男子から告白させるための10個のコツ|相手の好意を確認するポイントも紹介

相手に好意を抱いていても、なかなか告白できない男子は少なくありません。男子から告白させるには、自分に好意があるのかを見極めた上で、効果的なサインを出すことが大切です。この記事を読んで、彼の背中を優しく押す方法を理解し、告白してもらいましょう。

(目次)

告白に対する認識は男女間で違う

告白に対する認識は男女間で違う

男女や人によっては物事において考え方が異なることがありますが、告白に対する認識においても違いがあるといえます。男性は告白のシチュエーションや言葉ばかりを考えがちで「格好いい告白」を目指しているといえるでしょう。

しかし、女性は何も「格好いい告白」だけを求めている訳ではありません。素直な気持ちを表すようにしましょう。

告白に消極的な男子の特徴4つ

告白に消極的な男子の特徴4つ

二人きりでデートをしているのに、なかなか告白してこない消極的な男子は少なくないでしょう。女性の立場からすると、やきもきしてしまうのも無理はありません。

男子から告白させるためには、告白に消極的な男性心理を掴んでおくことが不可欠といえます。ここでは、告白に消極的な男子の特徴について考えてみましょう。

1:告白を必ずしも必要だと思っていない

今の関係に満足しているため、告白を必ずしも必要だと思っていない男子も少なくありません。中には「付き合っている」と思っている男子もいるでしょう。

女性の立場からすると拍子抜けしてしまいますが、あまりにも一緒にいることが当たり前すぎて「今さら告白なんて照れくさい」と思っているのです。

2:性格的に奥手である

性格的に奥手な男子は告白に消極的です。特に恋愛経験が少ない男子は、奥手であるだけでなく告白の方法がわからないことも少なくありません。

また、「女性の前で恥ずかしい思いをしたくない」といった気持ちがあるともいえます。好きな女性とお付き合いできる喜びよりも、不安の方が勝ってしまっている男性心理だといえるでしょう。

3:失敗したときのリスクを考えている

失敗したときのリスクを考え過ぎてしまい告白に消極的になる男子も多くいるでしょう。あなたのことが嫌いな訳ではありません。

好き過ぎるからこそ、今の関係を壊したくないと考えているのです。つまり、恋人同士の関係よりも、友達としての関係を維持したいという男性心理だといえます。

4:彼氏や彼女という関係にこだわりがない

告白に消極的な男子の中には、彼氏や彼女という関係にこだわりがない人もいます。こういった男子には最初から「告白する」という概念がないといえるでしょう。

こういった男子は他にも同じような関係の女性がいることも十分に考えられます。深入りする前に、しっかりと関係を確認しておいた方が良いといえるでしょう。

男子からの告白に求めるもの4つ

男子からの告白に求めるもの4つ

いざ女性に告白しようとしても「どうすればいいのかわからない」「失敗したらどうしよう」と悩んでしまう男子も多いのが実態です。しかし、告白しなければ何も始まりません。

告白を成功させるには、女性が男子からの告白に求めるものを理解しておくことが大切といえます。ここでは、告白したい男子が理解しておきたい、女性が告白に求めるものを解説します。

1:一途な気持ち

女性が男性からの告白に求めるものは「一途な気持ち」でしょう。恋愛シーンでは、考えている以上に「自分のことだけを好きでいてほしい」と思う人が多いでしょう。

つまり、告白するときには、「あなたのことしか頭にない」「特別な存在」であることを伝えることが大切です。一途な気持ちが相手にしっかりと伝われば、告白が成功する可能性はアップするでしょう。

2:相手に真剣に向き合う態度

告白の場面で、その場限りの感情に流されることは少ないといえます。相手から告白されると、「本当に自分のことを大切にしてくれるのか」を見極めているでしょう。

したがって、女性に告白するときには、相手に真剣に向き合う態度を伝えることが大切です。緊張してしまってもセリフを噛んでしまっても構いません。

「相手の目を見て真面目に告白する」「自分の想いをしっかりと伝える」といった誠実さ、実直さを伝えることを心掛けましょう。

3:特別な雰囲気

男子にとっても女性にとっても「告白」は特別なものです。二人だけの思い出にするためにも「特別な雰囲気」を作ることが大切だといえるでしょう。

特別な雰囲気作りが告白の成功率にも影響します。基本は二人きりになれる場所で、さらに夜景のキレイな公園や少し背伸びをしたレストランなど、相手の気持ちが盛り上がる場所を選びましょう。

4:気持ちに素直な言葉

いざ「告白」となると、どういったセリフで告白するか、あれこれと考えてしまうものです。ネット上には「彼女の心を動かすセリフ」が数多くアップされており、迷ってしまう人も多くいるでしょう。

