告白されたけどわからない場合|交際する判断基準や注意点もあわせて紹介

告白されたけど気持ちがわからない場合、どう対応していいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、告白されたけどわからない場合の対応の仕方や交際する際の判断基準、断る際の注意点などを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

(目次)

告白されたけどわからない場合3つ

好きかどうかわからない男性に告白された場合、付き合うのか断るのか、どうするべきか悩んでしまう方も多いでしょう。相手の男性と仲が良い場合は特に、友情と恋愛感情の境界線をどう見極めていいか難しくなってしまいます。

ここからは、告白されたけどわからない場合の対応を3つ紹介していきます。相手の男性との関係性や状況と照らし合わせた時に、どの選択なら前向きに考えられるか、ぜひ参考にしてみてください。

1:様子を見極めて付き合ってみる

1:様子を見極めて付き合ってみる

すぐに応えられないけれど、相手の男性との関係を前向きに考えている場合、より相手を知ることが大切です。例えば食事に行くなど、時間を共有することによって相手の人となりが見えるでしょう。

食事のマナーや、会話をしていて楽しいか、店員への態度、金銭感覚など、様々なことを総合的に見極めたうえで付き合ってみると良いでしょう。

2:了承して付き合う

好きかどうかわからない場合、了承して付き合ってから、自分に合う相手なのか判断することも1つの方法です。

気持ちがわからないまま付き合ってもいいものなのか、悩んでしまうこともあるでしょう。しかし、好きで付き合ったとしても、相性が悪かったり、幻滅するようなことがあったりして、上手くいかないこともあります。

そのため、相手の男性との関係を前向きに捉え、まずは付き合ってみるという選択も間違いではないと言えるでしょう。

3:断って付き合わない

相手の男性と自分の気持ちに向き合い、色々と考えた結果、断ることを選ぶ場合もあるでしょう。

気持ちが曖昧なまま付き合うことに罪悪感を感じてしまったり、傷つけてしまうことを恐れる気持ちがあったりする場合、断って付き合わないことも1つの方法です。

しかし、断った場合、それ以上相手を知ることが難しくなってしまいます。好きかどうかわからないという気持ちは嫌いではないとも言えるため、断ってもお互いを知っていけるよう、友人として良い関係が築けると良いでしょう。

好きかどうかわからない男性と付き合うのは悪くない3つの理由

相手の男性との関係を前向きに考えてはいるものの、真剣に向き合うからこそ、付き合っても良いか悩んでしまう方も多いでしょう。ここからは、好きかどうかわからない男性と付き合うのは悪くない3つの理由を紹介していきます。

自分の気持ちに迷いがある時は、ぜひ参考にしてみてください。

1:これから好きになる可能性がある

1:これから好きになる可能性がある

好きかわからない場合でも、付き合ってから気持ちをゆっくり育んでいくと考えられれば、それは素敵な恋になっていくでしょう。

最初から100%の気持ちで付き合ったとしても、その気持ちを継続していくのが難しい場合もあります。そのため、付き合った時点での気持ちの大きさはそれほど重要ではなく、時間と共に強くなる気持ちの方が大切だと言えます。

伸びしろも大事だと捉えて、最終的に絆を強めていくことを重要視するのも良いでしょう。

2:両思いで付き合いを始めているわけじゃない

お互いの気持ちが100%でスタートする交際は理想的ではありますが、多くの人は両思いで付き合い始めているわけではありません。逆を言えば、それほど相手に惚れ込み恋に落ちるのは、よっぽどでない限り難しいものです。

両思いではないということは、これから相手の男性を好きになれるチャンスが多いとも言い換えられるため、100%の気持ちではなくても素敵な恋愛にしていけるでしょう。完璧を求めすぎないことも余裕のある恋愛には必要と言えます。

3:好かれて交際する場合にはメリットがある

自分のことだけを本気で愛してくれる男性とは、なかなか出会えるものではありません。そのため、一途に想ってくれる男性からの告白は絶好のチャンスと言えます。

男性が一途に好きでいてくれることによって、次第に自分の気持ちに確信が持てるようになるでしょう。また、相手の男性の気持ちが安心感につながることに加え、無理なく自然体でいられることでストレスを抱えずに済みます。

