告白を成功させるには? 理想の場所やシチュエーションをご紹介!

好きな人に思いを伝えるときには、「どこで、どのように」告白するかを悩みます。そして理想的な告白を成功させて、恋愛を成就させたいと思うでしょう。

この記事では、告白を成功に導くであろう場所やシチュエーションやセリフを紹介します。

告白を成功させるには?

誰でも好きな人に告白するときには、どのような場所で、どのようなシチュエーションで告白したらいいかを悩むでしょう。告白するからにはOKしてもらいたい、相手に喜んでもらいたいと思うのは自然なことと言えます。

告白の場所やシチュエーションで、成功率も変わってきます。告白を成功に導くためにも、場所やシチュエーションを考えていきましょう。

告白をするときに理想の場所やシチュエーション8選

楽しいデートの際に告白すれば、成功率も高くなるでしょう。あまり盛り上がらないデートのときには、相手も不機嫌になってしまうからです。そんなときに告白しては、断られることもあるでしょう。

楽しいデートで、お互いのムードが高まっているときが、告白のベストタイミングと言えます。ロマンティックなムードに流されて、良い返事を貰える可能性が高くなるでしょう。ここでは告白するときに理想の場所やシチュエーションを紹介します。

1:初めてデートをした場所

1:初めてデートをした場所

初めてデートをした場所は、二人の思い出の場所と言えます。何度もデートを重ねた二人でも、最初のデートのことは印象に残っているでしょう。二人の出会いや気持ちを、見つめ直すこともできます。ロマンティックな雰囲気にもなりやすく、告白の場所としてはおすすめです。

相手も「告白してくれる?」と感じることもあり、告白しやすくなるでしょう。

2:景色がきれいな場所

景色がきれいな場所は、定番の告白シチュエーションです。そこに行って景色を眺めるだけで、ロマンティックな気分になるでしょう。男女関わらず、景色がきれいな場所で告白されれば嬉しいでしょう。

「告白の場所を選んだ」という気持ちも、相手に伝わります。夜景のきれいな場所なら、さらにロマンティックな雰囲気が高まります。夜景の名所は成功率の高い、理想の告白シチュエーションと言えます。

3:ドライブ中の車内

告白は二人きりの静かなシチュエーションが理想です。ドライブデートの車中なら、誰にも聞かれることがなく、告白にはピッタリです。ロマンティックなデートスポットを回り、ラブソングを流すなど、雰囲気を盛り上げてみてください。

ぐっと雰囲気が盛り上がったところで告白すれば、良い返事が貰えるでしょう。あまり自信がない場合は、帰り道での告白をおすすめします。

4:観覧車の頂上

遊園地は若いカップルに人気のデートスポットと言えます。特に観覧車の中は、二人きりの静かなシチュエーションです。気分も盛り上がりやすいでしょう。

観覧車の頂上が理想の告白ポイントです。二人の間のドキドキと、高い場所にいるドキドキが相まって、雰囲気は最高潮になるでしょう。

ただし、失敗したら観覧車が下りるまで気まずい時間になります。

5:公園のベンチに座っているとき

公園のベンチに座っているときも、おすすめの告白シチュエーションです。会話をしているうちに、自然な流れで告白に持って行くことができます。

照れ屋の方なら、いかにも告白しそうなシチュエーションには怖気づくこともあるでしょう。人の少ない公園くらいが、ピッタリと言えます。

しかし、ある程度のロマンティックな雰囲気は必要でしょう。どのような雰囲気の公園なのか、事前にリサーチしておきましょう。

6:どちらかの家で二人きりのとき

6:どちらかの家で二人きりのとき

どちらかが一人暮らしなら、おうちデートを楽しむカップルも多いでしょう。家の中での告白も、人気のシチュエーションと言えます。外でのデートでは、思わぬ邪魔が入ることもあります。家の中なら邪魔が入る心配もなく、自分のタイミングで告白できます。

おうちデートでリラックスしているときなら、お互いに思っていることを気兼ねなく話せるでしょう。

7:普段よく行く場所

ロマンティックな雰囲気の、ムードのあるシチュエーションは素敵です。理想の告白シチュエーションには、特別感を求める人もいるでしょう。しかし、何気ない普通の日常の中での告白を望んでいる人もいます。

