価値観の違いを感じる瞬間とは? 価値観の違う人とうまくいく5つのコツ

よく「価値観の違い」で離婚や別れに至るという話を聞きますが、そもそもどんなことが「価値観の違い」なのかよくわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は、価値観の違いとは何なのか徹底解説していきます。相容れない違いを感じる瞬間や、考え方が違う人とも幸せになれる5つのコツもまとめたので、恋人がいる方はぜひ参考にしてみてください。

価値観の違いを感じる5つの瞬間

価値観の違いを感じる5つの瞬間

では、「価値観の違い」はどんなときに感じるものなのでしょうか? 違和感を覚えやすい5つの瞬間をまとめてみました。

金銭感覚

価値観の違いを一番感じやすいのが「金銭感覚」です。たとえば、自分は将来のために貯金をしているのに、恋人は毎月給料を全て趣味に使ってしまう散財タイプだとイライラしませんか?

お金は日常生活に直結するものなので、価値観が違うと生活の不安や窮屈さを感じやすいポイントになります。

連絡や会う頻度

連絡やデートの頻度も価値観の違いを感じる要因の一つ。

毎日LINE(ライン)をしたい人もいれば、面倒くさいので用事があるときだけでいいと考える人もいるでしょう。また、恋人優先で予定を組んでいるのに、相手はいつも家族や友人優先だったら……。

このすれ違いは「愛されていないのでは?」という不安を生む原因に。大切にされていないと思い込んで愛情が冷めてしまう人も多いようです。

結婚や出産願望

将来を考えているパートナーであれば、結婚や出産願望に対する価値観が同じか確認しておく必要があるでしょう。

そもそも結婚したくない、子供はほしくないと考えている相手とは、先々の話は進みません。「若いうちから子供がほしい」「20代の内は自由を謳歌したい」など、タイミングのズレもトラブルになりがちです。

相手を急かしたせいで別れに繋がるケースも多いので、結婚や出産のタイミングはよく話し合いましょう。

異性とのかかわり方

よく「男女の友情は成立するか?」という論争を耳にしませんか? 自分は成立しないと思っている場合、恋人に異性の友達が沢山いるとそれだけで不安な気持ちが募ってしまうでしょう。

また、浮気の定義も価値観の違いを感じやすい瞬間の一つ。お互いのボーダーラインを知っておかなければ、後々トラブルになりやすいので要注意です。

仕事への熱量

仕事も、価値観の違いが出やすいもの。必要最低限稼げればいいと考えている人もいれば、仕事で結果を残したいと頑張っている人もいます。

仕事への熱量や考え方が違うと、お互いの様子にイライラしたり、二人の時間に支障が出たりするようになります。

また、仕事はお金やライフスタイルに影響しやすいので、「この人と結婚して大丈夫かな?」と不安材料になることもあるでしょう。

価値観の違う人とも幸せになれる5つのコツ

実は考え方を改めるだけで、価値観の違いがあっても仲の良い恋人関係が長続きするんです!

次に、価値観の違う人でも幸せになれる考え方のコツをエピソードを交えながら5つご紹介します。

価値観が違うことが当たり前だと思う

価値観が違うことが当たり前だと思う

「偏食過ぎる彼に初めはドン引きしましたが、人それぞれだし食事は別々に食べようと決めたらストレスが無くなりました」(女性/20代/会社員)

まず一番大切なのは、価値観の違いは当たり前だと思うこと! 恋人と自分に異なる価値観を見つけたら「こんな考え方もあるんだ」「違う一面を知れて嬉しいな」と楽しむようにすればストレスを感じづらくなります。

お互いに譲れないポイントを話し合う

「時間にルーズな彼女がある日2時間遅刻してきて大喧嘩に。いつもは悪びれもない様子だったけれど、それ以降遅れそうなときは連絡してくれるようになりました」(男性/20代/会社員)

人にはそれぞれ絶対に譲りたくないポイントがあります。いつも優しい人だって、この地雷を踏むことで関係悪化につながることも……。嫌なことはきちんと話し合って理解し合いましょう。

「言わなくてもわかる」は決めつけ!

「うちではやってほしい家事を言葉で伝えるようにしています。期待して裏切られるより、『伝えなかった自分が悪いな』と思うようになってから、旦那へのイライラが減りました」(女性/20代/主婦)

どんなに好き同士でも、違う価値観を持つ相手の考えていることを“察する”のは至難の業。お互いやってほしいことをきちんと言葉で伝えるよう心がければ、阿吽の呼吸も揃うオンリーワンの関係に近づきますよ♡

相手の意見を尊重する

相手の意見を尊重する

「連絡が遅い彼にイライラしていたけれど、『会社の飲み会や残業もあるし平日のやり取りがしんどい』と言われていったん受け入れることに。期待が無くなったせいか、逆に自分の時間が増えて楽しめるようになりました」(女性/20代/会社員)

つい自分の希望を押し通したくなりがちですが、違う価値観も相手の一部として一度受け入れてみましょう。意外と関係が良好になるかも……♡

感謝の気持ちを忘れない

「恋人や友人など仲の良い人こそ感謝の気持ちを伝えるようにしています。『合わせてもらって当たり前』が一番NGだと思う!」(女性/20代/フリーター)

価値観の違いを乗り越えるには、お互いに擦り合わせて妥協点を見つけていくことが必要不可欠。自分に合わせてもらうことを当たり前と思うのではなく、感謝の気持ちを常に持つようにしましょう。

価値観の違いを乗り越えて幸せに♡

今回は価値観の違いとは何なのか、乗り越えるためにはどんな考え方必要なのかについてご紹介しました。

価値観は違って当たり前なので、自分と違うところを否定せず譲り合えるポイントを見つけていきましょう。

Written by sumire

sumireの他の記事を読む