関係を続けやすいことはもちろん、たくさん愛情を注いでもらえる恋愛も良いでしょう。

告白されて気持ちがわからないけど交際した理由5選

ここからは、告白されて気持ちがわからないけど交際した理由を5つ紹介していきます。告白されて嬉しい気持ちはあっても、実際に付き合うと考えると悩んでしまうことも多いでしょう。自分の気持ちに迷いがあっても、後悔することはないよう、ぜひ参考にしてみてください。

1:出会ったばかりで付き合った

1:出会ったばかりで付き合った

出会いが早い段階で付き合うことは、二人の関係を長続きさせるメリットがあります。出会いが早い段階で告白された場合、もちろん相手のことを深くは知らないものです。そのため、相手が本気なのか不安に思うことも多いでしょう。

しかし、早い段階で付き合うことによって、お互いを知っていくにつれて更に好きになったり、好きになってもらえるよう努力したりする傾向にあります。この場合は最初に好きかどうかはあまり重要ではなく、お互いの気持を確かめながら付き合っていくのが大切と言えるでしょう。

2:その時の勢いで付き合い始めた

お酒を飲んだ時や、たくさん話をして場が盛り上がった時など理由は様々ですが、その時の勢いで何となく付き合い始めることもあるでしょう。

その場合、勢いは一時の感情のため、好きかどうか気持ちがわからないことは仕方ないことと言えます。したがって、付き合って時間を共有しながら自分の気持ちを確かめていくと良いでしょう。

3:告白されたから

自分は恋愛感情を持っていなかった場合、告白してきたことによって付き合うのならば、好きかどうかわからないのも仕方ないことです。

その場合は、相手の男性もいきなり両思いになりたいとは思っていないでしょう。したがって、ゼロからのスタートとして、付き合いながら相手を知っていき、自分の気持ちを育てていくと良いでしょう。

4:共通点を探して付き合ってみた

恋愛関係を続けていく中で、共通点があることはとても大事なポイントです。価値観や考え方はもちろん、食べ物の好みや趣味など、自分との共通点が多いほど長続きしやすいでしょう。

好きかどうかわからない場合でも、共通点を探して付き合ってみることによって、更に相手を好きになれるチャンスがあると言えます。感覚のズレによる我慢やストレスが生じにくいため、仲良くいられるでしょう。

5:その場のノリで付き合いを始めた

5:その場のノリで付き合いを始めた

一緒にいて楽しかったり盛り上がったりした時は、その場のノリで付き合いを始めることもあるでしょう。その場合は、相手のことを深く知らないことが多いですが、逆を言えば、知っていく段階で好きになれるチャンスが多くあるということです。

過度な期待や求めすぎることもないため、何となくノリで付き合い始めたとしても、長く続けていけるでしょう。

告白されて気持ちがわからない時の判断基準9選

恋愛感情には明確な基準がないため、なかなか見極めが難しいものです。そのため、自分の本当の気持ちに気付けていない可能性もあるでしょう。

ここからは、告白されて気持ちがわからない時の判断基準を9つ紹介していきます。自分の気持ちと照らし合わせながら、ぜひ参考にしてみてください。

1:価値観が合っている

恋愛関係を築く中で、価値観が合うかどうかは避けて通れない大切なポイントです。

相手がどんなに好みのタイプや魅力的な人だとしても、恋愛に対する向き合い方や好みのものなど、考え方や感じ方が違った場合、一緒にいても楽しめなくなってしまうでしょう。また、最終的には別れの原因にもなりかねません。

このように、価値観は二人の相性にも影響してくるため、価値観が合っているかどうかを確かめることが重要です。

2:誠実な性格である

好きかどうかわからない時は、わかりやすい外見などで判断してしまいがちですが、本質的に大切なのは相手の性格です。相手がとてもお洒落だったり、とても良い会社に入っていたりしたとして、それが全部無くなってしまっても魅力を感じるかどうか考えてみましょう。

逆に、些細な約束でも守ることや常に思いやりがあるかなどに加え、いざという時に頼りになるなど、相手の男性が誠実な性格であれば本当の意味で幸せな恋愛ができると言えるでしょう。

3:金銭感覚が同じである

3:金銭感覚が同じである

特に相手の男性との将来を考える場合などは、金銭感覚の相違についても見極めておくことが重要です。いざ付き合ったとしても、デート代をあまりに出し渋ったり、切り詰めたりするケースは少なくありません。

