あなたを大切にしてくれる♡ 一途な男性の特徴6つ

本気で付き合いたいと思ったとき、一途に愛してくれる男性を求める女性はとても多いものです。では、どうやったら付き合った後に男性が自分を一途に愛してくれるかどうかを見極められるのでしょうか。

付き合ったら、一途になる男性の特徴を詳しくご紹介していきたいと思います。

ささいなことを覚えていてくれる男性

ささいなことを覚えていてくれる男性

何気ない会話や、メッセージのやり取りであなたがいったことを時間がたっても覚えていてくれる男性は一途に一人の女性を愛することができるようです。

なぜなら一人の人と真剣に向き合い、その人に対して誠実に接しているからです。話をきちんと聞いていてくれている、あなたが何が好きで何が嫌いか、何をしたくてどこに行きたいと思っているかなど細かいところまで覚えていてくれて、さりげなくかなえてくれるような男性は誰に対しても一途になれる素質を持っているでしょう。

あなたが飼っているペットの名前や、誕生日、記念日、好きな芸能人や、好きな男性のタイプなど本当にたいしたことがない話を覚えている人ほど信頼度は高いです。

店員や周りの人に対する態度がきちんとしている男性

誰に対しても敬意をもって接することのできる人は、一途に人を思うことができるでしょう。自分より目下の人や、店員に対しても見下したような態度をせずに丁寧に接することができる人は、将来あなたと付き合ったり結婚した後もあなたのことを一人の人間として敬い尊重してくれることでしょう。

自分が客だから、自分のほうが立場が上だからといって相手を選んで態度を変える人は信用できません。

相手の立場に立って考えられる人のほうが浮気をする率は低いのです。また、「ありがとう」「ごちそうさま」「いただきます」などがきちんといえる人だとより良いですね。相手に対する感謝の気持ちや、自分の気持ちを素直に表現できる人は成熟した大人の考えを持っているとも言えます。

簡単なようで、なかなか自然にできる人が少ないのでデートの際によく観察してみてください。

友達づきあいが狭く深い男性

友達づきあいが狭く深い男性

たくさん友達がいる男性、周りにいつも人が多い男性は魅力が高いと思いがちですが、実は一途かどうかを考えたときはちょっと違います。

友達は少なくても長く続いている友達がいる男性や、親友と呼べる人が一人でもいる男性は一途に人を愛することができる人です。相手の良いところも悪いところも受け入れることができているということでもありますし、自分のいろいろな面を相手に見せることができる男性でもあります。

親友のためならどんなことでもするという面を見ることができたら、付き合った相手に対して同じように接してくれるということがわかります。大切な人のためには自分の労力を惜しまないという人が恋愛においても一途であるといえるのです。

たくさんの友達に囲まれている人はそうではないというわけではありませんが、男性が一途であるかどうかを見極めるときには人数の多さや派手さではなく、どんな友達がいるか、彼のためにどのくらい尽くしてくれる友達がいるかというのをきちんと観察してみてください。

家族と仲が良い男性

一途に一人の人を愛せる男性は、家族との仲が良いという特徴があります。家族は一番信用できる身近なコミュニティーです。

小さなころから親や兄弟と信頼関係を築いて助け合ったり、励ましあったり、冗談を言い合ったりして過ごしてきた人は人のことを信用することもできますし、また反対に信用される幸福感も知っています。

もちろん付き合った相手や結婚相手に対しても家族と同様に大切に信用できる相手として接してくれることでしょう。

感情をむき出しにしない男性

嬉しい時は思い切り喜んでもいいのですが、とくに怒った時をよく観察してみてください。怒りに任せて怒鳴ったり、物を投げたり殴ったりする男性は言語道断。

自分の感情に支配されてしまい、自分のことしか考えられなくなってしまっているようでは一途とは程遠いでしょう。どんな時も冷静に自分自身を見つめることができる人のほうが、一途に人を愛することができるでしょう。

怒り出したら人の話を聞けない、なだめても気が収まらないような人は真剣な交際には向いていないかもしれません。

いつも自分は周りからどう思われているか、自分がこうしたら周りの人はどう思うか、怖がらせてしまわないかなどを考えられる人のほうが一途になりやすいでしょう。

物を大切にする男性

物を大切にする男性

大切なものや、気に入ったものを長く使うことができる男性は一途に一人の人を愛することができるでしょう。

古くなったから、汚くなったからと言ってすぐに買い替えたり、捨ててしまうような人はものに対する愛着が薄いかもしれません。人も物と同じで、物に執着や愛着がない男性は人との縁も簡単に切り捨ててしまうようなことがあるのです。

一人の人をずっと大切にできるかというのが、物がもしも壊れてしまっても気に入っているから愛着があるから大切に長く使おうという気持ちと同じだと考えられます。

一つのものを修理したり、細かなメンテナンスをして使い続けることができれば、一人の女性をずっと大切に思い続けることができるでしょう。新しいものが好きで、次々と買うことが悪いことというわけではないのですが、執着心という点をよく観察してみてください。

使っているものは新しくてきれいなものばかりでも、初めてのお給料で買った時計をずっと捨てられずにいる人は一途な面があるといっていいでしょう。

Written by miichikin

miichikinの他の記事を読む