男性50人に聞いた「本気で好きな人にとる行動」6つ

好きな人がいる人は「あの人は私のことどう思ってるんだろう……」「脈アリなのかな……」と気になりますよね。

そこで今回は、男性50人に「本気で好きな人にとる行動」について聞いてみました!

女性目線で見ると「え、その行動するの!?」という行動もありました。男性意見が知りたい方、ぜひチェックしてみてくださいね。

男性が本気で好きな人にとる態度

マメに連絡をする

マメに連絡をする

今回のアンケートで一番多かったものは「マメに連絡をする」行動でした。男性は、好きな女性にはマメに連絡をし「仲良くなりたい」「自分のことを意識してほしい」と考えているようです。

「不器用な方ですが自分から積極的に連絡を取るようにします。相手がうざがらない程度に、2発3発連続しての連絡はしないです。一日おつかれさまなどちょっとした気遣いもします。そんなコツコツとした積み重ねが自分の印象を作っていくのだと思います。」(男性/40代/会社員)

変化に気づいて伝える

興味のない相手ならば、男性は女性の変化には気になりません。私も職場でネイルや髪色を変えた時、女性はすぐに「変えたね!」「いいね!」など褒めてくれるのですが、男性からは全く言われたことがありませんでした(笑)

気になる女性の場合は、小さな変化にも気づき声をかける男性が多いようです。

「気になる女性の服装、髪型の変化などがあれば積極的に声を掛けてしまいます。」 (男性/30代/会社員)

わざと話かける

わざと話かける

好きな女性とはコミュニケーションを増やしたいと考えるのが男性です。特に用がないのにあなたに話しかける男性がいたら脈アリの可能性が高いでしょう。

「用事もないのに話かけたり、わざと廊下ですれ違ったり、他の方でも対応できる仕事をわざとお願いしたりします。全く仕事とは関係ない家族の話や、趣味の話などでお互いの共通点などがないかなどを探したりします。」(男性/40代/会社員)

女性の趣味や価値観を尊重する

男性は、好きな女性に対しては「理解したい」「近づくきっかけを作りたい」と強く思います。そのため自分が興味がないことでも、気になる相手の趣味や価値観に対して合わせる男性が多いようです。

「現在 気になる女性が時々ポムポムプリンのお弁当箱を持ってくるのですが、自分もバックの中にポムポムプリンのキーホルダーを用意、お弁当を持ってきていると確認してバックからポムポムプリンのキーホルダーを外にだしています。」(男性/30代/会社員)

時間を作る

時間を作る

男性は、どうしても女性より仕事や趣味の時間を優先しがち……。しかし本当に好きな相手ならば、会いに行ったり、女性のために素敵なお店を調べたり……きちんと時間を作ります。あなたのために時間を割いてくれる男性であれば、本当にあなたを大切に想っている人でしょう。

「少しの時間でも、会いに行きます。仕事柄なかなか休みがなかったり、長時間労働なので会える日や時間がなかなかとれなかったりしますが、少しの時間でも会いたいと言われれば会いに行きます。」(男性/30代/個人事業主)

「睡眠時間を削って時間を作ったり、日程をわざわざ調整して合う時間、連絡を取る時間を作ると思います。本気で好きな人ほど、こう言った時間を割いてでも時間が欲しくなると思うので。もちろん相手には予定を変えたことは伝えません。」(男性/20代/会社員)

正反対の態度をとる

アンケートを行い驚いたのが「好きだからこそ正反対の態度をとってしまう」というものでした。照れ隠しからかイジッたり、冷たくしたり……女性側は「私のこと好きじゃないんだな」と捉えられそうな態度をする男性もいるようです。

脈ナシかも……と思っていたら以外にも脈アリなんてこともありそうですね!

「子供か!と言いたくなりますが、少し意地悪な感じでイジったりします。お前のことなんかなんとも思ってない、という様な言動になってしまいがちで、後々反省することが多いです。」(男性/30代/会社員)

「何故かわからないんですが本気で好きな人には、この年になっても冷たい態度をとってしまいます。どうでもよい感じの女性には何故か優しく接している自分が不思議です。本気で好きな人の前では照れくさくて照れ隠しを隠すために冷たい態度をとってしまうのかもしれません。」 (男性/50代/トラック運転手)

相手の態度を見逃さないで!

男性はハッキリとわかるような態度をするよりも、陰で連絡したり、少し話をしたり……さりげないアプローチが多いようです。

また、「好きだからこそイジッてしまう……」などといった男性意見もありました。

わかりにくいアプローチかもしれませんが、その一瞬を見逃さないでくださいね!

 

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む