話題に困った時におすすめの話ネタ5つ! 気になる人との会話を盛り上げるコツとは

合コンやデートで異性と会話中、話題に困ったらどうすればいい? ふたりきりでいるときにシーン……としてしまうと、せっかくの気分が盛り下がってしまいますよね。そこで、異性と話が弾むおすすめの話題とNGな話題についてご紹介します!

話題に困ったらコレ! 会話が盛り上がる話題

食の話

食の話

好きな食べ物の話は、会話を盛り上げるための鉄板ネタ。食べ物の話題で嫌な気持ちになる人はほとんどいませんよね。

もし、気になる異性と食の好みが一緒だったら「今度一緒に食事に行きませんか?」なんてことになるかもしれません。デートのチャンスも期待することができる、おすすめの話題です。

学生時代に打ち込んだことの話

学生時代に一生懸命打ち込んだことについて、話題にしてみるのもいいでしょう。

部活、勉強、ボランティア活動、留学など、学生時代の楽しい思い出について会話してみてください。相手のことを深く知るきっかけになり、「こんな一面があったんだ♡」と、恋心につながるかもしれません。

ただし、特に高校や大学の名称を聞き出すようなことはやめておきましょう。あくまでも、学生時代に打ち込んだことにだけフォーカスすることがポイントです。

趣味の話

「この人ってどんな人なのかな?」と、相手について知りたいときには、趣味の話題をふってみましょう。「最近ハマっていることありますか?」と質問してみてください。

趣味の話では、相手が普段、どのようなものに興味を持ってどんなふうに過ごしているかを知ることができます。共通点を見つけることができれば、お互いに親しみを持つようになり、心の距離がグンと近づきます。

「かわいいもの」の話

異性との会話を弾ませたいなら、好きな動物やキャラクター、ペットなど、自分が「かわいい」と思うものを話題にしてみましょう。

「かわいい」というと、自然と笑顔になり、明るい気持ちになります。2人が楽しい雰囲気になることができるおすすめの話題です。

「新しい」に関すること

自分が新たに始めたこと、新しく挑戦したいこと、新しくできたお店など、「新しい」に関する話題もおすすめです。

「新しい」という言葉は、聞くだけで心が躍りますよね。気持ちが前向きになり、会話を終えた後「なんだか今の会話、楽しかったな」と、相手にいい印象を残すことができます。

異性との会話を盛り上げるためのコツ

困ったときは自分をネタにしよう

困ったときは自分をネタにしよう

異性との会話に困ったら、自分自身のことを話題のきっかけにしてみましょう。

たとえば「私、パスタが好きなんだ」と切り出し、「あなたは何が好きなの?」と相手に振ります。相手が答えてくれれば、そのまま会話を続けていけばOK。

異性にいきなり質問するより、自分のことを話してから相手のことを聞くというスタンスがおすすめです。

相槌は声に出す

「へー、そうなんだ」、「それ、すごいね」など、会話の合間で相槌を打つときは、できるだけ声に出しましょう。こうすることで、相手は「話を聞いてくれているんだな」と嬉しくなって口数が多くなり、自然と会話が盛り上がります。

ただし、相槌があまりに大げさだと、相手は自分が馬鹿にされているような気になるので、注意が必要です。

気分が盛り下がる…… NGな話題とは

愚痴や文句

愚痴や文句

愚痴をこぼしている人の顔を想像してみてください。ネガティブな話題のときには、表情が醜くなってしまうものです。また、嫌なことを聞くと、テンションも大きく落ち込んでしまいます。

愚痴ばかりを口にする人のネガティブなオーラは、相手に伝染します。「この人といても楽しくない」と思わせることになり、次第に避けられるようになってしまうでしょう。

プライベートを詮索しすぎる

大して仲良くなっていないのに、「なんていう会社で働いてるの?」とか、「最終学歴は?」などと踏み込んだ質問をすると、相手が引いてしまいます。

会話を織り上げたい一心ではじめからグイグイ会話を引っ張ろうとすると、相手はいきなり自分の領域に土足で踏み込まれたような気持ちになり、警戒するようになるでしょう。

こうして相手が心を閉ざしてしまうと、関係が進展することはありません。

お金の話

「年収はどのくらい?」、「このバッグ、8万円もした!」など、あからさまに金額を口にするような話題は、マナー違反です。

お金のことばかり話題にすると下品だし、相手も答えにくいため、会話を盛り下げてしまうでしょう。お金の話は、たとえ仲が良くても控えるべき話題です。

欲しいもののこと

あれがほしい、これがしたいと、「欲」に関することばかりを話題にすると、欲深い人だと思われて、軽蔑されることがあります。

何でもかんでも「欲しい」と言っていると、相手はおねだりされているように感じます。「付き合ったらめんどくさそう」と鬱陶しがられ、うんざりさせてしまうでしょう。

自分から話題を提供できるようになろう!

自分から話題を提供できるようになろう!

異性との話題に困ってしまうのは、自分をよく見せたいために、自信を持って話題を提供できないからかもしれません。

友達との会話は難なくできるなら、異性との会話に尻込みしているのでしょう。リラックスして、いつも友だちと話すときのように、自然体で話しかけてみてくださいね。

Written by さあや

さあやの他の記事を読む