友達に嫌われてるかなと感じるサインを紹介|確かめる方法や対処法も解説

友達に嫌われてることが分かると、どのように接したらいいか分からず、気持ちも暗くなってしまうことがあるでしょう。この記事では、友達に嫌われてるかなと感じるサインや嫌われてることを確かめる方法、その場合の対処法についてなどを解説します。

(目次)

友達に嫌われてるのかなと感じる時がある人はいませんか?

友達に嫌われてるのかなと感じる時がある人はいませんか?

友達に嫌われてるのかなと感じるときがある人はいないでしょうか。何か理由があって嫌われてしまったケースもあれば、嫌われてることはなく、あなたの勘違いなこともあるでしょう。

この記事では、友達に嫌われてるかなと感じるサインや嫌われてるか確かめる方法、その対処法についてなど解説していきます。

友達に「嫌われてるかも」と不安な日々を過ごすことのないよう、今後も友達関係を良好な状態を保てるように、ぜひ参考にしてみてください。

友達に嫌われてるかなと感じる6つのサイン

友達に嫌われてるかなと感じる6つのサイン

友達に嫌われてるか知るためには、嫌われてるかなと感じるサインが出ているかチェックしていきましょう。友達に嫌われてるかなと感じるサインには以下のようなものがあります。

1:目を見て話してくれない

相手の目を見てコミュニケーションをとるということは、信頼や好意を示すサインです。そのため、逆に目を見て話してくれない場合は、相手に対して不快感や嫌悪感を持っている可能性が高いでしょう。後ろめたい気持ちや、早く離れたい気持ちが表れています。

友達に話しかけたときに、こちらの目を見て会話してくれない場合は、嫌われてしまった、または距離を置きたいと思われている可能性があるでしょう。

2:話しかけても素っ気ない態度をとられる

話しかけても素っ気ない態度をとられるのは、早くあなたから離れたいと相手が思っているためです。

偶然機嫌が悪く、誰とも話したくない気分だった可能性もありますが、特定の相手と仲良くしたくないときにとる態度でもあるため、嫌われたときのサインと考えても良いでしょう。

3:自分の話に作り笑いをされている気がする

自分の話に対して、相手に作り笑いをされている気がするのは、お互いが感情を出し合ってない可能性があるでしょう。好きな友達との会話であれば、作り笑いする必要はないため、作り笑いは嫌われているサインと考えられます。

4:プライベートな話をしてくれない

プライベートな話をしてくれないことも、友達に嫌われてるかなと感じるサインでしょう。友達であれば、最近あったことや好きな人のことなど、気軽に話すものです。

しかし、個人的な話を避けてくるのは、それ以上あなたに踏み込んでほしくないことを示しています。以前は普通に話してくれたプライベートな話をしてくれなくなったときは、嫌われたと同時に信用を失った可能性も考えましょう。

5:遊びや食事に誘われない

嫌われてしまうと遊びや食事に誘われなくなる可能性があるでしょう。嫌いな相手とは、一緒に行動をとることを控えたいと思う人は多いです。グループでの飲み会なども、リーダー格の相手に嫌われてしまうと、あなただけ誘いが来ない事態にも発展します。

6:SNSの繋がりを拒否された

SNSでのつながりを拒否されたときも嫌われている可能性があります。

アカウントを教えてと聞いたら「私SNSやってないんだよね」と言われたとしたら、遠回しにSNSでのつながりを拒まれていると考えられます。ただ、SNSを利用している人の中にはリア友に知られたくない場合もあるので、必ずしも嫌われているとは限りません。

アカウントを持っていることを公表していて、こちらがフォローしたのにフォローを返してもらえなかった、またはブロックされた場合はかなりの確率で嫌われているでしょう。

友達に嫌われてるか確かめる方法7つ

友達に嫌われてるか確かめる方法7つ

友達に嫌われてると感じるサインが分かったところで、次は友達に嫌われてるか確かめる方法について見ていきましょう。

嫌われてるか確かめる方法を知ることは、友達に嫌われてることが明確になってくるため怖い部分でもあります。しかし、曖昧な状況が続くよりも嫌われてるかはっきりさせて、状況を変えていくほうが気持ちが楽になることもあるでしょう。

