらさずに、あなたからも強い視線を送るといいでしょう。

じっと見つめ合っていれば二人だけの世界ができあがっていきます。何も言わなくても、心と心が通じ合っていくでしょう。

下の名前で呼んでくれることがある

いつもは名字で呼んでくれるのに、周りに誰もいなくなったらあなたの下の名前で呼んでくれるとしたら、その男性はあなたに好意があるのかもしれません。

下の名前で呼ばれると、グンと距離が縮む感じがしますよね。ちょっとなれなれしいと思うかもしれませんが、それだけ相手はあなたと親密になりたいのです。

もし、あなたがその男性のことを嫌いでなければ、下の名前で呼ばれたとき、嬉しそうにしてみましょう。思い切って「下の名前で呼んでくれて嬉しい!」と言ってみるのもいいでしょう。そこから恋が始まっていくかもしれません。

休日の予定を聞いてくる

「休みの日はどう過ごしているの?」と聞いてくる男性がいたら、その人はあなたに好意があるのかもしれません。相手はあなたに強い興味があるのです。そして、休みの日にデートをする相手がいるのかどうかを探りたいという意図があるはずです。

もしも「今度の休み何してる?」と特定の日のことを聞かれたら、デートに誘いたいと思っている可能性大。

あなたもその男性のことが気になっているなら、「休みの日はすることがなくてヒマしてる」とか「いつも一人で過ごしてる」というようにアピールしてみてもいいでしょう。きっと相手はあなたをデートに誘ってくれます。

メールやLINEが途切れない

メールやLINEが途切れない

男性は基本的にテキストメッセージは連絡手段と捉えていて、できるだけ無駄な雑談などをしたいと思わない場合がほとんどです。

それに対して女性は感情の共有や無駄話、相談ごとなどをメールや会話でするのが好きです。これは男女間のコミュニケーション意識の違いと言えるでしょう。

まず、メールが途切れない場合は脈ありで好意のサインです。恋愛対象として好きな人としかメールを継続しようとしないのが男性なので、相手側からメールが来るうちは何かしら好意があるというしぐさや態度のサインがあります。

さらに、絵文字や顔文字が多ければなお好意がある線が濃厚です。男性は無駄な作業を嫌うので、好きでない相手には要件だけのメールになるからです。

同じタイミングで同じ行動をとる

相手と自分が似たようなタイミングで発言したり、同じしぐさを取ることをミラーリングと言います。あたかも相手が自分の鏡のような行動をとるためそう呼ばれます。

恋愛において、好きな人とは同一でありたい、一心同体でありたいと思うのが人間の持っている心理傾向。好きな人と同じ態度や行動、同じ心理や気持ち、同じ趣味などの共通点を持ちたいと思うわけですね。

このミラーリングは無意識で行われていればいるほど、恋愛の相性が釣り合ってマッチしている証拠です。人は自分と似た人を好きになる「類似性の法則」があり、 それは似た行動や態度を取る人に対しても有効に作用します。

敬語を使わなくなる

男性は特別な関係ではない女性には、基本的に敬語を使うでしょう。職場の同期だったり、後輩だったりしても、あまりくだけた口調では話しません。

けれど、好意のある女性に対しては、敬語を使う頻度をだんだん少なくしていき、親しみを表します。

以前は敬語だったのに最近はタメ口で話してくるようになったとしたら、その男性はあなたと親密になりたいのです。あなたが嫌でなければ、あなたもタメ口で返して一気に距離を縮めていきましょう。

よく物をくれる

よく物をくれる

男性は、好意を持っている女性にはよくものをあげます。

最初は旅行をしたからなどと口実をつけておみやげをくれたり、お菓子の差し入れをしてくれるでしょう。誕生日にサプライズプレゼントされたら完全に脈アリ! 積極的にアプローチしていきましょう。

おわりに

あなたの身近にいる男性で上記のような言動をとる人がいたでしょうか? 一つくらいは当てはまることがあるかもしれませんね。

でも、二つ三つと当てはまるなら、それはもう偶然ではありません。完全にあなたに好意を持っています。あなたが自分を好きになってくれるのを、相手はひたすら願っていますよ。

Written by 紅 たき

紅 たきの他の記事を読む


close