片思いを卒業! 好きな人を落とす5つの方法

恋愛をしていく中で、皆さん一度は「好きな人を落とす方法があったらな」なんて思ったことはありませんか? 好きな人ができれば、両思いになりたい、自分に振り向いて欲しいと思うものですよね。ということで、今回はそんな悩める皆さんに、好きな人を落とす方法について徹底解説していこうと思います。

好きな人を落とす方法

距離感をうまく把握する

距離感をうまく把握する

好きな人ができた時に、多くの方が好きな人を落とす方法を調べたり、好きな人を落とすための行動を必死に調べるもの。しかし、好きな人を落とすために最も大切なことは、相手をしっかりと見て距離感を間違わないことです。

好きだからアピールするためにグイグイと近づきたくなる気持ちもわかるのですが、もし相手にそこまでの好意がなかった場合はむしろ逆効果になるものです。

そんな時は、相手に合わせて距離感を考えるのがおすすめ。相手が近い距離で詰めてくる時には自分も少し攻めてみたり、逆に相手があまりグイグイ来ない場合には自分も近づきすぎない。

この何気ない距離感の駆け引きというのが非常に大切なので、恋愛における距離感は正解を求める前にまず、間違いを犯さないことを意識するようにしてみて下さい。

特別扱いする

好きな人を落とす方法として、押さえておきたいのが、相手をどれだけ特別扱いすることができるかということです。

勿論お互いの距離感を把握したうえで振る舞うことも大切になるのですが、何かふとした瞬間に「あれ?もしかして自分に気があるのかな」という意識を少しずつ蓄積させていくことによって、なんだか気になる人から好きな人へと変えることがでいますからね。

恋愛をしていく中で最も、大きな壁となるのが、まず自分を恋愛対象として認識してもらえるかどうかという点です。

もし、ただの友達という枠組みで捉えられているのであれば、他の友達とは違う自分は少し特別な存在であることをアピールする必要があります。

本気で自分のアプローチにで相手を落としたいのであれば、ただの友達としての振る舞いだけでなく、少し背伸びした振る舞いも必要になってくるのでしょう。

季節のイベントに誘う

好きな人を落とすためには、季節ごとにあるイベントに誘うことも大切です。春であれば花見、夏であれば花火、秋であれば紅葉、クリスマスであればイルミネーション。と言ったように、それぞれの季節における思い出をあなたで埋め尽くしてあげることによって、少しずつ恋愛対象としてみられていくのでしょう。

「好き」という感情に紐づくきっかけというのは色々なところに散りばめられているものであり、ふと思い出を振り返ったときにあなたの存在が思い浮かぶのであれば、それが付き合うことへの大きな布石となるのです。

また、デートとも汲み取れるようなお出かけができるようになることで、色々と誘いやすくなるため、今後の関係の進展がスムーズにいきやすくなるというメリットもあるのでおすすめですね。

恋愛トークをする

好きな人を落とすための方法として、恋愛トークをするというのは非常におすすめです。

恋愛トークでは、お互いの恋愛観を知れるだけでなく、少し踏み込んだ話もしやすいことから一気に関係性が縮まりやすいものです。

最も多いのは過去の恋愛の話をすることで、そこからお互いに心を開きあって一気に恋愛関係に発展するというパターンで、自分の内面にある程度の自信があるのであれば、ほぼ確実に良い方向に進みやすいのでおすすめ。

注意点としては無駄に深入りしすぎないことや、相手の考え方を否定しすぎずに受け入れること、恋愛トークを通して大切なのは、いかに相手に居心地が良いと思ってもらえるのかだということは忘れないようにしましょう。

小さな頼み事をする

好きな人を落とすための方法として、小さな頼み事をしてみるのもおすすめです。

人というのはとても面倒で難しい頼みを事をされてしまうと面倒に感じてしまうものですが、小さな簡単にできる頼み事をしてもらうと、なんだか自分が頼られているんだという気持ちから承認欲求が満たされ嬉しいという人は少なくありません。

また、人というのは不思議なもので、何かをされたものよりもしてあげたことに意識が向きやすいため、自分がお願いしたにもかかわらず、相手に方がなんだか気になってくるというパターンは少なくはないのです。

これは紐男に依存してしまう女性の心理に少し近いのですが、小さなことでも相手に頼ってあげると、今の関係性に変化が生まれてくるものですよ。

自分が幸せでいられる恋愛を……

自分が幸せでいられる恋愛を……

一途な人ほど好きな人を落としたいと思うと、相手のことで頭の中がいっぱいになって、自分を大切にすることを忘れてしまいがちなもの。
しかし、どれだけ相手のことが好きでも、恋愛は幸せになるためにあるということを忘れないでください。

自分が満たされていない状態での恋愛なんて、うまくいきませんからね。自分の幸せは見失わず、素敵な自分で意中の相手を落としてやりましょう。

Written by せったーくん

せったーくんの他の記事を読む