【男女別】デートで気を付けることのポイント|会話のポイントについても紹介

初デートではお互いに知らないことが多くあります。そのため、恋人からの印象を悪くしないためにも、気をつけるべきことがあります。

初デートを成功させられるように、それらの気をつけるべきことを事前に把握したうえで、デートの準備を進められるようにしましょう。

(目次)

恋人との初デートにおいて気をつけることとは?

好きな人と無事に結ばれて恋人関係になれたからと安心してはいけません。まずは初デートを成功させましょう。初デートの内容はその後の恋愛の方向性を決めることもあります。

恋人との初デートを成功させるためにも、気をつけることは事前に把握しておきましょう。

【男女別】デートで気を付けることのポイント

初デートの際には、失敗しないように気をつけることを事前に押さえておきましょう。

気をつけることは男性と女性で異なる部分があります。そのため、彼氏側と彼女側のそれぞれが、初デートで気をつけることを把握しておくようにしましょう。

女性の気を付けるべきこと7つ

女性が初デートで気をつけることは、主に女性らしい振る舞いを忘れないことが重要でしょう。もし、デートで女性らしい振る舞いができなければ、彼氏からガッカリされてしまう可能性があります。

そのようなことを避けるためにも、女性はどのようなことに気をつけなければいけないか把握しておきましょう。

1:デート前の準備時間がかかる場合は遅刻しない

1:デート前の準備時間がかかる場合は遅刻しない

彼氏との初デートであれば気合を入れて準備をするという女性も多いでしょう。しかし、気合を入れようとしたことで、服選びやメイクなどにいつもより時間がかかってしまう場合があります。

予定よりも準備に時間がかかることで、デートの時間に遅刻してしまわないように注意しましょう。初デートで遅刻してしまうと、彼氏からの印象が悪くなってしまう可能性があります。

2:服装は気合を入れすぎずにする

彼氏との初デートだからと、服装に気合を入れる女性は多いでしょう。しかし、気合を入れすぎることで、無意識のうちに過剰に着飾ってしまい、気合が空回りしたような服選びをしてしまうことがあります。

服選びに失敗してしまうと、初デートで彼氏に良い印象を持ってもらえない可能性もあるため、服装選びには注意が必要になります。

時季にあわせたワンピース

初デートでは女性らしさを意識することが重要です。そのため、女性らしさをアピールできるワンピースはデートでの定番ファッションとなります。デートに何を着て行くか迷った場合には、ワンピースを選ぶと大きなハズレを引くことはないでしょう。

ただし、春なら明るい雰囲気に合わせた淡い色や、冬ならロマンチックな夜デートを意識して、大人っぽい落ち着いた色のものを選ぶなど、時季にあわせたワンピース選びをしましょう。

ポイントを押さえたパンツスタイル

買い物や祭り・旅行などのように、歩き回ることが予想できるデートの場合には、動きやすいパンツスタイルを選ぶようにしましょう。

また、アクティブな印象を与えたい場合はデニム、大人の印象を与えたい場合はサテンパンツなど、デート先と与えたい印象に合わせたパンツ選びをしましょう。

アウターはすっきり綺麗なものを

アウターはファッション全体の印象に大きな影響を与えます。また、デートの服選びでは、気合を入れすぎてゴテゴテしたファッションにならないように注意する必要があります。

初デートでのアウターはシンプルなデザインで、すっきりとした印象を与えられるものを選ぶようにします。特に、冬は着込みすぎてモコモコになってしまいがちなため、カシミヤコートやダッフルコートなどですっきりとした綺麗な印象を与えることを意識しましょう。

迷った時はスカートスタイル

ワンピースと同様に、スカートスタイルも女性の定番デートファッションです。

初デートでの服選びに迷った場合は、スカートスタイルをベースにして服選びをしても良いでしょう。また、スカートスタイルの場合も、時季にあわせたものを選ぶようにしましょう。

3:ちょっと嫌なことがあっても笑顔を見せる

初デートであれば、まだ付き合ってからそれほど期間は経っていないでしょう。そのため、デート中の言動で、嫌に感じてしまう場面も出てくる可能性があります。そのような時に嫌な表情をしてしまうと、デートの雰囲気が壊れることになるでしょう。

デートの雰囲気を壊さないためにも、彼氏もまだ手探りの状態であることを理解し、ちょっと嫌なことがあっても表情に出さずに笑顔を見せるようにしましょう。

4:無口またはしゃべり過ぎに注意する

恋人関係になれば、これまで以上に距離が近づきます。そのため、いろいろなことをつい話し過ぎてしまう場合があるでしょう。しかし、彼氏がまだ探り探りの状態であれば、一気に距離を詰めて、本音をたくさん聞かされると困惑してしまう可能性があります。