そうであればまだ良いですが、逆にギャンブル癖や浪費癖などがある場合もあります。貯金が全く無いならまだしも、借金をしている可能性もあるでしょう。

そのため、相手がどのようなお金の使い方をしているのか、金銭感覚は自分と同じかどうか、しっかりと見極めることが重要です。

4:自分のことを本気で好きである

自分のことを本気で好きでいてくれる人とは、そう出会えるものではありません。なかなか無いチャンスだからこそ、関係を大切にすることで、自分にとっても良い影響を与えてくれるでしょう。

相手が自分を本気で好きでいてくれて、いつまでも変わらず愛情を注いでくれそうな男性に大切にしてもらえるということは、恋愛においてとても幸せなことと言えます。

5:一緒にいて楽しいと感じる

一緒にいて楽しいと感じるということは、フィーリングが合うということです。例えば、相手の男性に少しでも拒否感や違和感があった場合、一緒にいて楽しいと思うことは無いでしょう。心のどこかで、好きではない可能性があります。

そのため、居心地が良いことはもちろん、自然体で自分らしく過ごせるかが大切です。そのうえで、些細なハプニングで笑い合えるなど、一緒にいることによって楽しい気持ちで過ごせるのならば付き合ってみても良いでしょう。

6:容姿や外見が自分の好みである

自分の気持ちがわからない場合、容姿や外見も判断に大切なポイントです。好きかどうかわからないということは、まだ相手を深く知れていない状態でしょう。したがって、自分の知れる範囲である外見は、わかりやすい判断材料になります。

もちろん中身は本質的に大切な部分ではありますが、付き合ってみてから吟味するのも遅くはないでしょう。ただし、遅くないとはいえ判断材料が外見のみの場合は、評判が悪くないかどうかあらかじめ確認しておくことが重要です。

7:キスや手を繋いだりできるかを考えてみた

好きかどうかわからないまま付き合ったとしても、カップルになるのならば、いずれはスキンシップを取ることになるでしょう。そのため、キスや手を繋ぐことを想像してみることで、気持ちを確かめる大切なヒントになります。

ドキドキすることはなくても、嫌悪感や拒否感など嫌なイメージが無ければ、いずれは好きになる可能性があります。その場合は、相手の男性からの告白を前向きに考え、付き合ってみても良いでしょう。

8:会える頻度について聞いてみる

8:会える頻度について聞いてみる

相手の男性が、常に恋人と一緒にいたいタイプなのか、あまり会えなくても気にしないタイプなのか、その点が違うことによってお互いがストレスを感じてしまう可能性があります。

あまり頻繁に誘われても断ることに一苦労してしまったり、少なすぎても物足りなさを感じてしまったりすることもあるでしょう。ストレスのない交際のために、どのくらいの頻度で会えるのか、あらかじめ聞いて確認しておくと良いでしょう。

9:遠距離だった場合の気持ちをちゃんと整理する

遠距離だった場合、物理的に距離が離れていることによって、気持ちを見失いがちになってしまうでしょう。不安や寂しさも伴うため、気持ちがブレてしまう場合や、好きな気持ちを持ち続けていくことが難しくなってしまう場合があります。

また、身近な人に目移りしてしまったり、そもそも恋愛を続けることに疑問を抱いてしまったりすることもあるでしょう。そのため、気持ちをコントロールできるように、しっかりと整理することが大切です。

好きかかどうかわからない男性に告白された時の返事4選

自分の気持ちは決まったものの、どう返事をしたらよいかわからないこともあるでしょう。

ここからは、好きかかどうかわからない男性に告白された時の返事を4つ紹介していきます。ぜひ自分の気持ちを見つめながら、参考にしてみてください。

1:付き合う

告白を承諾して付き合う場合、交際のスタートとして「よろしくお願いします」としっかり伝えると良いでしょう。ここでのポイントは、相手の気持ちにしっかりと向き合って、誠実に伝えることです。そうすることで、好印象を与えられるでしょう。

しかし、自分も好きな場合と好きかどうかわからない場合では、同じ返事でも伝え方が変わってきます。以下では、それぞれの対応について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分も好きな場合

自分も好きな場合は両思いということですから、素直に自分も好きだったという旨を伝えると良いでしょう。返事と一緒に、告白されて嬉しかったという気持ちをプラスアルファで伝えることもおすすめです。

