愛情表現たっぷりな「 甘えん坊な男性」の特徴5つ

小動物のような可愛さを感じる甘えん坊な男性。甘えん坊な男性の可愛さに、心を掴まれる女性は少なくありません。そこで今回は、甘えん坊な男性の言動や付き合う上でのメリット・デメリットについてご紹介します。

甘えん坊な男性の5つの言動

甘えん坊な男性の5つの言動

かまってほしいアピールをする

甘えん坊な男性の言動1つ目は、かまってほしいアピールをするというものです。甘えん坊な男性は、とにかく寂しがり屋な生き物。そのため、彼女に放っておかれると強い寂しさや孤独感を抱きます。

少しでも連絡が遅れたり、会えない日が続いたりすれば、かまってちゃん発動。「寂しいよ~」「相手してよ!」などと、何度もLINEを送ってくることもあります。大好きな彼女に放っておかれることが、何よりも嫌いなのです。

スキンシップが多い

甘えん坊な男性の言動として、スキンシップが多いことも挙げられます。甘えん坊な男性は、ずっと彼女にくっついていたいと思うようです。そのため、髪を触ったり、手を握ったりするなど、積極的に触れ合おうとします。

彼女に触れることで、安心するのだとか。そこで「やめてよ」「しつこい」と拒絶すると、傷ついてしまうため要注意です。

愛情表現がストレート

甘えん坊な男性は、愛情表現がストレートです。「大好き」「可愛いね」「まだ一緒にいたい」など、自分の気持ちを素直に伝えます。

本来男性は愛情表現が苦手な生き物。そのため「本当に私のこと好きなのかな……」と不安になってしまう人も少なくありません。その点、甘えん坊な男性であれば素直に好意を伝えてくれるため、安心できるはずです。

わがまま発言をする

甘えん坊な男性は、わがまま発言をすることもしばしば。デートに行けば「これは食べたくない」「ここには行きたくない」と言って彼女を困らせることもあります。

また、せっかく外出する予定だったにも関わらず「今日は家でゆっくりしよう」と急に変更することも。こうしたわがまま発言に、振り回されてしまう人は多いです。

人前ではカッコつける

人前ではカッコつけるのも、甘えん坊な男性の言動の1つです。甘えん坊な男性が本当の自分を見せるのは、彼女の前だけ。学校や職場ではカッコ良い自分を演じ、周りから「頼りになる」と思われていることが多いです。

しかし、本当は弱音を吐いたり、気を抜いたりしたいもの。大好きな彼女の前では、それが許されるのです。

甘えん坊な男性と付き合う2つのメリット

甘えん坊な男性と付き合う2つのメリット

たっぷりの愛情を感じられる

甘えん坊な男性と付き合うメリット1つ目は、たっぷりの愛情を感じられることです。甘えん坊な男性は、自分の気持ちを隠したりしません。毎日のように愛情を伝えてくれます。そのため「好きかどうか分からない」と不安になることはないでしょう。

 

母性本能をくすぐられる

甘えん坊な男性は、母性本能をくすぐります。人前と自分の前で見せる態度のギャップに、ドキッとする女性が多いようです。自分の前でだけ甘えてもらえると、特別に感じますよね。ギャップが激しい甘えん坊な男性と付き合えば、母性本能をくすぐられまくるでしょう。

 

甘えん坊な男性と付き合う2つのデメリット

甘えん坊な男性と付き合う2つのデメリット

重く感じるときがある

甘えん坊な男性と付き合うデメリット1つ目は、重く感じるときがあることです。甘えん坊な男性は、彼女に依存しやすい傾向があります。少しでも連絡が遅いと不機嫌になったり、ときには怒ったりすることも。

また、何度も愛情を確認してくることも多いです。そのため、重いと感じてしまう可能性があります。重いくらいが丁度良い女性にとっては、最高のパートナーかもしれません。

浮気のリスクがある

甘えん坊な男性は、人一倍寂しがり屋です。そのため、彼女に放ったらかしにされることを嫌います。連絡を返さなかったり、会えない日々が続いたりすると、寂しさから浮気をしてしまう可能性が。

マメに返信するなど、相手が寂しくならない工夫をする必要があります。

おわりに

おわりに

今回は、甘えん坊な男性の言動や付き合う上でのメリット・デメリットについてご紹介しました。

甘えん坊な男性は可愛い反面、重く感じたり、浮気の心配があったりするなど、苦労することも。甘えん坊な男性の特徴を理解した上で、上手く付き合っていくことが大切です。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む