基本的には、自分の気持ちに素直な言葉を選びましょう。多くの人は、どんな着飾った言葉よりも、相手のストレートな気持ちを言葉にしてほしいと考えているでしょう。まずは、自分の気持ちを素直に伝えることを心掛けましょう。

男子からの好意が表れるポイント9つ

男子からの好意が表れるポイント9つ

男子から告白されたいと思っても、好意を寄せられていないと告白されることはありません。言い換えれば、いくら告白させようとしても好意を寄せられていないと無駄な努力になってしまいます。

男子に告白させるためには、男子からの脈ありのサインを見極めることが大切です。ここでは、男子からの好意が表れるポイントについて紹介します。

1:メッセージに絵文字が増える

LINEやメールのメッセージに面白い絵文字やスタンプが増えると、好意を寄せられている可能性は高いといえるでしょう。好意のある相手に対しては、何かとアピールしたくなるものです。

メッセージ一つをとっても「何とか彼女の気をひきたい」「気に入られたい」と思って書いているでしょう。その結果、普段であれば「!」で済ませるところを、面白い絵文字やスタンプを使っているといえます。

2:近況をよく尋ねるようになる

男子から近況をよく尋ねられるようになると、好意を寄せられている可能性が高いといえるでしょう。具体的に「週末はどうしてる?」と聞かれる場合もあれば、「最近どう?」と漠然と近況を尋ねられる場合もあります。

これは、好意のある女性を「デートに誘いたい」もしくは「彼氏がいるのか知りたい」といった心理が働いているからだといえるでしょう。

3:よく自分の話をする

聞いてもいないのに、やたら自分のことを話したがるのも、好意を表すサインでしょう。自分のことを少しでもあなたに知ってもらいたいと考えているといえます。

また、自分がフリーであることをアピールしている場合も少なくありません。多少「痛い」アピールの場合もありますが、男子の健気な想いであることを理解してあげましょう。

4:長文のメッセージが増える

LINEやメールに長文のメッセージが増えるのも、相手に対する好意が表れるポイントといえます。男子は好意のある女性には「自分のことを知ってほしい」と思う傾向があるでしょう。

そのため、簡単なLINEやメールのメッセージであっても、ついつい長文になりがちです。また、メッセージの内容も女性を気遣うものが増えるのも特徴だといえるでしょう。

5:よく褒めるようになる

好意を持った相手に対しては、よく褒めるようになるでしょう。職場であれば、あなたの仕事ぶりやちょっとした気遣いに対して、さりげなく褒めてくれることが増えるでしょう。

褒めることができるのは、相手をよく観察している証です。相手のことをしっかりと見ていないと褒めることはできません。したがって、男子から褒められることが増えたら、好意を抱かれている可能性が高いといえるでしょう。

6:デートの誘いが増える

デートの誘いが増えると男子からの好意のサインだと考えて良いでしょう。男女問わず、気になる相手とは「会いたい」と感じるのは同じです。

直接会うことで、相手のことをもっと知りたいと感じるのは自然なことだといえます。言い換えれば、デートでなくとも何かと理由を付けて「会いたい」と誘いが増えるようであれば、少なくともあなたに対して好意を持っているサインです。

7:メッセージの返信が速くなる

多くの男子は好意のある女性からのLINEやメールに対して、メッセージの返信が早くなります。例え仕事中であっても、好意のある女性からLINEやメールが届くと、嬉しくてすぐに返信してしまうでしょう。

ただし、礼儀正しい男子の場合、誰にでも返信が早いことも考えられます。共通の友人がいれば、返信の速さをリサーチしてみると良いでしょう。

8:相手の好きなものを覚えている

男子は、好意のある女性の好きなものをよく覚えています。食事などの趣向をよく聞いてくるのも特徴でしょう。また、デートでは女性の趣向をよく覚えていて、好みに合わせたレストランなどを予約してくれることが期待できます。

男子は基本的に好意のある女性の好きなものを知りたいと思うのが一般的です。これは、好意のある女性のことは全て知りたいといった心理が働いているといえるでしょう。

自分の好きなものを聞いてきたり、よく覚えていたりする場合は好意を抱かれている可能性が高いといえます。

9:相手を気遣うようになる

男子から「大丈夫?」と気遣いの言葉を投げかけられるようだと、好意を持たれている可能性は高いといえるでしょう。好意を持っている女性にしか気遣いを見せない男子もいます。

余程マメな男性でない限り、女性に対して本気で「大丈夫?」と心配することは多くはないでしょう。言い換えれば、その女性に対して好意を持っているからこそ、少しの変化にも敏感に気付き心配になるといえるでしょう。

