初デートを成功させるポイント7つ!好印象を与えるコツとは

気になる男性や好きな男性との初デートが決まったら、どんなことに気をつければいいのか分からない方も多いのではないでしょうか? 初デートは、相手と今後どうなっていくのかを決める重要な場になります。緊張のあまり失敗をしたり、印象が悪くなったりしたらどうしようと頭を抱えてしまう人もいるようです。

今回の記事では、初デートで気をつけるべきポイントについてご紹介していきます。初デートがうまくいくコツについてもご紹介していくので、「初デートを成功させたい!」「好きな人と付き合いたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

初デートで気をつけるべきポイント

ノープランデートを楽しむコツ10個|起こり得るトラブルと対処法もあわせて紹介

初デートとなれば、「服装や仕草には気を抜けない……」と考える方も多いでしょう。はじめに、初デートで気をつけるべきポイントについてご紹介していきます。

清潔感を心掛けて

初デートにはいつもより濃いメイクをしたり、露出の多い服装をしたりして気合いを入れたいと考えているかもしれません。しかし、このような濃いメイクや露出の多い服装は印象が悪いです。

初デートの時は、行き先や時間帯に合った服装やメイクを心掛けるようにしましょう。相手の好みの服装などをリサーチしていたとしても、どんな服装をすればいいのか分からない方もいるはずです。

こういった場合は清潔感を意識した服装やメイクをすることで、相手に好印象を与えることができます。清潔感を心掛けることで、自然と女性らしい印象を感じてもらえるでしょう。

悪口や愚痴はなるべく言わない

初デートの時は、相手とどんな会話をすればいいのか悩む方も多いでしょう。しかし、会話を盛り上げようとするあまりに友人や仕事の愚痴を話すのは印象が悪いです。

心を開いて話すのは良いことでもありますが、なんといってもまだ初デートの段階です。はじめはお互いに楽しく話せるようなポジティブな話題で会話するように心掛けましょう。

食事をする時のマナー

男性は初デートの時、女性が食事をしている姿をよく見ているようです。そのため、相手に良い印象を与えるためにも食事をする時のマナーに気をつけましょう。初デートの時に相手が食事をするお店を予約してくれているかもしれません。

予約をしてくれたお店が敷居の高いお店である可能性もあるので、テーブルマナーを勉強しておくと安心です。食事をする時は、物を口に入れて喋らない・音を立てて食べないなどの最低限のマナーは守るようにしましょう。

笑顔を忘れない

初デート以前に人として当たり前のことですが、相手と話す時や何かしてもらった時は笑顔で話したり、感謝の言葉を伝えたりするようにしましょう。

男性はあなたが初デートを楽しめるようにと色々な場面で気を遣っているはずです。そのため、あなたが笑顔で楽しんでいる姿や感謝の言葉に喜んでくれることは間違いないでしょう。

初デートがうまくいくコツとは?

笑顔を忘れない

次に、初デートを成功させるためのコツについてご紹介していきます。

さりげないボディタッチ

気になっている男性や好きな男性からボディタッチをされて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。初デートがスタートして距離感が少しずつ縮まってきたら、さりげないボディタッチをしてみると相手をドキッとさせることができます。

例えば、相手の名前を呼ぶときに肩や腰のあたりを触ってみたり、会話が盛り上がっている時に軽く叩いてみたりするもの良いでしょう。「ボディタッチをして引かれないかな?」と、心配になる方もいるかもしれませんが、勇気を出して近づくことで相手に好印象を与えられます。

共通点があることをアピールする

男女問わず、共通点がある人に対して親近感を持ちます。そのため、相手の話を聞いている時は「私もそう思う!」「それ気になってた!」と、共感していることが伝わるようにしましょう。

中でも趣味や共通点が一緒の人には「この子と一緒にいたら楽しそう」と感じるので、気が合うことを積極的にアピールすることが重要です。

お金がかかりそうな人だと思わせない

真面目な男性ほど、お金がかかりそうな女性を避ける傾向があります。例えば、ブランド品が好きだという話や高級レストランに行った時の話はしない方が無難でしょう。

また、初デートだからと言って、気合を入れて全身ブランド品で固めるのも印象が良くないです。浪費癖がある人は会話をしている時にボロが出ないように注意してください。

おわりに

お金がかかりそうな人だと思わせない

今回は、初デートで気をつけるべきポイントや初デートがうまくいくコツについてご紹介してきました。初デートとなれば気合いが入ってしまう方がほとんどですが、人間として、女性として当たり前のことを守ることが大切です。

見た目は清潔感を大切にし、食事をする時は基本的なマナーを意識するようにしましょう。

難しいことや気張ったことはないので、いつもの自然体の自分でいることを心掛け、今回ご紹介してきたポイントやコツを取り入れながら行動してみてください。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む