ここでは、友達に嫌われてるか確かめる方法として、以下の7つを紹介します。自分ができそうな方法を試してみましょう。

1:会話中の態度や内容を確認する

自分が嫌われているかどうかは、会話中の相手の態度や話す内容から見えてきます。以下の態度を取られていないか確認してみましょう。

・自分が話そうとしたときに話を遮られることが多い

・自分が話しているときだけ素っ気ない態度や返事をされ、会話が広がらない

・こちらの意見や発言を否定されてばかりで、真剣に話を聞いてもらえない

・よそよそしい態度で何かと理由をつけて会話に混ぜてくれない

・相手からはプライベートの内容を一切話されない

あからさまに無視する人もいれば、態度を表面に出さない人もいます。話し相手にはなってくれるけど、ふざけた様子で真面目に話を聞かない人やプライベートの話をしない人は内心嫌っている可能性が高いです。

2:遊びや食事に誘ってみたときの対応を確認する

遊びや食事に誘ってみたとき、無難な理由を持ち出したり、予定を合わせる素振りもなかったりで断られるパターンが多ければ、その人に嫌われている可能性が高いでしょう。

また、自分が長く遊びや食事に誘われていない場合も嫌われている可能性があります。こちらから誘ってみて、相手の反応を確認してみましょう。

3:自分にまつわる噂を確認する

自分にまつわる変な噂が流れていないかどうかも確認しておきましょう。

学校や職場など狭いコミュニティでは情報が伝わりやすく、ありもしない噂のせいで周囲から煙たがられることもあります。自分だけがそんな噂知らなかった、というケースもよく見受けられるので、親しい人やグループでの会話を注意して聞くようにしましょう。

4:他の友人と自分との接し方の違いを確認する

友達に嫌われてるか確かめる方法として、他の友人と自分との接し方の違いを確認してみましょう。自分への対応が明らかに周りと違うのであれば、そのときの機嫌がたまたま悪いわけではなく、自分のことが嫌いなのか確かめる方法になります。

5:毎日自分から挨拶をして反応を見る

毎日自分から挨拶して反応を見ることも、友達に嫌われてるか確かめる方法の一つです。普段の会話や様子から読み取りにくい場合は、挨拶したときにどうか考えてみましょう。

挨拶した後、普通に返してくれたり、会話を広げようと話題を振ってくれたりすれば特に嫌われていることはないことが分かります。嫌いな相手であれば、挨拶は最低限のマナーとして返しても、すぐにその場を立ち去るでしょう。

6:自分から積極的に話しかけて反応を見る

自分から積極的に話しかけて反応を見ることも友達に嫌われてるか確かめる方法です。友達の様子や動きばかり見ていても、普段通りのコミュニケーションをとっていると分かりにくいことがあります。

こちらがアクションを起こしたとき、表情や態度が一気に変わることがないか観察しましょう。突然面倒くさそうにしたり、話題を無理に変えてきたりすれば、自分と話したくないのだなということが分かります。

7:他の親しい友人に聞いてみる

これまで紹介した友達に嫌われてるか確かめる方法を行ってみても、判断がつきにくかったということもあるでしょう。その場合は、他の親しい友人に聞いてみるのも、自分が嫌われてるかどうか確かめる方法になります。

第三者であれば、自分で感じとるよりも冷静な目で状況を見ることが可能です。もし、嫌われてるか気にしている友達が、あなたの悪口を言っていたのであれば教えてくれることもあるでしょう。

友達に嫌われてると感じる7つの心理

友達に嫌われてると感じる7つの心理

友達に嫌われてるか確かめる方法を試しても、嫌われてるか判断がつきにくく、実際は勘違いで友達から嫌われてないこともあります。しかし、なぜか嫌われてる気がしてしまうこともあるでしょう。ここでは、嫌われてると感じる心理について紹介していきます。