シンプルな返事ですが、わかりやすいうえに自分の好意も伝わるため、相手も安心して喜んでくれるでしょう。

好きかどうかわからない場合

好きかどうかわからないけれど告白を承諾する場合、ストレートに「よろしくお願いします」と心を込めて伝えてみましょう。そうすることで、誠実さも伝わり、相手も安心してくれるでしょう。

気持ちはわからないけれど、交際を始めるということは少なからず二人の関係性も変化します。そのため、変化を受け入れられるように、あらかじめ心を整理しておくと良いでしょう。デートを重ねていくことで、相手の魅力的な部分が見つかる場合もあります。

2:冷静に考える時間が欲しい事を伝える

冷静に考えたい場合は、時間が欲しいことを伝えてみるのも1つの方法です。自分の気持ちに向き合えずに慌てて決めてしまった場合、後悔するような結果につながる可能性があります。そのため、一旦保留にしてみると良いでしょう。

保留期間には、友人や知人に相談してみることもおすすめです。客観的なアドバイスが得られるため、より冷静に考えられます。

また、時間が欲しいことを伝える時は、あらかじめ期間を決めておくと良いでしょう。そうすることによって、相手にストレスを与えず、自分も落ち着いて考えられます。

3:友達から始めてみる事を伝える

3:友達から始めてみる事を伝える

相手のことを深く知らない場合は、友達から始めてみたいということを伝えて、様子を見てみるのも良いでしょう。相手のことを知らないままカップルとしてスタートするよりも、ひとまず親しくなることによって、より相手の本質が見極めやすくなります。

また、友達として一緒にいるうちに、自然に惹かれていくケースは少なくありません。友達期間を経ることによって、より付き合う決意につながりやすくなるでしょう。

4:はっきり断る

断りの返事はなかなか伝えるのが難しいですが、付き合いたいと思えない場合ははっきり断ることも大切です。トラブルを避けるためにも、思わせぶりな態度や含みは持たせず、しっかり誠意を持って断ると良いでしょう。

その場合は、告白してくれたことに対する感謝の気持ちを、プラスアルファで伝えることがおすすめです。そうすることで、誠意が伝わるうえにしっかりと終止符を打てるため、相手も新しい恋を始めやすくなるでしょう。

好きな男性がいる場合

好きな男性がいる場合は、はっきり断ることはもちろんですが、好きな人がいることも話しておくと良いでしょう。下手に含みを持たせてしまったり曖昧にしたりすれば、後々トラブルにつながりかねません。

他に好きな人がいると正直に話すことによって、大抵の男性は諦めてくれるでしょう。理由もはっきりとしているため、お互い後腐れなく関係を断ちやすくなります。

好きかどうかわからない男性に交際のお断りをする時の注意点3選

告白を断る際、相手を必要以上に傷つけてしまわないか、トラブルになってしまわないかなど、対処に悩んでしまうことも多いでしょう。

ここからは、好きかどうかわからない男性に交際のお断りをする時の注意点を3つ紹介していきます。気持ちを上手に伝えるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1:思わせぶりな言い方をしない

思わせぶりな言い方は、相手に期待を持たせてしまうことにつながってしまいます。期待させられた相手は、未来の可能性を想像してしまい辛く苦しい時間を過ごすことになるため、とても残酷なことです。

相手を傷つけたくない気持ちから、はっきり断るのが難しい場合もあるでしょう。しかし、その場しのぎの言葉では更に相手を傷つけてしまうため、思わせぶりな言い方ではなく、はっきりと気持ちを伝えましょう。

2:トラブルを避ける言い方をする

2:トラブルを避ける言い方をする

はっきり断ることは大切ですが、相手が傷つくことなど、あえて言わなくてもいいことを言ってしまっては、トラブルを招いてしまいます。また、不誠実な返事も、相手によっては逆上してしまう可能性があるでしょう。

告白を断る時は、相手の気持ちに真剣に向き合い、誠実な態度を取ることが大切です。そのため、相手を不用意に傷つけてしまわないよう、トラブルを避ける言い方をしましょう。

3:相手に対して配慮をする

例えば、相手が会社の先輩や同僚だった場合、告白を断ったことでギクシャクしてしまっては仕事に支障をきたしてしまうでしょう。また、職場の空気が悪くなってしまったり、周囲にも悪影響を及ぼしてしまったりする可能性があります。