逆に無口になりすぎても、彼氏が何を話題にすれば良いかわからなくて、会話の少ない気まずいデートとなってしまうこともあるでしょう。

そのため、しゃべるタイミングや聞くタイミングなどをうまく見極めて、会話のペースをコントロールしてあげましょう。

5:食事中や後のマナーをしっかりしておく

5:食事中や後のマナーをしっかりしておく

初デートで食事のマナーが悪いと、彼氏からガッカリされてしまう可能性があります。また、彼氏が食事の支払いをしてくれる場合、奢られることが当然のように振る舞ってしまうと、印象を悪くしてしまうでしょう。

そのため、きっちりとしたマナーまで意識する必要はありませんが、恋人関係であっても食事デートの際は、食事中も食後も最低限のマナーを守るようにしましょう。

前向きな本音の会話でデートを楽しむ

初デートで彼氏にいきなり本音をどんどんぶつけてしまうと、彼氏が困惑してしまう可能性があります。

しかし、初デートであれば付き合い始めのこともあり、彼氏は彼女のことを探り探りに知ろうとしている部分もあります。そのため、本音を全て伝えるのは避け、適度に本音を出して彼氏が自分のことを少しでも探りやすいようにしてあげましょう。

また、初デートでは楽しい雰囲気を崩さないようにすることが大切なため、本音であっても後ろ向きになるような言動はできるだけ避け、会話は常に前向きで良い印象のまま進めましょう。

7:次のデートのためにLINE(ライン)や番号の交換をする

すでに恋人関係であれば、LINEや電話番号の交換は済んでいることがほとんどです。

しかし、今では恋愛にも様々な形や価値観があり、ネット恋愛の場合では会う前から付き合う人たちもいます。そのような場合は、普段のやりとりをアプリやSNSを通して行っているというカップルもいるでしょう。

初デートで直接会えたのであれば、今後のやりとりをスムーズに行うためにも、LINEや電話番号の交換は忘れずに行うようにしましょう。

男性の気を付けるべきこと8つ

女性が彼氏との初デートで気をつけることがあるように、男性も彼女と初デートをする際に気をつけることがあります。

ただし、男性と女性では気をつけることが異なる部分もあるため、男性も彼女に初デートでガッカリされないように、それらの注意点を事前に把握しておくようにしましょう。

1:デート時の服装は清潔感を大切に

1:デート時の服装は清潔感を大切に

もしヨレヨレのシャツや、ボロボロに汚れたパンツなどでデートへ行ってしまうと、一緒に歩く彼女が恥ずかしい思いをしてしまう可能性があります。

そのため、デートの服選びをする際には、清潔感を重視するようにしましょう。また、服装以外にも、髪型やヒゲ、爪なども清潔な印象が与えられるように整えておくことも、気をつけることとして挙げられます。

姿勢などにも気を配る

いくら身だしなみを整えていたとしても、座った時に猫背になったり、フラフラと揺れながら歩いてしまったりすると、彼女にだらしない印象を与えてしまうことがあるでしょう。また、自信のない印象や、頼りない印象を与えてしまう可能性もあります。

しっかりと身だしなみを整え、その身だしなみにあわせた正しい姿勢を保つようにしましょう。

振る舞いや態度に気を配る

身だしなみが整っていても、彼女をしっかりとエスコートせずに人混みでオドオドするような振る舞いをしてしまうと、頼りない印象を持たれることがあります。

また、お店などでスタッフさんに横柄な態度をとるようなことをすれば、彼女が恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。人によっては嫌悪感を持たれてしまう可能性もあります。

初デートで彼女に幻滅されないように、整えた身だしなみに合わせた振る舞いや態度をとるようにしましょう。

2:時間割のようなデートの計画はしない

スムーズなデートができるように、デートプランを立てておくことは重要です。しかし、事前にどこで何をするのかを時間割のように細かく決めてしまうと、彼女の意見を取り入れられなくなってしまいます。

また、臨機応変な対応も取りにくくなり、自由に行動もできないことから、彼女に遠足のような印象を与えてしまう可能性もあります。デートプランを立てる際には、事前に予定をガチガチに固めすぎないようにしましょう。

遅刻をしない

女性と同様に、男性も初デートで遅刻をするようなことがあれば、恋人からの印象が非常に悪くなってしまいます。そのため、男性も時間にゆとりを持って待ち合わせ場所に着けるように、早めに家を出ましょう。

