大事な「交際の決め手」5つ!女性が重要視する部分とは?

「この人と付き合っても大丈夫かな?」「私は本当にこの人が好きなのかな……」など交際をする上で悩むことは沢山ありますよね。

交際の時は、どんな部分を重要視すればいいのでしょうか?今回は、女性50人に聞いた「交際相手の決め手」をいくつかご紹介します。

大事にすべき交際の決め手

優しい

優しい

「結婚前に私が酔って嘔吐したことがあります。その時、夫が両手を出し嘔吐物を手で受け止めました。私にはできません。調子に乗って飲みすぎたのも自業自得と思ってしまいますが、夫は翌日も飲み物を作ってくれました。このエピソードを知らない共通の知人たちにも、『あんな良い人はいないから絶対離さないように!』と言われていました。誰から見ても優しい人なら穏やかに過ごせるんじゃないかなと思ったのが決め手です。」(女性/40代/専業主婦)

いつも穏やかな優しい男性と一緒にいると落ち着いてすごすことができますよね。ただ、注意が必要なのは「本当に優しいのかどうか」の部分です。人によって態度を変えるような男性はNG! あなただけではなく周りの人にも優しい男性かどうかきちんと見極めてください。

一緒にいて気を使わない

「気を使わないでいいことがわかった瞬間です。目の前で落とした唐揚げを拾って食べたので、自分と同じ生活習慣があるのだと安心しました。自分自身怒られる生活が長く続いていたため、ミスや失敗をしても許してくれる人を求めており、この人にしようと思いました。」(女性/40代/主婦)

付き合い始めたはいいけど、すごく気を遣って疲れてしまい結局別れる……なんてパターンもありますよね。自然と素を出せる相手はストレスをためることもなく長く一緒にいることができます。

相手といて気を使わないか、楽かどうかを確かめてみてください。

自立している

自立している

「最初に付き合った人がとにかく預貯金ができず、仕事をしているのに学業多忙でバイトができなかった私にデート代を支払わせようとするとんでもない人だったのに、次の彼氏は最低でも割り勘、基本は大目か支払いを全部してくれる人だったので、経済自立をしてる点が良かったからです。」(女性/30代/自由業)

自立できていない男性と付き合うと、お金の面や生活面など苦労が絶えません。結婚相手としても不向きでしょう。

「ダメな彼を支えてあげたい」と思う女性も多いかもしれませんが、お互い共依存のマイナスな関係になってしまうので注意が必要です。

誠実で真面目

「交際の決め手になったのは、頭がよくて嘘をつかず、誠実で真面目で、私のことだけを大切にしてくれるところだと思います。実際、お付き合いをしてからも全く変わることなく、むしろ良いところばかりだと感じることが多かったので、選んで正解でした。」(女性/40代/会社員)

誠実な男性は、嘘をついたりあなたとの約束を破ることがありません。感謝や愛情をきちんと言葉で伝えてくれる男性が多いので女性にとってとても安心感がありますよね。自分が大切にされていることを実感できるでしょう。

自分の直感

自分の直感

「私が今まで付き合ってきた人は皆私が自分で選んだと強く感じる人たちです。相手の押しが強いからとか、なんとなく断る理由もないからということで付き合ったことは一度もありません。相手の見た目、表情と向上心と自己認識の仕方が自分の好みであるかどうかというのがとても重要です。ただ、その反面長続きした恋愛の経験はあまりになく、この恋愛方針が本当に自分にとって良いものであるのか、幸せをもたらしてくれるのかは疑問です。」(女性/30代/自営業)

結婚の決め手を「この人と結婚すると思った」と答える人も多いでしょう。自分の直感に従うことはとても大事です。また、周りから「あの人良いと思う」と周りに流されて決めた答えより、自分で決めた答えのほうが納得しますよね。

迷った時は、自分の気持ちに素直に従ってみるのが良いかもしれません。

自分が幸せになるための決断を!

今回のアンケートで一番多かった回答は「優しさ」でした。優しい相手と一緒だとお互い穏やかな気持ちでいれますよね。何より「優しい」などお互いのためを想い合えるカップルはとても素敵です。

今回ご紹介したような決め手を参考に、あなたが幸せになる決断ができますように。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む