1:自己嫌悪に陥ちいる傾向が強い

自己嫌悪に陥る傾向が強いと、些細なことであっても何か起きる度に「自分はダメな人間だ」「自分は嫌われてるんだ」など、自分を責めて自分に対してネガティブに感じてしまいがちです。

たまたまその日友達の元気がなく、会話の反応が薄いと「私が話すのが下手だから私と話しているのがつまらないんだ」「私のことを嫌いになったのかも」などと不安になります。

2:相手との間に分離感を感じている

分離感とは、自分と相手が違い過ぎていると感じる感覚です。相手は自分とは違うのは当然のことですが、分離感が強すぎると些細なことで、孤独を感じやすくなります。その孤独感から、自分は誰にも理解されない、自分は嫌われてると感じやすくなるのです。

3:自分の言動をネガティブに捉える癖がある

自分の言動をネガティブに捉える癖があると、普段から、できたことよりできなかったことの意識が強くなってしまいます。できることもあるのに、できなかったことばかりに囚われてしまい、自信がつきません。

自分の言動をネガティブに捉えるところがあるため「さっきの自分の発言は相手を傷つけてしまったかも、あれがきっかけで嫌われてしまうのかな」など気にし始めます。相手が友達であっても、嫌われる可能性を考えずにはいられないのです。

4:神経質になってストレスを感じている

一時的に気持ちが落ち込んでしまうとき、神経質になって少しのことでもストレスを感じることもあるでしょう。そのようなときに友達の態度が冷たいと「あれ、私嫌われてるのかも」と感じやすくなってしまうことがあります。

5:相手と心が通じ合っていないと感じている

お互いに気持ちが通じ合っていると、安心感があり楽しいと思える感覚があるでしょう。逆に相手と心が通じ合っていないと、相手の心が見えないことで「嫌われてしまったのかも」と不安になることがあります。

相手の心が見えないため、一緒に行動していても「本当は一緒にいたくないんじゃないか」「無理につき合わせてしまったのかも」など不安を抱えます。相手と距離を感じたことで、嫌われてると受け取ってしまうのです。

6:報われたいという強い思いがある

報われたいという強い思いがあると、相手の反応の結果に期待しすぎるところがあり、場合によっては「嫌われた」と受け取ってしまうことがあります。

たとえば、相手に好かれようとして頑張ったものの、相手から期待したような反応がないとき「自分は嫌われているから相手の反応が薄かったんだ」と、感じてしまいます。

7:人を信じることができない

人を信じることができないと、相手を疑ってしまう部分が大きくなります。そのため、特に悪い態度をとっていない友達であっても「心の底では私を嫌いなのだろう」と疑いの気持ちを持ってしまうでしょう。

友達に嫌われていると分かったときの7つの対処法

友達に嫌われていると分かったときの7つの対処法

友達に嫌われてるかどうかで、毎日がつらくなってしまうこともありますが、そこは自分を成長させる機会とも考えましょう。ここでは、友達に嫌われていると分かったときの7つの対処法について紹介します。対処法を知り実践することで、今の自分を変えることにもつながります。

1:嫌われる原因を特定して改善する

周囲から好かれる人になるためには、嫌われる原因を知って改善に取り組むことが一番大事!

自分の性格や言動などを客観的に分析し、人に嫌われる原因を探ってみましょう。原因が見えてくれば、改善に必要なのは何なのかが見えてきます。

自分ではどうしてもわからない時は、自分をよく知る人に欠点を聞いてみるのもよいでしょう。また、少し勇気がいりますが、嫌われている人に直接自分の嫌いな部分を聞き出してみるのも一つの手です。

2:嫌われている人とできるだけ関わらない

特に理由もなく一方的に嫌われていることもあります。あからさまな態度をとってくる人や嫌われる原因が一切見えてこない人の場合、相性の問題と考え極力関わらないことが得策です。