また、男性は女性よりも出かける準備に時間がかからないことが多いため、早めに待ち合わせ場所に着いて、周辺を下調べするくらいのゆとりを持っても良いでしょう。

デートの時間に気を付ける

彼女と初デートの日は、なるべく長く一緒にいたいと思ってしまう男性は多くいるでしょう。しかし、あまり長時間のデートをしてしまうと、ダラダラとした印象を与えてしまう可能性もあります。

そのため、初デートは目的を絞って、適度な時間で楽しい印象のまま終われるようにしましょう。楽しい印象のまま初デートを終えることで、彼女に次回のデートも楽しみに思ってもらえるようになります。

周辺の情報なども気を配る

目的地が決まっていても、道に迷ってしまうとデートがグダグダになってしまう可能性があります。また、行こうと思っていたお店がお休みだった場合や、近くでイベントをしていて目的地周辺で渋滞が起こるなどの場合も、彼女にガッカリされてしまうでしょう。

そのようなことを避けるためにも、時間に余裕があれば早めに待ち合わせ場所に着いておき、周辺を確認しておくことをおすすめします。または、ネットで地図や情報などを確認して、予定通りのデートができるように下調べをしておきましょう。

3:ネガティブな会話内容にならない努力をする

3:ネガティブな会話内容にならない努力をする

付き合い始めはまだお互いのことを探り探りな部分もあるでしょう。そのため、もし初デートでネガティブな言動ばかりしていると、彼女から「実は暗い人だった」と思われてしまう可能性があります。

彼女からの印象を悪くせず、今後もうまく付き合っていくためにも、デート中はネガティブな言動が多くならないように注意しましょう。

言葉遣いにも気を配る

恋人関係になったからと、彼女からの印象を気にせず、言葉遣いが悪くならないように注意しましょう。

彼女が彼氏のことを探っている状態であれば、急に粗く雑な言葉遣いで会話すると、「実は乱暴な人だった」「本当は馴れ馴れしい人だった」などの悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

言葉遣いで悪い印象を持たれないようにするためには、付き合った後も言葉遣いには気を配りましょう。言葉遣いを変える時は、彼女との距離感を見極めながら徐々に変えていくようにすることが大切です。

自分のことばかり話し過ぎない

付き合い始めの頃は自分のことを彼女によく知ってもらいたいからと、自分のことばかり話してしまう人がいるでしょう。しかし、自分の話ばかりすると、彼女が話せなくなってしまいます。また、その話が面白くなければ会話に飽きられてしまうこともあるでしょう。

そのため、デートでは自分ばかりが話すのではなく、彼女の話も聞くようにしましょう。彼女の話を聞かないと、逆に彼女のことを知ることもできません。

アドバイスや否定することばかり言わない

恋人関係になれば、お互いの距離が縮まるため、会話をしていると彼女から愚痴や相談のような話題が挙がってくる場合もあります。

そのような会話の流れになった際、アドバイスや結論を言わないといけないと思う男性も多いでしょう。しかし、彼女はアドバイスや結論を求めているのではなく、共感だけを求めていることもあります。

そのような場合に、彼女に対して説教や否定などの返しをしてしまうと、彼女にガッカリされてしまう可能性もあるでしょう。場合によっては嫌われてしまうため、注意が必要です。

4:決断力を意識して物事を決めよう

優柔不断で物事をスパッと決断できないと、彼女は彼氏を頼りなく感じてしまう場合があるでしょう。特に、付き合い始めはお互いのことがまだよくわかっていない部分もあるため、彼女は彼氏にリードしてもらいたいと考えている場合もあります。

初デートでは彼女をリードして、決断力があることをわかってもらえるようにしましょう。ただし、決断力を意識しすぎて、彼女の意見を無視するような身勝手な判断はしないように注意しましょう。

5:金銭は余裕を持って用意しておく

5:金銭は余裕を持って用意しておく

デートも回数を重ねれば出費も大きくなるため、ある程度の節約をすることも重要です。しかし、初デートがいきなり節約デートでは、彼女の気持ちも覚めてしまう可能性があります。

また、お金を使いすぎないようにと思って、財布に入れるお金を少なくしていると、いざという時にお金が足りなくなってしまうこともあります。彼女に格好悪い姿を見せることになってしまうため、注意しましょう。

現金がなくてもカードやアプリで支払いをすれば良いと思っている人もいますが、自分の使っているカードやアプリに対応していないお店もあります。そのため、現金は余裕を持って用意しておきましょう。

6:女性への好意は気遣いで伝える

恋人関係であれば、すでにお互いの好意は確認できているでしょう。そのため、彼女に言葉で好意を伝えることも重要ではありますが、デート中の気遣いや配慮、態度などの行動でも伝えるようにしましょう。

