友達がいない人の特徴とは? 孤独を感じたときの対処法3つ

友達が欲しいと思うものの、なかなかできずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

友達は必ず作らなければいけないわけではありません。

しかし、中には友達がいないことで孤独を感じてしまう人もいます。

そこで今回は、友達がいない人の特徴や孤独を感じたときの対処法について紹介します。

友達がいない人の5つの特徴

シャイで人見知り

シャイで人見知り

友達がいない人の特徴1つ目は、シャイで人見知りです。シャイで人見知りな人は、人間関係で悩むこともしばしば。

仲良くなりたい気持ちがあっても、自分から話しかけたり、積極的に関わったりできません。

また、なかなか自己開示ができないため、自分の本音を晒すことも困難です。

その結果、上手く人間関係を築けず、友達に恵まれません。

他人を信頼できない

裏切られたり、傷つけられたりした経験がある人は、他人に対する信頼が薄いです。

「どうせまた裏切られる」「信じたって傷つくだけ」などと考え、なかなか友達を作れません。

他人と関わることに対しての不安や恐怖心が人一倍強いため、自ら避けるようになります。

一人でいることが好き

元々一人でいることが好きな人もいます。一人が好きな人は、友達がいなくても自分の時間を楽しめます。

むしろ「一人のほうが楽」と考える人も多いため、友達を作る必要性を感じられません。

また、一人でいても寂しさや孤独を感じることが少ないです。

そのため、あえて積極的に友達を作ろうとはしないのでしょう。

恋愛に依存しやすい

恋愛に依存しやすい

友達がいない人の特徴として、恋愛に依存しやすいことも挙げられます。恋愛に依存しやすい人は、恋人を優先しがちです。

ときには友達と約束があったのにも関わらずキャンセルし、恋人と会うことも。

このようなことを繰り返していると、周りとの距離ができやすくなります。

恋人との時間も大事ですが、恋愛と友達のバランスは大切です。

他人に興味がない

他人に興味がないのも、友達がいない人の特徴の1つです。

他人に興味がなければ「知りたい」「仲良くしたい」といった気持ちは湧きにくいです。

そのため、他者と深い関わりが持てず、友達ができないことも。

また、相手に「私に興味がない」「どうでも良いんだ」などと思われると、距離を置かれてしまいかねません。

友達がいなくて孤独を感じたときの3つの対処法

一人の時間を楽しむ

友達がいなくて孤独を感じたときの対処法1つ目は、一人の時間を楽しむことです。

寂しさや孤独を他人に満たしてもらおうとしていませんか?

まずは自分で自分の心を埋めてあげることが大切です。

たとえば、音楽を聴いたり、本を読んだり、美味しい物を食べたりなど。

一人で楽しむ方法はいくらでもあります。一人だからこそできることもあるかもしれません。

楽しいことや好きなことをしているうちに、孤独感は緩和されていくでしょう。

気持ちを紙に書き出してみる

気持ちを紙に書き出してみる

「寂しい」「悲しい」「辛い」といった気持ちを、紙に書き出してみるのもおすすめです。

どんなことでも良いため、思うままに自分の感情を吐き出しましょう。

そうすることで自分を客観視でき、気持ちが整理されます。

自分と対話するイメージで、どんどん紙に書き出してみてください。

孤独と向き合うことは、自己理解を深めるきっかけにもなります。

思い切って外に出る

思い切って外に出ることも、友達がいなくて孤独を感じたときの対処法の1つです。

一人で家にいると、ネガティブな思考に陥りやすいもの。そんなときこそ外に出て、気分転換することが大切です。

気になっていたカフェに行ったり、ウィンドウショッピングをしたりするのもおすすめ。

外の空気を感じながら、心を落ち着かせましょう。

友達がいない=恥ずかしいことではない

今回は、友達がいない人の特徴や孤独を感じたときの対処法について紹介しました。

「友達がいない=恥ずかしい」と考える人は多いですが、決してそんなことはありません。

確かに寂しさや孤独を感じやすくなるかもしれませんが、対処法を知っておけば大丈夫。

孤独を感じたときこそ一人の時間を楽しみ、自分と向き合いましょう。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む