美人なのにモテない女性の特徴4つ! 男性にどう思われている?

皆さんの身の回りに「美人なのに何でモテないんだろう?」と感じる人はいませんか? たとえ容姿が優れていたとしても、必ずしも男性からモテるわけではありませんよ。今回は、美人女性がモテない原因や特徴についてご紹介します。気になる方は、ぜひ目を通してみてくださいね!

モテないのは一体なぜ?

「この人とは合わない…」嫌だったデート6つ

美人でもモテない女性には、以下のような原因があります。

高嶺の花だと思われている

容姿をはじめ、ファッションやメイクなども完璧な女性は、周囲にとって高嶺の花のような存在になります。近寄りがたいオーラが出てしまい、結果的に誰も寄り付かなくなってしまうのです。

男性は仮に付き合えたとしても、「自分では釣り合わないのではないか?」と常に不安が付きまとうようになります。その不安がストレスへと変わり、結果的に上手くいかないケースもあるようです。

彼氏がいると思われている

美人女性がモテないのは、すでに彼氏がいると思われていることが原因となっている可能性も高いです。

「周りの男性が放っておくわけがない」と思い込んでしまうことにより、アプローチする男性が少なくなります。たとえ「彼氏はいない」と言っても、男性は自分に釣り合うかどうかを懸念しがちです。

同性の友達が少ない

容姿が優れている美人女性は他の女性から反感を買うことも多いため、同性の友達が少ない場合があります。

同性の友達が少ないことから異性とばかり関わっていると「男好き」「性格が悪い」などと、周囲に誤解を与えてしまう恐れがあります。

美人であっても非モテの女性は「正確に問題があるのではないか?」と思われている人が多いようですね。実際はそうでなかったとしても、周囲からの印象はそう簡単に変えられません。

美人なのにモテない女性の特徴とは?

同性の友達が少ない

モテないのには様々な理由があることがわかりました。実際に美人非モテ女性にどのような共通点があるのか気になる人も多いはずです。そんな人のために、以下では具体的な特徴についてご紹介します。

理想が高い

自分が美人であることを自覚しているため、相手にも同等の条件を求めがちです。容姿や学歴、年収など、高スペックの男性と付き合いたいと考えていると、いつまで経っても理想の人とは出会えません。

出会えればそのまま結婚と考えていますが、現実はそう甘くはありませんよね。今まで言い寄られたことが多いことから、男性は全て自分の思い通りになると考えています。

また、たとえ理想通りの人が現れたとしても、中身を見ずに付き合えば順調に続く可能性は極めて低いです。ただし、美人女性全員が当てはまるわけではありませんよ。

マナーが悪い

美人であるにも関わらず、モテないのは食事のマナーや公共の場でのマナーが悪いことも関係しているようです。常識がなく、マナーが悪い女性は美人であったとしても魅力的に映ることはありません。

中身が外見に伴っていない場合、ギャップを大きくしてしまい、幻滅される恐れがありますよ。容姿が優れているからこそ、マナーの悪さは際立ってしまいます。

おしゃべりの度が過ぎる

おしゃべりが好きなのは決して悪いことではありませんが、度が過ぎると相手に迷惑をかけてしまうことも……。

また、話のネタが誰かの悪口、噂話だった場合、相手に悪い印象を持たれてしまいます。「黙っていれば美人なのに……」と思われるほか、「うるさい」というイメージを与えてしまう恐れがあるので注意してくださいね。

キャラクターが独特すぎる

天然・ミステリアス・サバサバ・小悪魔・癒しなど、タイプは人それぞれ異なります。モテない美人女性はキャラクターが独特すぎる場合があるようです。

個性が強すぎると話がかみ合わず、一緒にいることを苦に感じてしまいます。たとえ美人であったとしても、キャラクターによって「関わりたくない」と思う人もいるはずです。

美人でも出会いを探すことは大切!

どれだけ美人だったとしてもモテない人はモテないため、自ら出会いを探すことも大切ですよ!

最近では、マッチングアプリを始める人や合コンに参加する人なども増えています。積極的に行動していればすぐに出会いを見つけられるはずです。

また、モテない原因は人それぞれ異なりますが、原因をはっきりさせない限り、非モテは解決できませんよ。「恋愛を楽しみたい!」という人は、一度自分を客観的に見て、改善点を洗い出しましょう。改善すべき点がわかれば、次は自らアクションを起こすことが大切です。

おわりに

キャラクターが独特すぎる

「変わりたい」と思うのであれば何かアクションを起こすことが大切です。美人で中身も完璧になれば、すぐに素敵な人に出会えるはずですよ!

容姿端麗だった場合、イメージとは違う一面が見えればその分ギャップは大きくなります。行動次第では幻滅される可能性もあるため、注意してくださいね。「美人なのに……」と思われないように自分をさらに磨き、真の美しさを手に入れましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む