好意を行動で示すことで、友人関係とは異なる接し方となり、彼女は恋人としての実感を得られます。

7:食事中のマナーに気を配る

食事中にマナーを守れていないと、彼女が恥ずかしい思いをしてしまう場合もあるため、注意しましょう。

他にも、食事のペースを女性にあわせる、メニューの決断を早くする、会計をスマートに済ませるなどの男性側だけが意識すべきマナーもあるため、事前に把握しておきましょう。

8:デート中に次の機会をノリ良く聞いておく

8:デート中に次の機会をノリ良く聞いておく

初デートの際には、次のデートの話をして約束まで結びつけましょう。次のデートの話をすれば、彼女の行きたい場所や彼女が興味を持っていることなどを把握できます。また、次のデートの話をすれば、会話も盛り上げやすいです。

もし、彼女に行きたい場所がないという場合でも、彼女の言葉や表情を確認しながら、様々な場所を提案できるでしょう。そのため、彼女が気を遣って、行きたくないデート先に付き合うという状況も避けられます。

【男女共通】気を付けるべき行動9つ

デートをする際には、男女でそれぞれ気をつけることがあります。しかし、男女関係なく、気をつけるべきこともいくつかあります。それらの注意点についても、デート前に把握しておくようにしましょう。

1:スタッフさんへの横暴な態度

男性がデート中に注意すべき振る舞いとして、お店などでスタッフさんに横暴な態度をとらないようにするということがあります。これは彼女が彼氏にガッカリしてしまう定番行為です。

しかし、スタッフさんへの横暴な態度は、男性だけが行うものではありません。女性も男性と同様に、スタッフさんに対して横暴な態度をとってしまわないように注意しましょう。

2:子供への冷たい態度をとる

遊園地や商業施設などのデート先によっては、子供連れが多い場所に行くこともあるでしょう。そのような場所では、子供が騒いで走り回る、人などにぶつかるなど、周囲に迷惑をかけている場面に遭遇する可能性もあります。

その際に、子供相手に大人気ない態度をとる様子を恋人に見られると、印象が悪くなってしまう場合もあります。子供がしていることだと、暖かい目で見守ったり、大人な対応をとったりして、心の大きさを見せられるようにしましょう。

3:急に不機嫌になって無言になる

付き合い始めはまだお互いのことを理解できていない部分もあります。そのため、恋人の言動で、嫌な思いをしてしまう場合もあるでしょう。

しかし、その際の対応として、急に不機嫌になり無言になってしまうと、恋人は不機嫌になった理由がわからずに困惑してしまう可能性があります。また、デートの雰囲気も悪くなるため、注意が必要です。

そのようなことを避けるためにも、デート中は明るい表情を通しましょう。または、自分のことを理解してもらえるようにいろいろな会話をしましょう。

4:デート中に掛かってきた電話が長い

4:デート中に掛かってきた電話が長い

デート中に電話がかかってきた場合、相手や内容によっては電話に出なければいけない場合もあります。仕方のない事情がある場合は、電話に出る前後でその事情を説明し、なるべく早く電話を切り上げて、謝るようにすればたいていは問題になりません。

しかし、急いで出る必要のない電話に出て長電話をしてしまうと、電話に対応している間はデート中にもかかわらず、恋人を放置することになってしまうでしょう。恋人よりも急用ではない電話を優先すれば、当然ながら恋人からの印象は悪くなります。

5:歩きスマホや歩きタバコをしてしまう

歩きスマホや歩きタバコはモラルを欠いた行為であり、社会のルールに違反することでもあります。そのため、恋人からの印象が悪くなるどころか幻滅されてしまうこともあり、付き合い方を考え直されてしまう可能性もあるでしょう。

6:ゴミ箱にものを捨てないでポイ捨てする

普段からポイ捨てをしている人は、その動作に躊躇や迷いがなくサラッと行うこともあり、いつもこのようなことをしているのかと恋人から思われてしまい、印象が悪くなります。

また、ゴミのポイ捨てもルール違反のため、歩きスマホや歩きタバコと同様に、恋人から幻滅されてしまう可能性もあるでしょう。

7:列への割り込みをしている

列への割り込みもルール違反です。また、列に割り込めば、周囲からはカップルとしてまとめて悪者となってしまいます。周囲への迷惑だけでなく、隣にいる恋人のことまで考えられていない行動は、幻滅されてしまうでしょう。