相性は、どちらか片方だけの努力で関係性が改善される可能性が低いものです。それより自分と気の合う人との仲を深めていくことに集中しましょう。

3:卑屈なったり気にしすぎたりしない

人から嫌われているからと卑屈になったり、気にしすぎたりするのは止めましょう。被害者オーラを出しているとますます嫌われる場合もありますし、考え方もマイナス思考になりがちです。

関係改善に向けてはポジティブな気持ちを持つことも大事です。 自分に関わる全ての人が好いてくれるわけではない、そう考えると少しは気持ちが楽になるはずですよ。

4:自分を好きでいてくれる人をより大切にする

自分のことを好いてくれる人、評価してくれる人は必ず存在します。そういう人は周りの噂や評判に左右されずに、あなたのことを見てくれています。

自分を嫌っている人のことを気にするよりも、自分を認めてくれる人をもっと大切にするように心がけましょう。そうすれば自尊心を保つことができます。また、本当につらく苦しいときに助けになってくれるはずです。

5:自己中心的な態度をとっていないか自分を見つめ直す

嫌われてしまった原因が分からなかった場合、まず自己中心的な態度をとっていないか自分を見つめ直しましょう。嫌われない自分に変わるために、自分の短所を改善するなど行動を起こすことが肝心です。

自己中心的な人は、これまで、周囲の状況が目に入っていなかったり、他人の気持ちを考えたりすることがなく、それが普通だったために、自己中心的な態度が良くないという事実を知らない可能性が高いでしょう。

友達に嫌われていると分かったときは、自己中心的でなかったか自分を疑うなど、自分を見つめ直すところから始めてみることをおすすめします。

6:直接本人に嫌っている理由を聞いて対処する

自分の中で悪い部分がなかったか反省してみて、改善につながる行動をとっても友達との関係が好転しない場合は、直接本人に嫌っている理由を聞いて対処しましょう。自己解釈で動いても友達が全く望んでいないことをしている可能性があります。

友達に嫌われてるか確かめる方法は、直接口頭で聞くか、難しい場合はLINEなど文字で質問する形が良いでしょう。

7:嫌われてるという被害者意識があれば直す

友達に嫌われていると分かったとき、そこで嫌われてるという被害者意識を持っていると、自分に非はなく、嫌ってきた友達が酷い人間だ、という意識を持っていることになります。

実際、嫌われるようなことをしたのは自分でも、被害者意識が強いと受け止め方が大きく変わってくるでしょう。基本的に自分が悪くないと思っているために、被害者意識が強く出てきてしまうのです。

被害者意識を勝手に持っている人は、実際被害がなく、周囲に非はなくても被害者として振舞ってくるため嫌われる傾向があります。友達にも嫌われてしまうことになるので、この意識は直すようにしましょう。

嫌われやすい人の主な9つの特徴

嫌われやすい人の主な9つの特徴

友達に嫌われてしまうと、精神的につらい部分があるでしょう。最後に、嫌われやすい人の主な9つの特徴について紹介します。今後嫌われないようにしていくためにも、嫌われやすい人の特徴を知って、自分の中にその要素がないか確認しておくことが大切です。

1:自己中心的な人

自己中心的な人は、自分のことをまず先に考えるところがあり、周りの人への配慮が足りないことが多いでしょう。そのため、自分勝手な言動が目立ち、周囲を不快な気持ちにさせてしまうことがあり、嫌われやすい傾向があります。

2:人によって態度がコロコロ変わる人

人によって態度がコロコロ変わる人は「この人は自分よりも上だから良く思われたい、この人は自分よりも下だからどうでもいい」など、自分の基準で相手を判断してぞんざいな態度を取ります。

自分よりも下、自分にとって仲良くする価値がないと思った相手には、きちんとコミュニケーションをとらないため「私もこの人と交流するとき嫌な態度を取られるのでは?」と不振を抱いてしまうでしょう。

