「初頭効果」とは? 恋愛と仕事で有利になる初頭効果の活用例6つ

人とのコミュニケーションにおいて、第一印象の重要さはよく知られるところ。短い時間でいかに良い印象を相手に与えるかは、心理学の「初頭効果」をうまく活用するのがおすすめです。ビジネスでも恋愛でもシーンを選ばず活用でき、かつ人間関係をスムーズにできる初頭効果について、詳しく紹介します。

初頭効果とは

初頭効果とは

「初頭効果」とは、最初に受けた情報が後の印象や判断に大きな影響を与える心理学的な現象のことをいいます。要するに、人や物事に対する第一印象が、その後もずっと持続するということです。

この興味深い現象は、1946年にポーランド出身の心理学者ソロモン・アッシュ氏によって初めて研究されました。そのため、ビジネスや恋愛などコミュニケーションが必要なシーンにおいては、とにかく第一印象を良くすることが重要です。

良い第一印象を与えられると、その後も相手から見て魅力的な人として評価される可能性が高くなります。初対面の相手と会う時や、新しい環境で自分(自社)をアピールする際には、この初頭効果を意識することが大切です。

ソロモン・アッシュ氏による実験内容

上述した、ソロモン氏による実証実験の内容を紹介します。この実験で明らかになったのは、人物の特性を表す形容詞の順番が、どれだけ印象に影響を与えるかというものでした。

例えばAさんという人物の特性を「知的、勤勉、衝動的、批判的、頑固、嫉妬深い」と紹介したとき、多くの人はAさんに「好印象」を持ちました。

次にBさんの特性を「嫉妬深い、頑固、批判的、衝動的、勤勉、知的」と紹介します。すると多くの人がBさんに対して「悪印象」を持ったのです。

よく見てみると、2人の特性はまったく同じ。ただ並び方を変えただけです。この実験でわかる通り、特性自体は同じでも、その順番によって人々の印象が大きく変わってしまいます。

だからこそ第一印象は非常に大切。とくに新しい環境や初対面の人の前では、どのように自分を紹介するかで持たれる印象を決定づけてしまうこともあるのです。

初頭効果の活用例:恋愛編

初頭効果とは

初対面の場合、出会って数秒で印象が決まると言われています。合コンなどの初対面同士で集まる場では、とくに「初頭効果」をしっかり意識することが重要です。

具体的には、以下の点に気をつけましょう。

清潔感

相手に好印象を与えるかどうかは、見た目がかっこいいとか可愛いとか以前に、清潔感が鍵を握ります。

服がしわだらけでないか、バッグの中がごちゃついていたりゴミが入っていたりしないか、靴が汚れていないか。また、香りの強い香水を嫌う人も少なくないので気をつけましょう。

第一印象の段階で清潔感がない、なんとなく不潔っぽいとみなされると、そのイメージがずっとついて回ります。当然、恋愛に発展するのは難しくなるでしょう。そんな悲しいことにならないためにも、清潔感はマストで気をつけましょう。

元気で明るい態度

とくに合コンの場では、明るくてノリが良い、話が合うといった特性がプラスに働きます。逆に暗くてつまらなそう、喋っていても会話が続かないかも…… と思われてしまえば、なかなか人が寄ってきません。

もし明るさやノリの良さに自信がなければ、笑顔だけは絶やさずにいるべきです。場を盛り上げる面白い話ができなくても、ニコニコしていれば「楽しんでいるみたい」という雰囲気は伝わります。それだけで話しかけやすさもぐんとアップするので、笑顔はとにかく忘れずに。

自分を偽らない

ひとつ注意点があります。初対面で無理に自分を偽ると、その後がややこしくなる可能性があるのです。例えば、初めての出会いは好印象だったけれど、2回目で全然違う印象を与えてしまったらどうでしょうか。そのギャップで逆に印象がダウンしてしまうこともあるでしょう。

初頭効果を狙い第一印象を良くすることは大事ですが、その後も続く自分でいることが一番です。

初頭効果の活用例:ビジネス編

自分を偽らない

ビジネスシーンでも初頭効果は活用できます。初対面で「この人、信頼できそう!」と思わせるには、第一印象をコントロールすることが大切です。

具体的には、以下のポイントに気をつけてみましょう。

見た目を整える

服装の与える印象は馬鹿にできないもの。話す内容は同じでも、びしっとスーツを着こなしている人とTシャツにサンダル姿の人とでは、相手の聞く耳も変わってきます。TPOに応じた服装を選ぶことは、自分の印象をコントロールしつつ相手に敬意を払うことでもあります。ぜひ場に適した見た目を意識しましょう。

ハキハキと喋る

小さな声でぼそぼそ話す人を目の前にして、「この人、信頼できそう!」と思えるでしょうか。たぶん、難しいですよね。自分や自社の商品をアピールする場では、いつもより少し元気に高めの声を出すよう意識すると良いでしょう。語尾まではっきり言い切ることで、頼もしさがアップします。

一番の推しポイントを最初に紹介する

とくにこちらの商品やサービスに興味を持っていない相手に営業をかける場合は、初頭効果が役立ちます。つまり、その商品の一番のおすすめポイントを最初に持ってきてプレゼンするのです。

「この商品は○○の点で優れています! その分、価格は少しお高めですが……」といった調子ですね。第一印象で一気に興味を引き、話に引き込んでいく手法です。そうしないと、そもそも話を聞いてすらもらえません。

まとめ

まとめ

さまざまなシーンにおいて、初頭効果を意識することでコミュニケーションを有利に進めることができます。第一印象はその人の印象を決める重要な要素ですので、ぜひ使いこなしてくださいね。

Written by 七尾なお

上品なアラフォー女性になるためにするべきこと12個 ▶

七尾なおの他の記事を読む