大切にした方がいい人の特徴5つ! 縁を切った方がいい人も解説

あなたの身近には「ずっと仲良くしていきたい」「大事にしたい」と思える人はいますか? 人生の中でこんな気持ちになる人と出会う機会はそう多くはありません。だからこそ、一つ一つの出会いにしっかり目を向けるべきだといえます。

そこで今回は、大切にしたほうが良い人の特徴を5つご紹介します。

大切にしたほうが良い人の5つの特徴

大切にしたほうが良い人の5つの特徴

辛いとき側にいてくれる

大切にしたほうが良い人の特徴1つ目は、辛いとき側にいてくれるというものです。楽しいときは自然と周りに人が集まります。

しかし、あなたが辛いときや苦しいときにその人たちが助けてくれるとは限りません。「私には関係ないから」「面倒くさい」といった理由で離れていく人もいます。

だからこそ、本当に辛いとき側にいてくれる人はずっと大切にすべきです。あなたの人生を明るく豊かなものにしてくれる存在になるはず。

ときには叱ってくれる

誰しも道を踏み外しそうになることがあります。そんなときに叱ってくれる人は、これからの人生で大切にすべき存在です。叱られたときは腹が立ったり、落ち込んだりするかもしれません。

しかし、叱ってくれるということは、あなたと本音で向き合っている証拠。相手もあなたを大切に思っているからこそ、正しい道へと導いてくれるのです。

久しぶりに会っても笑い合える

社会人になると、友人と会う時間が減ってしまうもの。学生時代に仲が良かった友人と疎遠になることも珍しくありません。そんな中で久しぶりに会っても笑い合える人は、一生の友人になる可能性が高いです。

時間が空いて変わってしまうような関係は、本物とは言えません。心が繋がり合っている人とは、時間が障害になることはないでしょう。

自分のために泣いてくれる

悩みを打ち明けたとき、あなたのために泣いてくれる人は何人いるでしょうか。自分のことのように考え、受け止めてくれる人はそう多くはありません。

涙を流すということは、あなたを心から大切に思っている証拠です。また、とても優しく思いやりがあり、心が清らかな人であるともいえます。そんな人は、あなたが辛いときに絶対的な味方でいてくれるはずです。

夢や目標を応援してくれる

夢や目標を応援してくれるのも、大切にしたほうが良い人の特徴の1つです。他人の夢や目標を否定したり、馬鹿にしたりする人を「ドリームキラー」と呼びます。

そして、ドリームキラーは意外と身近にいるものです。今まで「無理でしょ」「絶対できない」などと言われたことがある人も多いはず。

一方で、どんなときもあなたの夢や目標を応援してくれる人は心の支えになります。あなたの背中を押し、サポートし続けてくれる存在です。一緒にいるだけで前向きな気持ちになれるのはもちろん、自信にも繋がるでしょう。

縁を切ったほうが良い人の3つの特徴

縁を切ったほうが良い人の3つの特徴

信用できない

縁を切ったほうが良い人の特徴1つ目は、信用できないというものです。たとえば、平気で嘘をついたり、約束を破ったりなど。このような人と一緒にいても、心から楽しいとは思えません。

友人や恋人であっても、信用は必要不可欠。信用できない人と関わっていてもメリットはないため、縁を切ったほうが良いでしょう。

自分のことしか考えていない

自分のことしか考えていない人は、自分勝手な言動を繰り返します。それに振り回されるのは、いつだって周りの人間。

他人と関わる以上、優しさや思いやり、協調性は必要です。「一緒にいると疲れる」「振り回される」と感じる相手とは、さっさと縁を切ってしまったほうが良いでしょう。

ネガティブな発言が多い

ネガティブな発言が多いのも、縁を切ったほうが良い人特徴の1つです。たとえば、愚痴や悪口、否定的な言葉など。聞いていてストレスが溜まるような発言が多い人の近くにいても、得られるものは何もありません。

むしろエネルギーを吸い取られてしまいます。日頃からネガティブな発言が多い人とは距離を置いたほうが良いかもしれません。

関わる人で人生は大きく変わる

関わる人で人生は大きく変わる

今回は、大切にしたほうが良い人の特徴を5つご紹介しました。人は良くも悪くも周りの影響を受けます。

今回ご紹介した特徴に当てはまる人と一緒にいれば、あなたの人生はより豊かになるはずです。心から「大切にしたい」と思える人との関係を、大事にしていきましょう。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む