一体なぜ? 美女と野獣カップルが成立する4つの理由

美女と野獣カップルは、一見不釣り合いに見えながらも、芸能界や街中などでよく見かけることがあるカップルと言えます。何故、正反対の二人がお付き合いにまで発展したのか、気になることはありませんか? 

今回は、美女と野獣カップルが成立する理由と、女性が野獣に惹かれる理由についてご紹介します。

美女と野獣カップルが成立する理由

美女と野獣カップルが成立する理由

まず初めに、正反対の二人がカップルになる理由についてご紹介します。

女性側が内面を重視している

美女と野獣カップルは、女性側が男性の内面を重視していることが多いです。見た目にとらわれず、「優しい」「コミュニケーション能力が高い」というように、相手の内面に惹かれていることがあります。

はじめは女性側が男性をタイプじゃないと思っていても、一緒に過ごすうちに良いところに気付き、好きになるということがあります。

女性側が男性に求める条件として、外見は最重要ではない方も多いです。また、相手男性も女性に惹かれた時、美女と野獣カップルは成立しやすいと言えます。

波長が合うから

波長が合うから、美女と野獣カップルも成立することがあります。一緒にいて心地の良い状態でいられる相手は、好印象を持ちやすいです。

「話が合う」「価値観が似ている」相手といるとホッとします。ある程度、歳を重ねてくると、自分に合う相手もわかってきます。一緒にいて気楽な相手ほど、外見関係なく惹かれやすいです。

たとえ、不釣り合いな二人であっても、内面を見ると、相性ぴったりということがあります。

自分に持っていないものに惹かれるから

美女と野獣カップルは、一見正反対に見えますが、お互い自分に持っていないものに惹かれていることがあります。

自分と似ている相手には親近感を持ちますが、正反対な方は、逆に魅力的要素となることがあります。初対面の段階で、相手にビビッとくることもあるでしょう。

「もっと知りたい」「仲良くなりたい」という気持ちが、相手に近づく一歩になると言えます。

女性側がリードされたいから

美女と野獣カップルは、男性側がワイルドで頼もしいことが多いです。女性側がリードされたい気持ちがあると、カップルも成立することがあります。

「引っ張って欲しい」「守ってくれそう」な男性らしい部分に好印象を抱いているということです。甘え上手な女性であるほど、男性も頼もしいところを見せたいということで惹かれ、カップルも成立することがあります。

女性が野獣に惹かれる理由とは? 

女性が野獣に惹かれる理由とは? 

美女と野獣カップルは成立しますが、女性が惹かれる具体的な理由とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

包容力がある

女性は包容力がある男性に惹かれることがあります。落ち着いていて、なおかつ優しい男性に好印象を持つ女性も多いことでしょう。

安心感がありますし、困った時に頼りになると「一生一緒にいたい!」と感じるほどです。男性に振り回される恋愛をしていた女性こそ、「野獣」の器の大きさに心惹かれることがあります。

一途

野獣は一途に美女を愛します。「ずっと好きでいてくれるところも魅力要素!」と感じる方は多いです。

付き合う前はもちろん、その後も他の女性に目移りすることなく、ずっと一途にいてくれる男性は信頼できます。なお、女性は、ずっと自分だけを追いかけてくれる男性に「尽くされている」と幸福感を感じやすいです。

男性側も、やっとの思いで美女とカップルになれると嬉しさと達成感のあまり、他の女性に目移りすることが少なくなります。

面白い

野獣は、コミュニケーション能力が高く面白い方が多いです。女性は一緒にいて笑顔になれる男性に対して、心惹かれることがあります。

二人で過ごす明るい未来が想像できるというように好印象を持ちやすいです。笑顔でいられる瞬間が多いと、やはり幸せと感じやすくなります。

また、よく会話をするカップルになることから、喧嘩をしても仲直りしやすいです。野獣のコミュニケーション能力が高いところは、恋愛面においても武器となることでしょう。

誠実

女性は誠実な男性に惹かれることがあります。野獣は自分の外見を、アピール要素に見ていることが少なく、思いやりがあるというように内面が魅力的な方が多いです。

人と接する上で、どのような言葉を使われると傷つくかなどということにも長けています。だからこそ優しく誠実で、実際の年齢よりも大人に見える方も多いです。

女性が野獣に「一緒にいて信頼できる」と感じた時、心惹かれることがあります。見た目なんて関係ないと心から思う瞬間でもあります。

おわりに

おわりに

今回は、美女と野獣カップルが成立する理由と、女性が野獣に惹かれる理由についてご紹介しました。不釣り合いと感じる二人でも、お互いに無いものに魅力を感じていることがあります。

外見は一つの魅力要素でありながら、最後は中身がものを言うことがあります。波長が合い一緒にいて居心地が良いと感じる相手こそ、運命の人と言えるのではないでしょうか。

Written by 森野有

森野有の他の記事を読む