「顔が好き」で付き合うのはあり?男女が「顔」に惹かれる理由とは

恋人を好きになった理由を聞かれたとき、あなたはどうやって答えますか?

「内面に惹かれたから」
「一緒にいると落ち着くから」
「顔が好きで、一目惚れ……」

顔が好きだと言われて嬉しいと感じる人もいれば、「中身はどうでもよかったの?」と怒りを露わにする人も……。

そこで今回は、19~28歳独身男女に「顔が好きで付き合うのはありorなし?」を聞いてみました。

「顔が好き」と感じる理由は“本能”なの?

「顔が好き」と感じる理由は“本能”なの?

「『顔で選ぶのは若い証拠。まだ恋愛の経験値が低いんじゃない?』ってバイト先の先輩に言われてショックだった! 年齢を重ねると、男性を選ぶ基準って変わるの?」(21歳/女性/学生)

「人によって好みが違うのは、本能的に好きな顔があるからじゃないかな。友人と好きなタイプの女性について話していても、『美人』『かわいい』はある程度共有できても、タイプが丸被りの人ってなかなかいないからね」(25歳/男性/金融)

「顔が好きだと、大抵のことは許せる(笑)これって単純にすごいことだと思う。もしかすると浮気の1回くらい許せちゃうかも」(24歳/女性/IT)

「顔が好きじゃない女性とは、イチャつきたいと思わない。顔を近づけたくないから、たぶんキスもできないと思う」(28歳/男性/商社)

「パッと見た瞬間に『この人のこと好きになれるかも』って分かるよね。顔で直感的にストライクゾーンを見分けている気がする。もちろん初めにときめかなくても、恋に落ちるパターンはあるけど、よく考えてみると嫌いな顔ではない」(20歳/女性/販売)

「今まで付き合ってきた女性を見ると、なんとなく同じ系統だった」(24歳/男性/公務員)

今回のアンケートで「人を好きになる理由」としてもっとも多かったのは「顔が好きだから」「ルックスがタイプだから」。

なかでも「今の彼女とは一目惚れがきっかけで付き合った」「出会った瞬間に、この人と付き合うと思った」など、顔を含める“ルックス”は、恋愛がスタートする最大のきかっけであることがわかりました。

でも、不思議なことに「友達とタイプの顔が違う」「カッコイイ/かわいいの感覚は人それぞれ」。“顔が好き”で恋愛に発展する相手は、人によってまったく違うことです。これは人間の“本能”といえるのではないでしょうか。

「顔が好き」で付き合うのはあり? それともなし?

「顔が好き」で付き合うのは“あり派”

「付き合う理由として、顔が好きって当然のことだと思う。顔が好きじゃないと視界に入らないから(笑)」(20歳/女性/販売)

「隣を見たとき、顔が好きな女性がいたら幸せ。だから顔が好きで付き合うことにまったく異論なし!」(27歳/男性/教育)

「目に見えている部分=顔をきっかけに男女が惹かれ合うのは当然のこと。本能に任せた恋愛ほど素敵なことはない。その方が長続きすると思う」(22歳/男性/学生)

“顔が好き”で交際したパートナーに対して、「大抵のことは許せる」「多少の失敗も多めに見られる」と考えている男女が多いことにビックリ!

たとえ嫌なことあっても、顔を見れば許せる瞬間があるといいます。顔が好きで付き合ったカップルが長続きする傾向があるのも納得ですね。

「顔が好き」で付き合うのは“なし派”

「顔が好き」で付き合うのは“なし派”

「顔よりもフィーリングの方が大事。美人も3日で飽きるって言うでしょ? どんなに好きな顔でも、ずっと一緒にいると何とも思わなくなるから」(26歳/男性/広告)

「若い頃は第一条件が顔だったけれど、年齢を重ねるにつれて『仕事』とか『年収』とか……。結婚を視野に入れた現実的な視点から男性を見るようになるから、顔が好きだけでは付き合えない」(27歳/女性/歯科衛生士)

「顔が好きな女性と出会っても、恋愛に発展したことがない。多分、内面が薄っぺらくて一緒にいても物足りなさを感じるから」(24歳/男性/美容師)

「顔が好き」だけでは交際に発展しないと回答した「なし派」からは、「カッコイイ/かわいいはすぐに飽きる」「結婚を視野に入れると顔はどうでもいい」という意見が……!

見た目以上のつながりを大切にすれば、“家族”のような関係を築けるかもしれませんね。

まとめ

星の数ほどいる男女が出会い、恋に落ちるのは奇跡的なこと。あなたが人を好きになって恋をはじめたきかっけは、本能的に惹かれ合ったからかもしれません。

無意識のうちに「恋する相手」を見分けているとしたら、とてもロマンチックですね。これから出会う人が運命の相手だとしたら……。

あなたは“顔が好き”で彼氏/彼女と付き合うのは“あり”だと思いますか?

取材協力:19~28歳独身男女

Written by mook

mookの他の記事を読む