育ちが悪さが出てます…「下品な人」と思われてしまう女性の特徴5つ

どんなに美人でも「下品」な行動をすると台無しになってしまいます。実は意外と無意識に下品な行動をしてしまっていることがあります。「下品な人」と認定されるのはとても悲しいことですよね。

今回は、下品な人と思われてしまう女性の特徴を解説します。自分に当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

下品な人と思われてしまう女性の特徴

食べ方が汚い

食べ方が汚い

食べ方が汚いと「下品だな……」と思われやすいです。人それぞれ食べ方に癖があったり、無意識なこともよくあることですよね。

自分では普通だと思ってた食べ方が他人から見ると「下品」に感じることもあります。綺麗な食べ方の人を参考に、自分の食べ方を確認してみるといいでしょう。

「食事の時にくちゃくちゃ音を出している人を見た時は下品だなと思いました。後、ベラベラおしゃべりをしながら食事をしている人もちょっと……。」(女性/30代/パート)

「食べ方が汚い女性は下品に見えてしまいます。例えば『クチャクチャ』と咀嚼音が大きかったり、食べ物をこぼしながら食べているしぐさは特に下品さを感じます。また食べるときに食器を持ち上げず犬食いしていたり、迎え舌で食べる姿も下品に感じます。」(男性/40代/会社員)

足を広げて座る

足を広げて座る姿も下品な印象に見られてしまうことがあります。特にスカートなのに足を開いて座るのは品がないと思われてしまいがちです。

意識をしないと足は開いてしまうもの……。常に意識して足を閉じるように心がけましょう。

「スカートなのに大きく足を開いて座るのは下品に感じます。スカートを履いているのに足を開くのは、それなら履くなよっ、履かなければ下品さも出ないよ……、とツッコんでしまいそうになります。」(女性/20代/学生)

人前でも平気でメイクをする

人前でも平気でメイクをする行為……朝の電車通勤で見かける人も多いと思います。自分はただメイクしているだけでも、周囲からは冷ややかな視線……。メイクは家で済ませるようにした方がいいでしょう。

「バスや電車などで、平気で化粧をし始める方は下品な女性だと思っています。時間がないのはわかるのですが、他の人への配慮が足りないと思います。」(女性/40代/会社員)

男性の前で態度が変わる

男性の前で態度が変わる

男性の前で態度が変わる女性も下品なイメージがつきやすいです。媚びているかのような姿は、下品なだけではなく同性からもひんしゅくを買ってしまいます。誰にでも平等に接する方が男女問わず好印象に見られやすくなります。

「同性の前と、異性の前とで態度が激変する人がいるんですが、声のトーンまで変わってビックリします。そういう人に限って、異性にボディタッチが激しかったり……下品だな……と思ってしまいます。」(女性/50代/専業主婦)

「男性の社員に対して『〇〇くぅーーん』と呼んでいるのをみた時は下品だな……と思います。」(女性/20代/アルバイト)

言葉遣いが悪い

言葉遣いは分かりやすく品の良さ、悪さが出るポイントです。年齢によっても印象が変わり、若者言葉を大人が使っていると下品に感じてしまうこともあります。年齢に合った綺麗な言葉遣いを心がけることが大切です。

「言葉遣いが悪く無理に若い人の言葉を使って話したり、SNSでの言葉遣いが異様に汚い時に下品だと思います。『あーね』『マ?』などの言葉を大人の女性が使ったり、旦那マジクソと言ったような愚痴を口頭やSNSで言っていると品がないと思います。」(女性/40代/自由業)

「下品な人」と認定されないために

下品な人と思われてしまう女性の特徴を解説しました。「下品だな………」と思われてしまうポイントは多くあります。

今回ご紹介した特徴に当てはまるものが多い人は、一度自分の行動を見直してみたほうがよさそうです。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む