たとえ嫌な態度を取られなくても、いつ下に見られて嫌な態度をとられるか不安になります。そういった相手とは仲良くしたいとは思いにくく、苦手意識を持たれやすいでしょう。

3:自慢話や自分の話が多く聞き耳を持たない人

自慢話や自分の話が多く聞き耳を持たない人は、相手も話を聞いてほしいと思っていることを考えられていないため、人から嫌われやすい傾向があります。

一方的に話続けていると「うるさいな」「自分だけ話を聞かせていい気分になりたいだけなのかな、自分勝手だな」と感じられ、周囲に敬遠されてしまいやすいでしょう。

4:人の悪口や噂話が大好きな人

人の悪口や噂話は「自分もこんな風にこの人に言われるんじゃないだろうか」と話を聞いている相手に警戒され、嫌われる可能性があります。

悪口や噂話をネタとして面白可笑しく、周囲に話題を提供しているつもりになっている人は、考えを改めたほうが良いでしょう。

聞かされている人は気分のいいものではありません。ただ「そういうことを言うのはやめよう」と言うと、自分が悪口の対象にされてしまうことが怖いため、悪口や噂話に対して適当に相槌を打って合わせているだけです。

5:相手に対する感謝の気持ちがない人

相手に対する感謝の気持ちがない人は、周りが自分のためにチヤホヤしてくれて当然だと思っている人や「ここはお礼を言うべき」という客観的な視点を持たない人でしょう。

「ありがとう」の一言も気遣いもないと、一緒に行動すると相手をイライラさせやすく、嫌われやすい傾向があります。

6:嫌な仕事や面倒事は他人に押し付ける人

嫌な仕事や面倒事を他人に押し付ける人は、自分が楽をしたい、自分さえ良ければいい、という気持ちが全面に表れているため、周りから嫌われるケースが多いでしょう。

自分が嫌な仕事を、周りの人間が好きな仕事だと思っているのか、そんなことも考えず自分がやりたくないから周りに押し付けているのかは分かりませんが、ともかく自分のことしか考えていない人です。

自分優先の人と仲良くしても、嫌なことばかり押し付けられてしまうため、仲良くしたいとは思われないでしょう。

7:人からの指摘に言い訳したり嘘をついたりする人

人からの指摘に言い訳したり、嘘をついたりする人は、対応が面倒な人と周囲から思われ、嫌われやすいでしょう。自分の非を認めない人は言い訳も見苦しく、呆れられてしまいます。

8:自分の失敗を責任転換しようとする人

自分の失敗を責任転換しようとする人も、嫌われやすいでしょう。間違いや失敗は、誰だって起こす可能性があり、そのときどう対応するかが重要な部分です。

自分でしたことは自分で責任をとるのは、社会のルールとして一般的ですが、自分が可愛く自分に甘い人は、自分が引き起こしたことでも人のせいにして言い逃れしようとします。

自分ではなく、周りのせいにする考え方は、聞いているだけでイライラしてくるでしょう。また「責任転嫁されたら困るから親しくしたくない」と思われやすいこともあります。

9:清潔感のない人

清潔感のない人は、近寄りたくない印象につながり、嫌われる対象になりやすいでしょう。汚れやほこりが服についている、服のシワが多い、何日も同じ服をきていて洗濯していないニオイがするなど、極端に清潔感のない人は周囲から距離をとられやすいです。

友達に嫌われてると感じたら上手に対処法を活用しよう

友達に嫌われてると感じたら上手に対処法を活用しよう

友達に嫌われてるかなと感じるサインや、嫌われてるか確かめる方法、対処法についてなど解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

友達に嫌われてることで、毎日が憂鬱になってしまうことがありますが、今後あなたの行動次第で状況が改善することもあります。友達に嫌われてると感じたら、まずは嫌われているか確かめる方法を実行し、対処法を参考に行動してみてください。

嫌われているからといってネガティブに考えすぎないことが大切です。どうすれば関係修復できるか考えて実践していけば、今よりも状況は好転していくでしょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む