男を見る目がある人になる4つの方法! いい男に出会うには?

「なぜか、変な男ばかりを好きになってしまう……」「これまでの人生散々な恋愛ばかりだった」

このようなことを感じたことはありませんか?

本記事では、自信を失くしている女性のために「男を見る目がある人の特徴」や「男を見る目がある人になる方法」についてご紹介します。素敵な男性と出会いたいけれど勇気がないという人は、要チェックです。

男を見る目がある人の特徴を知りたい

男を見る目がある人の特徴を知りたい

まずは、「男を見る目がある人」の特徴からお伝えします。男を見る目がある人には、一体どんな共通点があるのでしょうか?

友達がたくさんいる

社交的で交友関係が広い人は、男を見る目が鋭い傾向にあります。これまでにたくさんの人と出会っているため、人を見る目が備わっているのです。

さまざまな人の雰囲気や性格を、自分の経験としてデータ分析することができるので、「この人とはうまくいかないな」「この人は自分と合うな」などと、直感的に見極めることが得意なのです。

博学であること

幅広いジャンルの知識を得ている人は、男を見る目がある場合が多いです。さまざまな知識を活用し、人とコミュニケーションをとることができるので、その人の人となりや考え方をすぐに見抜くことが可能なのでしょう。

ひとつのことに没頭するよりも、大きな視野をもって生活する方が自分の経験値があがり、人を分析しやすくなるのです。

男性の地位や名誉は気にしない

男を見る目がある人は、地位や名誉などのスペックは全く気にしません。それよりも、しっかりと相手の中身をみている傾向にあります。

もちろん地位や名誉も大切なことではあるのですが、そこだけを見てしまうとその人の長所や短所を見抜くことはできなくなります。男を見る目がある人は、シンプルにひとりの人間として相手と接することが多いのです。

人間自体に興味がある

男を見る目がある人は、好奇心旺盛です。他人にも自分から興味を持つので、初対面の人でもたくさん質問し、コミュニケーションを円滑にすることができます。

また、相手の情報を聞き流すことなく、一つ一つ正確に自分の中に落とし込むので、その人本来の性格を掴むのがとても早いでしょう。

男を見る目がある人になる4つの方法

男を見る目がある人になる4つの方法

これまで男を見る目がなさすぎて痛い目にあってきた女性は、見る目を養って幸せになりたいですよね。ここからは、「男を見る目がある人」になる方法についてお話します。ぜひ参考にしてみてください。

1.たくさんの人と出会うこと

大人になると、人と関わるのが億劫に感じる人も多いと思います。しかし、男を見る目がある人になるためには、「たくさんの人と出会うこと」がとても大切です。

新しい出会いがない場合は、友人の紹介や異業種パーティーなどを利用し、どんどん交友関係を広げていきましょう。たくさんの人と関わり、さまざまな話を聞くことで自然と男を見る目がある人になれるでしょう。

2.何事にも挑戦する

男を見る目がある人になるためには、視野を広げることが大切です。そのためには、さまざまなことにチャレンジして、幅広い経験をすると良いでしょう。

自分自身が何事も経験することで、考え方が柔軟になり、自然と人を見る目が養われます。また、数多くのジャンルに詳しくなり、知識の引き出しが増えるので、人とのコミュニケーションもスムーズになります。

3.根拠のない偏見を捨てる

表面上で、人を判断しないように心がけましょう。そのためには、偏見を捨てることが大切です。

ついつい相手の見た目や地位などに惑わされそうになりますが、そこだけに注目すると、本来の相手の姿を見ることができなくなってしまいます。根拠のない偏見は捨て、その人の素顔を見るように努力することが大切です。

4.人に興味を持つ

相手に興味を持たない限りは、男を見る目がある人にはなれません。つまり、人に興味を持つことで、相手の行動や発言を自然と観察できるようになります。

人間観察をしていると、「あの人は誰かが困っていたら手を差し伸べる」「彼は正義感が強い人だ」などと、その人の良い部分にすばやく気づくことが可能です。このように、人間観察を繰り返していくうちに、男を見る目が養われていくでしょう。

「男を見る目がある人」になって幸せな恋愛を!

「男を見る目がある人」になって幸せな恋愛を!

問題アリな男を好きになってしまったら、それだけで苦労してしまいますよね。そうならないためにも、上記でお伝えした4つのポイントを意識して、男を見る目を養っていきましょう。

男を見る目がある人になるためには、視野を広くすることが大切です。そうすれば、間違った偏見を無くし、その人本来の姿を見抜くのが可能になります。

Written by misudu

misuduの他の記事を読む