あざといけど可愛い…!男性から人気が高い女性の特徴とは

男性からアプローチされることが多い人は、無意識のうちに相手を惹きつけているかもしれません。そのような女性をあざといと言い、思わず魅了されてしまう男性が増えているようです。そこで今回は、男性が「あざといけど可愛い」と思う女性の特徴や人気をみていきましょう。

あざと可愛い女性の特徴

女性らしい

あざとい女性は同性から好かれないイメージが強いです。しかし、最近では異性のみならず同性から高い支持を得ているあざと可愛い女性たちがいます。

芸能界でもあざと可愛い女性が増えており、その美意識の高さから同じ女性の間で憧れの的として見られているようです。計算高い一面はありますが、そんなところも魅力的に見えてしまう女性には一体どのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、男性からの印象が良いあざと可愛い女性の特徴についてご紹介します。

外見の特徴

同性から見ても女性らしい柔らかな雰囲気をまとっており、周囲の人々には親しみやすい印象を与えます。服やメイクなども男性ウケの良い可愛い系の色やデザインを取り入れているため、異性からの人気が高いのが特徴です。

基本的にメイクは透明感のある肌質になるように意識しているため、ナチュラルメイクの女性が多いです。服はパンツスタイルよりもスカートやワンピースなど、フェミニンな雰囲気のコーディネートが多く、異性からの好感度が高い女性らしいスタイルを好みます。

また、コーディネートを考える上で露出する部分も意識しますが、上品さも忘れず服を選んでいるため、その絶妙なバランスが男性を魅了しています。

性格の特徴

あざと可愛い女性は性格が悪いのではないかと思われがちですが、実はそうではありません。自分の可愛い部分や魅せ方を誰よりも知っているため、相手にアピールするのが上手です。あざと可愛い女性は恋愛経験が豊富なこともあり、観察力が優れているため、男性が喜ぶポイントもしっかり押さえています。

一見、悩みなどなさそうに見えますが、実はあざと可愛い女性は人一倍努力をしています。周囲の人々に愛されるため、日々の努力を怠りません。

仕草の特徴

いつも明るく振舞っているため、周囲には親しみやすい印象を与えています。愛嬌があるため、自然と周りに人が寄ってきやすく、男女問わず人気がある女性もいるようです。

また、男性が思わずドキッとしてしまうような仕草を自然にできるため、相手と仲を深めるのも得意としています。あざと可愛い女性は周囲をよく観察しており、その時の状況に応じて柔軟な対応が可能です。そんな気の利く一面も男性から愛される理由の一つです。

なぜ人気が高いのか

仕草の特徴

では、一体なぜあざと可愛い女性は多くの男性から好かれているのでしょうか? ここでは、好感度が高い理由について詳しくご紹介していきます。

相手に気持ちを伝えるのが自然体

自分の魅力的な部分を最大限に引き出せるよう努力を惜しまず、日頃から自分磨きをしているため、周りよりも恋愛経験が豊富な傾向にあります。異性と関わることに慣れていることから、相手に自分の気持ちを伝えるのも自然です。

その場の雰囲気や会話の流れでアピールするのが上手く、相手の心に響くような言葉を選んで気持ちを伝えています。

聞き上手

男性の多くは自分の意見が否定されたり、無関心な態度を取られることを嫌います。あざと可愛い女性は男性の心理をよく理解しているため、相手のプライドを傷つけるようなことはしません。

臨機応変な対応も得意としているため、その場で自分がどのようなリアクションを取れば相手が喜んでくれるのかといったこともすぐに考えられます。

基本的に聞き上手であり、たとえ興味のない話題だったとしても嫌な顔一つせず聞いています。あざと可愛い女性は適当な一面も持ち合わせているため、「聞いているフリ」も上手です。

女性らしさがある

多くの男性から支持されているのは、見た目に気を遣っていることも一つの理由です。日頃から派手に着飾るのではなく、女性らしさを感じられる服やメイク、立ち振る舞いを意識しています。

あざと可愛い女性の人気が高いのは、その人の努力の結晶であると言っても過言ではありません。綺麗になるための努力は惜しまないため、多くの人々から高い支持を得ているのです。

おわりに

女性らしさがある

今回は、男性から絶大な支持を得ているあざと可愛い女性の特徴や人気の理由についてご紹介しました。愛される理由があるのはもちろん、本人の努力が多くの人を魅了しているのです。

これまで、異性からの人気が圧倒的に高いかと思われていましたが、実は同性からの人気も非常に高まっていることが分かります。アピールしたい男性がいる人は、ぜひあざと可愛い女性を目指してみてください。

Written by 早紀

男性に聞いた「ただのブス」と「ブスでもモテる女性」の違い3つ ▶

早紀の他の記事を読む