何が原因? 若作りに見られてしまう人の4つの特徴

あなたの周りに「若作りしている……」と感じる人はいませんか? 年齢を誤魔化したり、年齢に合わないファッションをしたり……。できるだけ若く見られたいと思っても、若作りをすることで老けて見られる場合があります。

今回はそんな若作りに見られてしまう人の特徴をアンケートを元に解説します。ぜひ参考にしてみてください。

若作りに見られてしまう人の特徴

年齢に合わないファッションやメイクをしている

年齢に合わないファッションやメイクをしている

年齢に合わないファッションやメイクは「若作りしている」と思われがちです。年齢とのギャップが老け見えの原因に……。

「何を着ようが人の勝手なんですが、ある程度年を取ってくるとミニスカートは似合わなくなると思います。女性でも目のやり場に困るし、若作り感が伝わってしまいます……。」(女性/50代/専業主婦)

「60歳の先輩会社員が、ドピンクのふわふわな上着を着ていてさすがに年齢に合わないなと思いました。20代後半の私でも、濃い目のピンクを着るのはかなり勇気がいるので、なかなかすごい若作りだと思いました。」(女性/20代/パート)

若者言葉を無理して使っている

無理して若者言葉を使うと「頑張って若者言葉を使っている感」が出てしまいます。また、意味を理解せずに使ってしまい、周囲から「痛い……」と思われてしまうことも。

「若い人が使っている言葉をよく意味もわからず意識的に使っている上司に対して若作りをしているなと感じたことはあります。覚えたての言葉を必要以上に使うなどの不自然な発言は聞いていてちょっと……。」(女性/20代/会社員)

「無理に若者言葉を使っているのは聞いていてもむず痒く、また話している方もアピールしているのか一際大きな声になるようなので、周囲の人もギョッとしてしまいます。」(男性/40代/会社員)

エステに通っている

エステに通っている

エステに通っていると聞くと美意識が高いと思われがちですが、年齢によっては「エステに通わないと綺麗が保てないのか……」と年齢を感じてしまうこともあります。

「会社の上司から休みの日はエステに行って肌とボディラインのケアをしていると聞いた時は、綺麗を保つためにはそれ相応の努力が必要なんだなと思いました。」(男性/30代/会社員)

「妻は今でも若くいたいというタイプで、よくエステに通っています。綺麗でいてもらえるのは嬉しいですが、年齢はごまかせないので無理をしなくていいのにと思います。」(男性/50代/事務)

SNSに頻繁に投稿している

SNSは若い人が使うというイメージがあるのか、アラフォーアラフィフになってもSNSへの投稿が多いと「若者と同じように投稿して若作りしている」と思われてしまいかねません……。

「38歳の友人はインスタの投稿に一生懸命です。海に行くことが好きな彼女の投稿は、水着の写真を多くアップしていてファンも多いようなんですが、ファンが増えていくごとに彼女の着る服が20代の子のファッションのように変化しています……。」(女性/40代/自営業)

「職場の男性の同僚は、女性の後輩社員からパンケーキの美味しいお店の話を聞かされた後に、食べに行ってツイッターにあげて絶賛していました。SNSに投稿する内容を常に探しているようで必死感があります。」(男性/40代/会社員)

若作りをしていると思われないために

若作りに見られてしまう人の特徴をアンケートを元に解説しました。自分に当てはまる特徴がある人は、一度自分の行動を見直してみた方がいいでしょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む