エスコートされたい♡ 女性がときめく「上品な男性」の特徴7つ

世の中には様々な男性のタイプがいますが、ふとした瞬間に上品や育ちが良いと感じる瞬間があります。個人で感じる瞬間は違うかもしれませんが、誰が見ても上品に感じる男性もいるでしょう。ここでは、上品な男性に認定される特徴やポイントについて紹介します。

上品な男性は好まれる?

そもそも上品な男性は好まれるのでしょうか? 「品がある」とは、自分の生き方に芯があり、周囲に振り回されることなく、正しく生きる人のことです。

自分の中にある軸がしっかりしているため、相手に関わらず素直に人と接することができます。そのため、他の男性と比べた時に上品な男性は素敵に見えるだけでなく、感じられる気高い感じや雰囲気、内面の強さなどから素敵だと思われるでしょう。

人の世沢や未熟さのある人を守ってあげたいと思う女性もいますが、既に経験や成長から誕生した余裕が品となって現れます。このようなことから、上品な男性の魅力が好きという女性も多いのです。

上品な男性の特徴やポイントは?

では、上品な男性にはどのような特徴やポイントがあるのでしょうか?

言葉遣いがキレイ

上品な男性の特徴として、言葉遣いが挙げられます。今は毎年様々な流行語が誕生していますが、このような流行語を使いすぎるのではなく、言葉の持つ美しさを理解して使っているのが特徴です。

言葉の使い方、言い方は人に対しての印象を変えます。少し荒っぽい言い方や感情のこもらない言い方では、上品さは感じられません。言葉の使い方が自然でキレイな男性からは、上品さも感じるでしょう。

清潔感がある人

清潔感も上品さに関わる特徴の1つです。自分自身の身なりにも気を遣えるということは、自分のことをよく知っていて余裕がある証拠です。

ここで間違えやすいのは、清潔感があるのは高級なものを身に付けているという意味ではありません。シャツがヨレていない、ほつれていない、靴やカバンが手入れされている、ヘアスタイルが整っているなど、身だしなみが不快に感じるかどうかがポイントです。

清潔感がある男性は、品の良さも備わっている可能性が高いでしょう。

キレイな食べ方をする

上品さは食事の時にも表れます。箸の持ち方や汁物を食べる時の音、お皿の持ち方などにおいて、余分な動作がなく、スマートに食べられるのが本物の上品な男性の特徴です。

魚と食べた時など、お皿の上に骨や皮が散らかっていないかなどをチェックすると分かります。

見た目や行動は意識すると上品に見えるかもしれませんが、食事に関しては意外と品が出てしまいます。他にもひじをついていないか、姿勢が悪くないかなどでも判断できます。上品な男性は、食事前から食事後まで全てスマートにするでしょう。

立ち居振る舞いがキレイ

上品な男性は、立ち居振る舞いもキレイにこなすのが特徴です。歩く時や扉を閉める時、また物を渡す時にも品の良さが現れます。バタバタ歩いたり、扉を勢いよく閉めたり、物を渡す時に片手でサッと渡したりする男性は、立ち居振る舞いがキレイとは言えません。

感情は行動と関係することが多いので、常に丁寧で落ち着いた男性かどうか判断できます。

挨拶が身に付いている

上品な男性は、挨拶も礼儀正しくキレイにできるのがポイントです。その場に応じた挨拶ができるのは、礼儀がしっかり身に付いている証拠です。どのような状況であっても、何をするのが一番なのか瞬時に判断できるので、自然な挨拶や対応が可能なのです。

誰に対しても同じような品のある挨拶ができ、態度を表に出すことがないので、社会生活においての常識や教養なども備わっています。適した挨拶によって周りを不快にさせることがないのは上品な男性の特徴でしょう。

周囲に気配りできる

上品な男性は、常に周囲に気配りできるのが特徴です。その場の空気を読んでいるので、周りの人の行動から瞬時に何が必要なのかを判断できます。そのため、相手を気遣うような「お先にどうぞ」や「失礼しました」などの言葉もスムーズに使いこなせるのです。

ただ、このような言葉を使うだけでなく、その場の状況を見極めてできる男性こそが気配りできる本物の上品な男性でしょう。

物を丁寧に扱う

上品な男性は、物を丁寧に扱うので物持ちも良いです。また扱う時にも丁寧なので、ドンっと置いたり音を立てて物を触ったりすることもありません。

大事に扱うことから品の良さが伺えるだけでなく、物への気遣いも感じます。人だけでなく、物にも大切さや丁寧さを備えている男性こそ、上品な男性だといえるでしょう。

おわりに

物を丁寧に扱う

ここまで、上品な男性の特徴について紹介してきました。上品な男性は見た目だけでなく、行動や言葉からも上品さを感じます。中には見た目だけ上品で、知っていくうちに品の悪さを感じる男性もいると思います。

そんな時は、この記事を参考にして上品な男性の条件や中身を比べてみましょう。誰に対しても優しく丁寧な男性こそ、本物の品があるということを忘れないでくださいね。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む


close