男子から告白させるためのコツ10個

男子から告白させるためのコツ10個

男子からの告白をずっと待っているのは、決して得策ではないでしょう。待っている間に時期を逸してしまい、友達関係すら自然消滅してしまうこともあるといえます。

相手からも好意のサインが出ていると感じたら、告白させるよう仕向けることが大切です。ここでは、男子から告白させるためのコツについて紹介します。

1:自然と相手を褒める

男子から告白させるには、自然と相手を褒めると効果的でしょう。なかなか告白できない男子の多くは、奥手で自分に自信がないといった特徴を持っているといえます。

そこで、ちょっとしたことでも自然と褒めることで、自信を持たせることにチャレンジしてみましょう。好意を寄せる女性から褒められて、悪い気になる男子はいません。ただし、大げさな褒め方はマイナスです。さりげなく自然と褒めることがポイントだといえます。

2:押したら引いてみる

男子に危機感を抱かせることも、告白をさせるには有効な方法です。女性から様々なアプローチを試みても、なかなか上手く告白されないことも少なくありません。

男子は好意のある女性からアプローチされることで安心してしまい、告白を先送りしてしまうこともあります。また、自分の気持ちに確信が持てていないこともあるでしょう。

そこで、少し彼との距離を置くことで、気持ちを再確認させる機会を与えてみましょう。いわゆる「押したらひいてみる」といった方法です。

3:気が合っていることをアピールする

男子は、気が合う女性に恋愛感情を抱きやすくなるでしょう。男子は女性から共感されたり、「気が合うな」と感じたりすると親近感がわきやすく、やがて恋愛感情に発展することも少なくありません。

つまり、気が合っていることをアピールすることで、告白を促すことが可能となります。男子の話にしっかりと耳を傾け、ときおり「私もそう思うよ」と相槌を打つだけでも十分に効果的です。

4:恋バナをして意識させる

恋バナをして、恋愛対象であることを意識させることも有効な方法です。ただし、単に過去の恋愛話をするだけでは告白に結び付けることはできません。ましてや、嫉妬させようと他の男性の話を持ち出すのはNGです。

例えば、互いにタイプの異性の話で盛り上がった後、「○○くんと付き合ったら楽しいだろうな」など、際どい言葉を投げかけてみましょう。彼をドキッとさせることで、一気に関係が進展することも少なくありません。

5:告白してほしいことをストレートに伝える

奥手な男子だと、女性からの好意に気付いていても、なかなか告白できないものです。いろいろな方法で告白させようとしても、全く動じないケースも少なくありません。

奥手でシャイな男子には、告白してほしいことをストレートに伝えてみましょう。女性の立場からするとリスキーな方法ですが、無駄に時間をかけるよりは可能性があるでしょう。ただし、相手が本当に好意を寄せてくれているのかを、しっかりと見極めることが大切です。

6:相手に好きであるサインを送る

相手に自ら好きであるサインを送る方法も有効です。多くの男子はフラれることを非常に恐れているでしょう。自分が傷つくのが怖いと考えるのが男性の本音だといえます。

そこで、彼に好意があることを伝え、安心して告白できるシチュエーションを作ると告白されやすくなります。ただし、わかりにくいサインだと気付かれないことも少なくありません。

したがって、相手が好きであることを伝えるサインはわかりやすいものにしましょう。例えば、さりげないボディータッチなどは、相手にわかりやすいサインだといえるでしょう。

7:デートをする機会を作る

 男子から告白させるには、まずは「会う」ことが大切です。デートをする機会を多く作ることを意識しましょう。女性からデートに誘うのもアリですが、自分から切り出せない人も少なくありません。

 そこで休日は暇であることをアピールしましょう。また、「○○に行きたい」「○○が食べたい」など、具体的な話題を振ってデートに誘いやすい場面を作るのも効果的です。

8:告白しやすいムードに誘導する

女性から告白しやすいムードに誘導するのも、告白させるには有効な方法の1つです。「二人きりになる」「夜景のキレイなスポットに誘う」「おしゃれなレストランで食事する」など、告白しやすいムードを作ることでお互いの気分を盛り上げましょう。

また、会話の中でも「私のことをどう思ってるの?」など、告白のきっかけとなるような言葉を投げかけても良いでしょう。

9:さり気なく目を合わせる

「目は口ほどにものをいう」とされていますが、恋愛においても同じです。目を合わせることで相手に気持ちが伝わり、やがて恋愛対象として意識してもらえることは少なくありません。

さりげなく目を合わせることで、男子はあなたの気持ちを確信するようになります。また、目が合った時には笑顔で応えるとさらに効果的でしょう。

10:彼氏が欲しいことを伝える

彼氏が欲しいことを伝えるのも告白を促すには良い方法です。しかし、露骨に「彼氏が欲しい」と伝えるのも気が引けるでしょう。まずは、彼氏がいないことをさりげなく伝えてみましょう。

案外、「彼氏がいる」と誤解されている可能性もあり、彼氏がいないことを伝えると告白されることもあります。それでも彼が告白してこないなら、「彼氏がいなくて寂しい」とアピールしてみましょう。

