育ちが良い人が絶対にしないこと3つ! 上品な大人になる方法とは?

育ちの良さは普段の何気ない言動からわかるものです。お金持ちだからと言って育ちが良いというわけではありません。育ちが良いとされるのは、一般常識やマナーが身に付いており、人として立派に育てられた人です。そこで今回は、育ちが良い人が絶対にしないことについてご紹介します。

育ちの良さは何でわかる?

育ちの良さは何でわかる?

育ちの良さは、普段の行動や発言、立ち振る舞いなどに表れます。ここでは、育ちが良い人の特徴についてみていきましょう。

常識やマナーがある

一般的な常識や公共の場でのマナーがしっかりしており、その場の空気を読んで行動できます。常識やマナーは今からでも身に付けられますが、ふとした時にいつもの癖が出てしまうこともあるでしょう。

幼い頃から身に付いているのであれば、どんな時でも常識的な行動・発言ができます。

人の悪口を言わない

他人の悪いところではなく、良いところに目を向けているため、悪口は言いません!

育ちが良い人は相手の気持ちを察することができ、悪口を言われたらどんな気持ちになるのか推し量ることができます。基本的に心に余裕があるため、わざわざ粗探しをするようなことはありませんよ。

品がある

仕草や立ち振る舞いに品があり、落ち着いた雰囲気が印象的です。幼い頃から教えられてきたマナーが身に付いているため、所作に育ちの良さが表れるのです。

また、行動だけではなく、言葉遣いにも品の良さは表れますよ。言葉遣いが非常に美しく、相手の気持ちを考えて発言できます。

歯並びが綺麗

育ちが良い人は歯並びが綺麗な傾向にあります。歯は第一印象を左右する重要なパーツです。

海外では、歯がその人のバックグラウンドを表すものだと言われるほどです。歯並びが悪い場合、「親が矯正させなかった」という印象を与えてしまいます。

育ちが良い人はコレを絶対にしない!

歯並びが綺麗

育ちが良い人には共通点があります。ここでは、立派に育てられた育ちの良い人が絶対にしないことをご紹介します。

非常識な行動、マナーが悪い

育ちの良い人は幼い頃にしっかり常識やマナーに関する教育を受けています。そのため、電車の中でメイクをしたり、大声でしゃべったりと、公共の場で非常識な行動を取るようなことは絶対にありません。

育ちが良い人は周囲に迷惑をかけることを嫌います。また、育ち善し悪しが表れやすい食事の場面にも注目してみてください!

咀嚼音を立てながら食べていたり、箸の持ち方が間違っていたりする人は、育ちが良いとは言えません。

デリカシーのない発言

思いやりを持って相手に接することができるため、デリカシーのない発言は絶対にしません。自然に丁寧な言葉が出てくるほか、話す所作にも品があります。デリカシーのない発言をするのは育ちがあまり良くない証拠です。

すぐにイライラする

育ちが良い人は感情をコントロールするのが上手いため、他人にイライラした感情をぶつけることはありません。幼い頃からしっかりと教育を受けているので、精神的に安定している傾向にあります。

たとえ気に入らないことがあったとしても、周囲に当たるのではなく、自分の中で解決します。

上品な大人になるためには

すぐにイライラする

今から育ちの善し悪しをどうにかすることはできませんが、上品な大人になるための方法はあります。具体的にどうすれば品のある大人になれるのでしょうか?

マナーを習慣づける

まずは人としての必要最低限のマナーを身に付け、習慣化できるように努力しましょう。いつもの癖はふとした時に出てしまうため、癖が出なくなるように習慣づける必要があります!

マナーにルーズな人は敬遠されがちなので、人間関係を築くのが難しくなってしまうことも……。

食事の仕方や公共の場での過ごし方など、常識を持って行動しなければいけません。相手に不快な思いをさせないためにも、必要最低限のマナーを習慣づけましょう。

言葉遣いに気を付ける

言葉遣いは人柄を表すため、日頃から言葉選びに気を付ける必要があります。特に女性は注意しなければいけません。言葉遣いによって印象が大きく左右されるため、流行語を頻繁に使ったり、乱暴な言葉を使ったりしていると幻滅されることもあるでしょう。

品のある話し方をしたいのであれば、いつもよりゆっくり話すと落ち着いた雰囲気になります。

容姿にも気を遣う

品のある大人になるためには、容姿にも気を遣うことが大切です。無理に着飾るのではなく、清潔感を重視して身なりを整えましょう。

女性の場合、過度な露出は品がないと見なされてしまうため、露出の低い服装を心がけましょう。日頃から容姿に気を遣っていれば、周りからの印象も良くなるはずです!

おわりに

容姿にも気を遣う

今回は、育ちが良い人が絶対にしないことについてご紹介しました。育ちの良さはふとした瞬間に表れるものです。品のある大人になりたいのであれば、今回ご紹介したことを参考に日々努力してみましょう!

意識していればそのうち自然と品のある立ち振る舞いができるようになりますよ。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む