一緒にいると不幸になる…距離をとったほうがいい友人の特徴4つ

「友人とこのままの関係を続けていいのかな?」「なんだかモヤモヤするな……」と感じた経験はありませんか?

もしかすると、あなたが仲良くしている友人は距離を置いた方がいい人なのかもしれません。

今回は距離をとったほうがいい友人の特徴や体験談をご紹介します。今悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

距離をとったほうがいい友人の特徴

いつも不平不満を言っている

いつも不平不満を言っている

仕事の愚痴や家庭の愚痴など、辛かった出来ごとや嫌だった出来事を友人に聞いてほしいという人は多いですよね。たまに話す分にはいいですが、会うたびにいつも不平不満ばかり言っている人と一緒にいるのはよくありません。いつもマイナスなことを聞いているとあなたもネガティブになってしまいます。

「いつも恋人の悪口を言う友人がいます。『別れればいいのに…』と言いますが『いや、でも好きだし……。』の繰り返しです。毎回マイナスなことばかり言ってくるのでうんざりしてしまっています。」(20代/女性/事務)

悪口を言う

悪口を言う人とも距離を置いたほうがいいでしょう。悪口を言う人は、どこでも誰にでも悪口を言う人なので、他人の悪口だけでなくあなたの悪口も陰で言っている可能性が高いです。

いつも悪口ばかり言っているような、信頼できない人とは離れましょう。

「影で私の悪口を言っていた人と距離をとって疎遠になったことがあります。一緒にいても『どうせまた悪口を言っているんだろうな』と思いストレスが溜まるし、離れて正解でした!実際その女性は色んな人の悪口ばかりで周りからも嫌われていたし、悪口ばかり言う人はやっぱりよくないなと感じました。」(30代/女性/主婦)

「あなたのために」と価値観を押し付けてくる

「あなたのために」と価値観を押し付けてくる

こちらが聞いていないのに「あなたのためを思って……」など、苦言を言ってくる人はいませんか?言った本人は「よかれと思って」と考えているでしょうが、それは価値観の押し付けになってしまいます。

言われた本人にとって納得するような内容であれば問題ないのですが、腑に落ちない場合、相手と一緒にい続けてもモヤモヤするだけでしょう。

「恋愛相談に乗ってもらっていたのですが『あの人を好きになるなんてやめなよ。〇〇(私の名前)のために言うけど、〇〇(私の名前)じゃ無理だよ。』と友人から言われました。確かに私のためを思っていってくれたのはわかるのですが、相手の考えを押し付けられているようでモヤっとしました。それ以来距離を置いてあんまり会っていません。」(女性/20代/販売)

会った時に疲れる

その場は楽しくても、友人と別れた帰り道に「なんだかモヤモヤするな」「なんだか疲れたな……」と感じる相手とは距離を置いたほうがいいでしょう。

相手もあなたもどちらが悪いわけではなく、ただ単に合わない可能性があります。様々な環境の変化もあり「昔は仲が良かったのに久しぶりに会ったらなんか違う……」と感じる原因も同じようなことでしょう。

本当に仲がいい友人は数人いればいい!

「友人は多いほうがいい」と考える人もいるかもしれませんが、あなたにとっていい影響を与えない友人とは離れることをおすすめします。

一緒にいて居心地がよく、信頼できる友人を考えていくと、数人程度になるでしょう。その人たちこそがあなたにとって本当に大事な人です。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む