また、期間を限定しておくと、男性に「急がないと」と思わせることができるため、さらに効果的です。

男子からの信頼できない告白8選

男子からの信頼できない告白8選

告白をすれば必ずOKをもらえる訳ではありません。

一方、気になる男子から告白されても、必ず幸せな恋愛関係になれるとは限りません。中には女性からの好意を感じ取って、好きでもないのに告白する男性もいるでしょう。ここでは男女とも注意すべき、男子からの信頼できない告白について解説します。

1:相手からの好意を感じられない段階での告白

相手からの好意が感じられない段階での告白は、当然のことながら「信頼できない」となります。男子からすれば気持ちが溢れて「告白せずにはいられない」状況でしょうが、一旦冷静になることが大切です。

女性が好意を感じていない男子から告白された場合、曖昧な態度を取らずにキッパリと断ることが、後々、トラブルにならないためにも重要だといえるでしょう。

2:関係が深まっていない段階での告白

関係が深まっていない段階での告白も女性から断られる可能性は高くなります。男子からすれば「好意があればOKじゃないの?」と思ってしまいがちですが、実際はシビアでしょう。

本当に相性が良いと確信するまでは、好意を持っていてもすんなりOKという訳にはいきません。場合によっては、告白よりもキスが先になることもあります。しっかりとタイミングを見極めて告白しましょう。

関係が深まっていない段階で告白を受けた際は、少し返事を保留するなどして気持ちを確信してからOKを出しましょう。

3:相手の気持ちを尊重しない告白

相手の気持ちを尊重しない告白は、せっかくの恋心を冷めさせてしまうでしょう。勇気を出して告白した際には、すぐに返事をもらいたいと思うものです。しかし、気持ちが固まっていない相手に返事をせかすのは、自分勝手だといわざるを得ません。

あなたの気持ちを尊重しない自分本位な告白を受けた際は、少し時間をかけて返事をしましょう。お付き合いを始めても、自分本位な行動を取ることが予想されるため、十分に見極めることが大切です。

4:他に気になる女性を匂わせる告白

他に気になる女性がいることを匂わせるなら、告白は自重しましょう。

いくら気をひきたいからといっても、他の女性の影をチラつかせるのはフェアではありません。誠意を持って告白するのが大人の恋愛マナーといえるでしょう。

5:失恋のショックを避けるための曖昧な告白

失恋のショックを避けるために、曖昧で回りくどい告白をする男子は少なくありません。しかし、女性からすれば何が伝えたいのかが理解できず、結局フラれてしまうこともよくあります。告白するなら、ストレートに想いを伝えましょう。

曖昧で回りくどい告白はイライラするものでしょう。曖昧で回りくどい告白を受けてしまうと、返事に困ってしまいます。こういった場合には、ハッキリとストレートに伝えて欲しいことを相手に伝えましょう。

6:場所を意識しない告白

場所を意識しないで告白すると、「デリカシーがない人」だと思われてしまうでしょう。例えば、大勢の人がいる前で告白されて喜ぶ人は、少数だといえるでしょう。飲み会の席などで酔った勢いで告白するなど、言語道断だといえます。

場所を意識しない告白を受けた場合は、いくら相手に好意があっても考えものです。お付き合いを始めても、二人だけの秘密が皆無になるだけでなく、知られたくないことまで知られてしまう可能性もあることを覚悟しておきましょう。

7:LINEや電話での間接的な告白

好意を寄せている女性に告白するのは、とても緊張することです。しかし、LINEや電話での間接的な告白では「誠意」を伝えることはできないでしょう。いくら緊張しても、面と向かって告白しましょう。

女性の立場からすると、LINEや電話での告白はガッカリするものです。そのため、本当に好きな男性であれば、直接告白して欲しいことを伝えてみましょう。勇気を出して直接告白してくれるなら、再考もアリです。

8:飾りすぎた告白

いくら告白を成功させたいからといって、飾りすぎた言葉では女性の心は動かせません。飾りすぎた告白は「信用できない」「嘘っぽい」と思われるのがオチでしょう。

好意を寄せていた男性から飾りすぎた告白をされた場合は、男性の真意を問いただしてみましょう。単に照れ隠しの場合もあるため、素直な気持ちで告白してほしいことを伝えるのが得策です。

男子から告白される効果的な方法を実行してみよう

男子から告白される効果的な方法を実行してみよう

告白に対する認識は、男女で違う場合もあるでしょう。待っているだけでは恋愛は成就しません。

まずは、男子が好意を寄せてくれているのかを見極めましょう。好意があることがわかったら、男子から告白される効果的な方法を実践して彼の背中を押してみましょう。

なお、男子から告白された際には、その方法から相手が本気であるか否かをしっかりと見極めることが大切です。信頼できない告白をされたときには、少し返事を保留するなどして熟考しましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む