そのため、断りの返事にプラスアルファで、尊敬している旨や頼りにしている旨を伝えるようにしましょう。そうすることによって、相手の気持ちを尊重することにもつながり、嫌な気持ちを与えにくくなります。

告白の気持ちがわからないまま結婚を考える時のポイント3つ

交際を続けていくと、いずれは結婚の話が出てくる場合もあります。特に、好きかどうか気持ちがわからない場合、結婚に対して不安に思ってしまうことも多いでしょう。

ここからは、告白の気持ちがわからないまま結婚を考える時のポイント3つ紹介していきます。気持ちがわからないまま結婚してもいいのか、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

1:結婚後に愛情が生まれる場合がある

自分に対して、常に愛情を注いで大切にしてくれる男性とは、人生の中でそう出会えるものではありません。そんな気持ちを持ってくれる男性と、長い年月をかけて大切に関係を育んでいく結婚は、とても幸せなことだと言えるでしょう。

また、結婚となると人生を共にすることになるため、恋愛感情だけでは成り立たない場面も多くあります。そのため、自分を愛してくれる人と結婚することによって、たとえ気持ちがわからなくても安定した幸せを手にできるでしょう。

2:嫌いじゃないかを確認する

好きかどうか気持ちがわからない場合は、逆に嫌いじゃないかを確認するのも1つの方法です。時間を長く共有していくにつれて、次第に愛情の形は変わっていくものです。

付き合いたてのドキドキする気持ちはなくても、関係を深めていく中で、愛情の成熟度は高まっているでしょう。また、好きの反対は嫌いではなく、無関心です。そのため、嫌いな気持ちが無いのならば、好きな気持ちに気付いていないだけという可能性もあるでしょう。

3:別れた後に好きだと気付くことも

3:別れた後に好きだと気付くことも

一緒にいることが当たり前になってしまい、別れた後に存在の大切さに気付く場合もあります。付き合っている間は存在が身近すぎて、相手の良さや存在の大きさを、つい忘れてしまいがちなものです。

しかし、結婚の話が出るということは、それほど深い仲だということでしょう。そのため、相手を好きな自分を素直に受け入れてみるのも1つの方法です。

告白の気持ちがわからないまま別れた方が良い場合3つ

好きかどうか気持ちがわからない場合、別れる際も見極めが難しくなってしまうでしょう。また、既に愛情が無くなっていることに気付けていない可能性もあります。

ここからは、告白の気持ちが分からないまま別れた方が良い場合について3つ紹介していきます。相手との関係を前向きに考えられない時など、ぜひ参考にしてみてください。

1:愛情が無い状態で改善が無ければ別れる

愛情が無い状態で関係を続けている場合、それは惰性で何となく付き合っている状態と言えます。その場合、お互いに思いやりが持てず、ちょっとしたことが喧嘩につながってしまうこともあるでしょう。

その状態で一緒に過ごしても、楽しくないうえに、とても無意味です。そのため、関係に改善が見られないようであれば別れた方が良いでしょう。

2:愛情の気持ちも実感もなければ別れる

愛情の気持ちや実感が無い場合、その交際は無意味なものです。そもそも自分が相手に対して愛情の気持ちが湧いてこなかったり、相手からも愛されている実感がなかったりすれば、お互い好きではないということでしょう。

そのため、無意味な時間を過ごすよりも、関係を解消して別々の道に進んだ方が、今後のお互いのためと言えます。

3:浮気や暴力を我慢するなら別れる

3:浮気や暴力を我慢するなら別れる

浮気や暴力を我慢するということは、とても理不尽なことです。本来ならばしなくても良い我慢を無理にすることによって、心は傷ついて疲弊してしまい、本来の輝きも失われてしまうでしょう。そのため、早急に別れることをおすすめします。

浮気や暴力は、大人として道理に外れた行為です。好きかわからない場合だけでなく、たとえ好きであっても、一刻も早く別れた方が良いでしょう。

告白されて気持ちが分からない時は相手を見極めよう

本記事では、告白されたけど好きかどうかわからない場合の対応の仕方や、交際するうえでの判断基準、断る際の注意点などを紹介しました。告白されて気持ちがわからない時は、将来まで見据えた関係になれるかどうか、相手をしっかり見極めることが大切です。

ぜひこの記事で紹介した対応方法や判断基準を参考に、今後も一緒にいられるかどうか、想像しながら相手を見極めてみてください。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む