8:文句ばかりを口にしている

ネガティブな言動はデートの雰囲気を悪くしてしまいます。そのため、デート中に愚痴や文句ばかり言っていると、恋人から一緒にいて楽しくないと思われてしまう可能性があります。

9:元カレや元カノの話ばかりをする

9:元カレや元カノの話ばかりをする

恋人に対する価値観は人それぞれであり、恋人に元カレや元カノの話をされても、元カレや元カノからプレゼントされたものを使っていても、何とも思わない人もいます。

しかし、自分が平気でも、恋人は平気でない場合があるでしょう。そのような場合に、無神経に恋人に対して元カレや元カノの話をしてしまうと、恋人が不快な思いをしてしまいます。また、その無神経な言動から嫌われてしまう可能性もあるでしょう。

デート中の盛り上がる会話で気をつけること6つ

まだ付き合いたてであれば、お互いにわからないこともあるため、デート中の会話がなかなか盛り上がりにくい場合もあります。

しかし、初デートで会話が盛り上がらなければ、今後もうまく付き合っていけるか不安を感じてしまう人もいるでしょう。そのようなことにならないよう、デート中の会話で気をつけることを事前に押さえておきましょう。

1:相手へ質問をしてみる

付き合い始めはまだお互いのことを理解できていない部分もあるため、恋人のことをより理解できるように、趣味や生活、仕事などのいろいろな質問をしましょう。恋人のことを理解することで、良い恋人関係を築いていけます。

また、自分からいろいろな質問をすれば、恋人からも質問してもらえ、互いの理解を深め合うことにも繋がります。

ただし、あまりプライベートに踏み込み過ぎた質問には注意が必要です。踏み込んだ質問は関係性を深めて、タイミングを見極めてからにしましょう。

2:相手の会話を中断させない

彼女が話している時に気をつけることとして、会話に割り込んで話を中断させないように注意する必要があります。

女性は意見や結論を求めているのではなく、共感を求めていて、話を聞いてくれることを望んでいる場合もあるでしょう。もし、会話を中断させるようなことをしてしまうと、彼女からの印象が悪くなります。

また、話を途中で何度も中断されると、彼女が話しにくいと感じてしまい、会話が盛り上がらない可能性もあるでしょう。

3:何かをしながら会話を聞かない

3:何かをしながら会話を聞かない

デート中にもかかわらず、スマホをいじる人もいるでしょう。お互い会話がなくても大丈夫な人の場合や、相手が気にしない場合はスマホをいじりながら会話をしても問題はありません。

しかし、もし相手がデート中にスマホをいじることを不快に思う人であれば、会話をする気がなくなってしまいます。

ただし、気をつけることとして、スマホをいじっていても良いと思う相手であっても、会話を聞かないようであれば、さすがに恋人から嫌われてしまうこともあるため注意しましょう。

4:自分から話題を作って話す

初デートの際に、何を話して良いかわからず、会話が続かなくなってしまうことはよくあります。そのような場合は、恋人にいろいろな質問をしましょう。質問をしているうちに、共通点や共感できる話題などが見つかる場合があります。

共通点や共感できる話題はお互いに話しやすいため、それらの話題を広げていくことで、会話が盛り上がりやすくなるでしょう。

5:相手に話を振るのを忘れない

何を話して良いかわからず、会話が続かなくなった場合に、自分からいろいろな質問をして、話題を作ることは効果的です。しかし、その際に気をつけることとして、話題が見つかったからと自分ばかりが話さないようにしましょう。

自分ばかりが話していると、恋人が話せず、会話がつまらなく感じてしまいます。そのため、適度に恋人へ話を振って、二人で会話を盛り上げることを意識しましょう。

6:感謝の言葉はどんな時でも伝える

6:感謝の言葉はどんな時でも伝える

恋人関係になれば二人の距離は急激に縮んでいきます。二人の距離が縮まるのは良いことですが、長く付き合っていくためにも、お互いに感謝の言葉を伝え合うように意識しましょう。

距離が縮まり、油断して感謝の言葉を伝えなくなると、お互いの愛情が確認できなくなり、衝突を起こした際に関係の修復が難しくなってしまう場合があります。また、その衝突が起こりやすくなってしまう場合もあるでしょう。

そのため、仲の良い関係になったとしても、思いやりの行動と感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

恋人との初デートで気をつけることを抑えておこう

恋人との初デートでは、まだお互いのことをよく理解していない分、気をつけることが多くあります。しかし、それらの注意点を事前に押さえておき、初デートを成功させることで、今後もより良い関係を築いていけるようになるでしょう。

恋人との初デートで気をつけることを事前に押さえたうえで、初デートの準備を進めるようにしましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む