男性が惚れる「女性の優しさを感じるポイント」7選

男女問わず好きな異性のタイプに「優しい人」を挙げる人は多いですよね。しかし、男性の求める「優しさ」っていったいどういうものなのか気になりませんか?

そこで今回は、男性が思わず惚れる女性の優しさについて紹介します。男性は女性のどんな優しさにキュンとするのか、知りたい方はぜひ最後までチェックしてみてください。

男性が惚れる! 女性の優しさとは

さりげない気遣い

さりげない気遣い

誰に対してもさりげなく気遣いのできる女性は男性から見ても非常に魅力的です。

たとえば、飲み会で会話に入れない人が輪に入れるように話しかけたり、空いた食器やグラスを片付けたり、何気ないことをさりげなくできる人って素敵ですよね。

そんなちょっとした行動から垣間見える優しさに男性はときめくようです。

気分や体調が悪いことに気付いてくれる

頑張らなければと思っていても、時には気分や体調が優れないこともありますよね。

優しい女性は、視野が広く他人の心の機微などちょっとした変化にもとても敏感です。気分や体調の優れない人にも気づきやすく、いつもとのわずかな違いに気づいてもらえると男性は「自分のことを気にしてくれているのかな」ととても嬉しく思います。

また、社会人ならばちょっとくらいの体調の悪さは隠さないと考える人も多いからこそ、皆が気付かない変化に気づいて心配してくれる女性の優しさ思わず惹かれてしまうのでしょう。

さりげなく支えてくれる

男性は女性以上に繊細な一面を持つ人も少なくありません。仕事をする中で、時には傷ついたり、悔しい思いをしたりと心にダメージを負うこともあるでしょう。

そんな時、じっくり話を聞いてくれたり、どうすればいいのか一緒に解決策を考えてくれたりと、自分を支えてくれる女性の優しさに男性は惹かれる傾向にあります。

甘やかすだけではなく、彼を立ち直らせる強さを見せることも時には大切なのです。

相手の話を最後までしっかりと聞く

相手の話を最後までしっかりと聞く

一般的に女性のほうが話好きであると思われがちですが、実際話すのが好きな男性は多く、自分の話を聞いてほしいと思っています。

男性が悩み相談など自分の話をしている時は、口を挟まず最後まで聞いてあげることが重要。ついつい途中で自分の話にすり替えてしまう女性もいますが、それは男性にとってNG行為だということを覚えておきましょう。

相手の目を見て相槌を打つ、話を最後までしっかり聞くなど、女性の真摯な姿勢に男性は優しさを感じるものです。

感謝の気持ちをきちんと伝える

たとえお礼を言われたくてしたことでなくても、「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しい気持ちになりますよね。

男性は小さなことでもきちんと感謝の気持ちを伝えられる女性の優しさに思わず惚れてしまうようです。どんな些細なことでも「当たり前」と思わず「ありがとう」と言える素直さを持つことが大切です。

彼にだけ見せる特別な優しさ

誰に対しても平等に優しい女性は、周囲からも好かれとても魅力的に映るでしょう。

しかし、男性は「特別感」に弱いもの。

「あれ? もしかして自分にだけ?」と感じる女性の優しさに思わずときめいてしまうものなのです。

特に周りから「あの子ってお前にだけ態度違うよね。なんか特別な感じする」なんて言われると、急に異性として意識してしまうのだとか。

人によって態度を変えないことはもちろん大切ですが、好きな相手には時には周囲が気付くくらいの「特別感」のある対応をしてみることで意識させることができますよ。

さりげなくフォローしてくれる

さりげなくフォローしてくれる

なんだかんだいって男性はプライドが高いもの。たとえ間違っていたとしても正面から否定されるとなかなか認められず、頑なな態度を取ってしまうことも少なくありません。特にそれが人前なら尚更です。

だからこそ、間違っていることをただ指摘するのではなく、さりげなくフォローしてくれる女性の優しさに気付いた時、男性は思わず惹かれてしまいます。

ただし、いくらフォローするといっても、押しつけがましい態度では余計に相手をイライラさせてしまうこともあるので気を付けましょう。

おわりに

ここまで、男性が惚れる女性の優しさについて紹介しました。

ちょっとした場面でさりげなく自分のことを気遣ってくれる、フォローしてくれる、きちんと感謝の気持ちを伝えてくれる……男性は女性の「さりげない優しさ」に惹かれる傾向が強いです。

好きな相手に意識してもらいたい時は、今回紹介したポイントを参考にさりげなく優しさをアピールしてみてくださいね!

ただし、男性は意外と鋭いもの。表面的な優しさはすぐにバレてしまうので要注意です!

男性が思わず惚れてしまう優しさを身に付けるには、普段から周囲の皆に優しく接するよう心掛けることが大切ですよ。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む