うわ、ありえない…男性がドン引きする「痛い女性」の特徴4つ

自分では何気ない行動でも、男性から見ると「痛いな……」と思われていることがあります。そこで今回は男性に実際に聞いた「痛い女性」の特徴を解説します。自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

「痛い女性」の特徴

自称サバサバ系

自称サバサバ系

自分で「私サバサバ系だから」と言っている女性は男性から見て「痛いな……」と思われてしまうことがあります。サバサバしているというのは周囲の人から見た感想ですが、自分で「サバサバ系」というのはサバサバした性格に憧れていて、実際はそれになりきれておらず、周囲から「痛い発言だな……」と思われてしまうのです。

「自称サバサバ系女子はとても痛く感じます。「この前○○さんが、あなたのこと文句言っていた」と言われても「私、そういうの気にしないから」と言っていたのですが、次の日から復讐劇が……。自称サバサバ系はそうじゃないことが多い気がします。」(40代/男性/飲食業)

モテるアピールをする

モテるアピールをするのは痛いという男性の意見は多数ありました。モテることをアピールされてもどう答えていいか悩むもの……。「周囲に男が多くて付き合うのはナシかな……」とネガティブなイメージがついてしまうことも。

「ある女性が『男からの連絡が鳴りやまないし毎日違う男と会うの』とモテるアピールをするのを聞いていて面倒くさかったです。自慢気に話している姿は正直痛い。都合のいいように扱われているんじゃないかと思ってしまいます。」(20代/男性/営業職)

勘違いや思い込みが激しい

勘違いや思い込みが激しい

勘違いや思い込みが激しい女性は男性から面倒くさがられてしまいます。勘違いや思い込みをしてさらに自分が正しい!と行動している姿は周囲から見て痛い女性と思われてしまいます。

「ネットで知り合いオフ会に参加したら、仲良くしていたうちの一人の女性がなぜか私の事を『彼氏』だと公言していたことが判明。否定してもその場の雰囲気を壊しそうで話を合わせていましたが、耐えられなくなりしばらくトイレに逃げ込みました……。彼女ヅラするのは痛いです。」(30代/男性/自営業)

酒癖が悪い

お酒を飲んで周囲に迷惑をかけたり、性格が変わってしまう女性は痛いと思われがちです。普段は良い人そうに見えても、酔った途端に暴言を吐いたり下品な行動をしてしまうと、普段とのギャップにドン引き……。どんな美人でも痛い女性に見えてしまいます。

「知人に飲み会に誘われて行った先にある女性が居たのですが、とても美人で魅力的な女性でした。しかし、お酒が進むにつれて彼女が口にする事は『男はお金だよねー!最低でも年収3000万円は無いとイケメンでもムリ!』『ここに居る男性達は年収3000万円以上稼いでないだろうから残念でしたー!』と暴言とも言える発言をしていました……。酒癖も悪いし、美人でも痛い女性っているんだなって思いました。」(30代/男性/会社員)

痛い女性にならないために

男性に実際に聞いた「痛い女性」の特徴を解説しました。特徴に当てはまる女性は周囲に「痛い……」と思われているかもしれません。一度自分の行動を見直してみた方がいいでしょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む