え、喧嘩売ってる…? 他人から言われた失礼な言葉8選

悪気はないけれど、失礼な発言が目立つ人はいませんか? 言った本人は特に考えず発言したものでも、言われた側は深く傷ついてしまうんですよね。

今回は、みなさんが言われた「失礼な発言」について募集しました。気づかないうちに自分も同じことをしていないのか、気をつけてくださいね。

他人の失礼な言葉【見た目編】

『前髪流している人ってダサいよね』

「女性みんなで髪型の話をしている時、前髪があるかないかで全然違うと言う話になりました。一緒に話していた女子のうち前髪がなく流しているのは私だけでした。一人の女子が『前髪流している人ってダサいよね』と行った時、この人失礼だなと感じました。」(40代/女性/会社員)

『何を食べてそんなに横に伸びたの』

『何を食べてそんなに横に伸びたの』

「普段何気なく挨拶をかわす男の人から、『最近太ったんじゃない』と言われた時なんと失礼な人だと思いました。そのあげく『何を食べてそんなに横に伸びたの』と言われなぜこのおじさんにここまで失礼な事を言われなければいけないかと感じました。」(60代/女性/主婦)

『動物園のサルと遊んで来いよ』

「自分はアトピー性皮膚炎という病気を持っていて顔が赤くなりやすいです。それを気にしているのですが、大学でできた友達に『お前顔赤すぎやろ動物園のサルと遊んで来いよ』と言われたことがあり、こいつとはもう関わらないでおこうと思いました。」(20歳未満/男性/学生)

自分の見た目について悪く言われたら、誰でもイラっとしますよね。人の容姿についていちいち発言する人は心の余裕がない可哀そうな人だと捉え、無視をしておいたほうがいいでしょう。

他人の失礼な言葉【勝手な決めつけ編】

『悩みなさそう』

「『悩みなさそう』と言われたことです。もちろん人間なので、悩んでいることもあるし悩みに押しつぶされそうなこともあります。でも、それがわざわざ周りに見せていないだけだと思うのですがそんな風に言われてとても失礼な人だなと思いました。」(30代/女性/会社員)

『あなたはB型でしょ!』

『あなたはB型でしょ!』

「『あなたはB型でしょ!』といきなり決めつけてくる人が失礼だなと思いました『A型です』と私が言うと『ショックで立ち直れない』と良く分からないけどなんだか凄く失礼だなと思いました。ちなみにその方はO型のおばちゃんでした。」(20代/女性/パートアルバイト)

『彼氏いないでしょ?』

「同じ職場に勤める年上の女性から『彼氏いないでしょ?』と言われた時は無性に失礼だなと思ってしまいました。
その前に何か恋愛の話とかしていればまあ分かる流れなのですが、特に前振りなく、『彼氏いないでしょ』と言われて、彼氏ができそうにない人間と思われたのかなと感じ腹が立ってしまいました。」(30代/女性/主婦)

なんでもかんでも決めつけてくる人いますよね……。「自分の価値観や勝手な考えを押し付けないでくれ!」って叫びたくなります。もし自分が決めつけをしている側であれば一番重要なことは「自分は決めつけをしている」ということに気が付くことです。自分の考えが必ずしも正しいということはないことを理解しましょう。

他人の失礼な言葉【努力を馬鹿にする人編】

『いつも定時で帰っているけど、そんなに仕事がないの?』

『いつも定時で帰っているけど、そんなに仕事がないの?』

「女友達(同僚)に『いつも定時で帰っているけど、そんなに仕事がないの?』と言われたことです。定時に帰りたいので、朝早く行き、お昼休みも削って仕事をしているのに、腹が立ちました。この同僚は仕事中にケーキを食べたり、ずっと話しているので仕事が進まないだけです。」(40代/女性/会社員)

『詐欺師』

「私は、外資系生保の営業をしていますが、中学校時代の友人に『詐欺師』と言われたことです。その時は、初対面の方も多くいたにも関わらず、私の仕事、人格を否定された気持ちになりました。人が一生懸命している事を笑うのはあり得ないと思います。」(20代/女性/外資系金融機関)

影の努力を知ろうとしなかったり、頑張りを馬鹿にするような人は、自分自身が頑張れない人です。たとえ馬鹿にされたとしても、頑張りをきちんと認めてくれる人は必ずいます。そういった人を大切にしましょう。

まとめ

嫌なことを言われた時、悲しくなったりイラっとしたり、その気持ちはとてもわかります。しかし、だからといってその発言のことを気にしすぎるのはよくありません。「こんなこと言う人もいるんだ」「こんなこと言うなんてかわいそうな人だな」と関わらないようにするのがいいでしょう。

あなたのことを否定する人がいたとしても、その何十倍、何百倍とあなたを褒めてくれる人がいることを忘れないでくださいね。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む