付き合いが長く、信頼関係が築けている二人なら、普段よくいく場所での告白がおすすめです。特別感のないシチュエーションが、かえって真剣さを伝えてくれます。

8:デートの別れ際

告白をするタイミングとして、デートの別れ際もおすすめです。楽しいデートをすれば、帰り道は幸せな気持ちになります。「次のデートはいつかな」と、この先の二人の付き合いを考えることもあるでしょう。

告白する方も、「これからもデートをしたい」という気持ちを伝えやすくなります。デートの別れ際は気持ちが盛り上がっているため、良い返事が期待できるでしょう。

告白をするときにNGな場所やシチュエーション3選

告白の場所やシチュエーションを選ぶときには、相手の気持ちを考えましょう。相手がどのような場所で告白されたら嬉しいかを考えてください。そうすると自然に「二人きりの静かな場所」「ロマンティックなシチュエーション」となるでしょう。

相手のことを思いやる気持ちが、告白の成功率を上げることにつながると言えます。ここでは、告白をするときにNGな場所やシチュエーションを紹介します。

1:人通りの多い場所

1:人通りの多い場所

デートの別れ際での告白をおすすめしましたが、人通りの多い場所はNGと言えます。誰に聞かれているかわからない場所では、相手も答えにくくなります。

相手から「デリカシーがない」と思われてしまう可能性もあるため、告白は二人きりのシチュエーションが理想でしょう。

2:賑やかな居酒屋

賑やかな居酒屋での告白もNGでしょう。ロマンティックなムードのない場所での告白は、「本気かわからない」「軽い」と思われる可能性があります。

また、賑やかな店内では、告白のセリフが聞き取りにくいこともあります。告白に対する返事も、大きな声でしなければいけないでしょう。

お酒の場での告白は、場所を選べば悪くはありません。雰囲気の良いバーや、おしゃれ居酒屋の個室をおすすめします。しかし、酔った勢いを借りての告白はやめましょう。

3:メールでの告白

メールやLINE(ライン)での告白は、男女ともにNGでしょう。メールでは相手に本気度が伝わりづらいと言えます。どれだけ恥ずかしくても、自分の口から伝えることが大切です。

なかなか会えない相手なら、電話で伝えるのもいいでしょう。メールは気軽に連絡がとれるツールです。そのため、メールでの告白は「真剣な告白ではない」と思われてしまう可能性を考えましょう。

理想の告白をするときのポイント3つ

好きな人に告白をするときは、場所やシチュエーションが大切です。

しかし、自分の思いが伝わらなければ、失敗に終わる可能性もあります。どのような言葉を言えば、相手に伝わるのでしょう。理想の告白をするときのポイントは3つあります。

1:告白をするときのセリフを考える

1:告白をするときのセリフを考える

いざ告白となっても、なかなか言葉が浮かばないことがあります。告白するつもりなら、事前に告白するときのセリフを考えておきましょう。

自分の気持ちを言葉にしないと、相手に伝わりません。相手がどのような言葉を求めているのかを考えていきましょう。相手の心を動かすセリフこそが、告白を成功に導いてくれるでしょう。

2:ストレートに伝える

告白する場合は、自分の気持ちをストレートに伝えることが大切です。回りくどい告白をすると、相手が「これは告白なのか」と困ることもあるでしょう。

「あなたが好きです」「付き合ってください」と、ストレートに言ってみましょう。少し気恥ずかしいくらいのセリフがおすすめです。

3:相手の名前を呼ぶ

「〇〇君、好きです」「〇〇ちゃん、付き合ってください」と名前を付けると、さらに気持ちが伝わるでしょう。

相手の名前を呼ぶことが大切です。名前を呼ぶことで、相手に「自分は特別」と感じてもらえるからです。ぜひ、告白のセリフには相手の名前を入れてみてください。

理想の告白を参考に恋愛を成就させよう

男女ともに人気の「夜景のきれいな場所で愛の告白」は、自分がすることを想像すると、恥ずかしいと思うこともあるでしょう。しかし、告白は少し気恥ずかしいくらいがちょうどいいでしょう。

せっかく告白するのなら、最高のセリフとシチュエーションを用意してください。ここで説明した理想の告白を参考にして、恋愛を成就させましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む