育ちは関係ない? 品がある人とない人の違いとは

皆さんは、どのような人を見て「この人は品があるなぁ」とか「ちょっと品がないんじゃない?」と感じますか? 周りの人を見て、あなたがそう感じているということは、あなたもどのように思われているか分からないということ。

今回は、品がある人とない人の違いについて解説していきます。また、品がないと思われないようにするためのポイントもあわせてご紹介します。

品がある人とない人の違いとは?

最初に、品がある人とない人の違いからみていきましょう。

言葉遣い

言葉遣いが丁寧な女性は、品がある人だと思ってもらえます。ブランドもののアイテムをいつも身に付けていたり、自分に似合うファッションを理解したりしていても、「おまえさぁ」とか「これ、旨いわ!」、「腹減ったー」といった言葉ばかり使っていると、男性はがっかりしてしまうもの。

その一方で、「○○さんは……」と名前で呼ぶことや、「お腹が空いていたからこの料理はとても美味しく感じます!」といったような丁寧な言葉が出れば、品があると思ってもらえます。

丁寧に話してくれれば、男性側の真摯に対応したいと思う傾向があるので、言葉遣いに意識を向けるのはとても重要です。

あまりにも堅苦しいと仲良くなるのは難しいかもしれないと思われる場合もありますが、相手が気持ちよく話を聞けるような言葉遣いを心掛ければ、嫌な気持ちにさせずに済みますよ。

身だしなみ

身だしなみが整っているかどうかも、あなたの印象を大きく左右します。言葉遣いは丁寧だったとしても、服装がだらしなかったり、TPOにそぐわない服装をしていたりすると、周りから品がない女性だと思われてしまいます。

身だしなみを誰から見ても100点満点にするのは難しいですが、相手に不快感を覚えさせないような最低限の身だしなみなら整えられるはず。まずは、相手が不快だと思わないような身だしなみがどのようなものか理解し、少しずつでも整えていきましょう。

態度

品がある人は、誰にでも同じような態度で接することができます。目上の人に対しては敬意を表すのはもちろんですが、年下や立場が下の人に対しても変わらぬ態度で対応できると、「○○さんは器が広くて素敵な女性だ」と思ってもらえます。

年下だからとか立場が下だからといった理由で、相手を見下すような発言をするのはやめましょう。自分の中で優位性を感じられて気持ちよくなれるかもしれませんが、周りから見ると良い気分にはなりませんよ。

品がある人とない人には、このような点に違いがあります。自分がどちらに当てはまっているか考えてみると、周りからの見え方も把握しやすくなるでしょう。

どうすれば品がないと思われない?

態度

周りから見て品がないと思われないようにするにはどうすればいいのか知りたい人もいるでしょう。では、具体的に押さえておきたいポイントをご紹介します!

良い姿勢を意識する

品がある人は、常に姿勢が良い傾向があります。歩き方や座り方、立ち方は、少しでも気を緩めると自分が楽な格好になってしまいますよね。

常に気を張っているのは大変かもしれませんが、品があると思われたいなら良い姿勢を意識する事はとても大切。イスに座る時は浅めに腰掛けて背筋を伸ばすようにするなど、日常生活の中に取り入れられる姿勢改善方法もあるのでぜひ実践してみてください。

声のボリュームを絞る

自分が普段はどのくらいの声量で話しているかというのは、意外とわかりません。大きな声を出そうと思っていなくても、周りから見るとそう聞こえている場合もあるでしょう。

品がある人は、基本的に大きな声で話すことがないため、印象を変えたいなら声のボリュームを絞るのも1つの方法です。声のボリュームがどのくらいかわからなかったら、親しい友人や家族に聞いてみるのがおすすめ。

声が大きいという自覚がある場合は、少しボリュームを絞ってみましょう。それだけで、あなたの印象はかなり変わるはずです。

マナーを身に付ける

品があると思われたいなら、マナーを身に付けるのもおすすめです。マナーは生きていれば自然と身に付くものではなく、自分から学ばなければいけません。

食事のマナーやビジネスマナーなどの各種マナーは、身に付けておいて損はないでしょう。いざという時にも役立ちますし、普段から活かせるものもたくさんあります。品があると思われたいのであればマナーをしっかりと身に付けるのは有効な方法です。

品がない人は、周りからどのように見られているかということをあまり気にしていません。そのため、姿勢が悪くなってしまったり、声のボリュームが大きくなってしまったりします。

また、マナー違反をしても気が付かずに印象だけが悪くなってしまう場合もあるでしょう。品がない人だと思われないようにするには、上記のポイントを覚えておくのがおすすめですよ。

おわりに

マナーを身に付ける

品がある人とない人には、色々な面で違いがあります。ちょっとしたことだと感じる人もいるかもしれませんが、女性らしさだけではなく上品さも兼ね備えていた方が、魅力度がアップするものです。

そのため、品がある人だと思われる行動などを意識してみるのは、より豊かな人生を歩むためにも必要な要素だと言えるでしょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む