「もう恋なんてできないかも」と諦めがちになる本当の理由とは?

彼氏がほしい。結婚だってしたい。でも……モテ服を着て、気合を入れながら出会いを探すとか、連絡先を交換した男性と約束を取り付けてデートをするとか。ぶっちゃけ面倒くさい、と思う女性は意外に多いんじゃないでしょうか?

特に、三十路を過ぎて35歳に近づいていくと、恋活や婚活が急に億劫に感じられるものです。本当は、結婚を見越した重めな恋愛を積極的に求めていかなきゃならないのに、気持ちがすでに萎えている、という……。気合を入れてオシャレをするのも、男性とLINEで連絡を取り合うのも、自分を小出しにしながら相手と少しずつ仲良くなっていくのも、正直なところ面倒だと思ってしまうのです。

誰かに「アナタの運命の人は、この人ですよ」と教えられて、出会った瞬間から恋人同士として付き合えるなら、どれだけラクだろうかと考えるのでは?

今回は、恋を諦めがちになる時、後ろ向きな気持ちを作る一番の理由を探ってみたいと思います。

とにかく出会いがない!

結婚適齢期を迎えた男女を対象にしたアンケート調査では、恋人を作るのに難しいと感じる理由として、「出会いの機会がない」がダントツの一位でした。

20代のうちならまだ、人間関係が完全に固定されることもなく、合コンもするし、仕事や趣味などをきっかけに周囲も人を紹介してくれたりするけれど、三十路を過ぎて35歳に近くなれば、親しく付き合う人間はかなり限定されてくるようです。

また、行動範囲も狭まったり、いつも同じだったりして、平日は職場と家の往復だけ、休日は家でまったり……という状況に落ち着いてしまう人が多いんだとか。趣味であれ、習い事であれ、20代であれば気軽にできた新しいチャレンジも、30代に入れば気後れしがちになるでしょう。

だからといって、同じ職場の異性や近所の人を恋愛対象に見る気も起きず、新しい出会いを求めるとなると、街コンやお見合いパーティーしかなくなるのです。

とはいえ、年齢的にも仕事が充実して忙しく、休日に気合を入れてオシャレをする元気はなかなか湧かないという部分もあり、本当に「婚活するぞ!」と一大決心でもしなければ、重い腰が上がらないのかもしれません。

理想の相手にめぐり会えていない……?

そして、同じアンケート調査で、恋人を作るのに難しいと感じている理由の第二位は、男女ともに「理想のお相手にめぐり会えていない」でした。

適齢期を迎えれば、誰だって『無駄打ち』をしたくないと思うものです。遊びの恋に貴重な時間を費やすつもりはなく、ピンポイントに結婚へ繋がる恋愛をしたいと考えるのでしょう。

けれど、それは思いのほか、心に重くのしかかっているのかもしれません。恋人ならイヤだと思えばすぐに別れられますし、多少の妥協も受け入れてしまいますが、結婚相手になると容易には離婚できず、生涯を共にするのだと思うと妥協もしたくない……。そんな気持ちが、過剰に慎重なスタンスを作って、「私が理想とする人なんて、いないんじゃないか?」と、恋を始められない要因となっているようです。

もちろん、結婚相手は誰でもいいわけではなく、しっかりと吟味したいものですけど、慎重になりすぎるのも問題です。結婚は勢い、なんていいますが、「悪くはないんだけど、最高に良いともいえない」と感じる相手なら及第点と見なしても良いのでは……?

「行動」と「潔い判断」

「もう恋なんてできないんじゃないかな、私」と諦めながらも、心のどこかで彼氏がほしい、結婚したいと思うのであれば、やっぱり行動するしかありません。面倒くさいと中途半端に諦めて40代を迎えれば、どれだけ行動しても、バリバリに気合を入れてオシャレをしても、新しい恋を見つけるのは簡単じゃないでしょう。

まだ勝負できる30代のうちに、悔いなく頑張ってみるべきです。

そして、動いた分の成果がすぐ表れなくたって、ガッカリする必要はありません。「いま種を蒔いておけば、じきに実が成る」と前向きに行動し続けると、必ず結果は出るはずです。

また、自分の理想の6、7割が叶う相手なら、お付き合いしても大きなケンカなどなく、すんなり結婚に向かえる人物なんじゃないでしょうか。最後の恋がしたい、結婚相手を失敗せずに選びたいと思うほど、肩の力を抜いて、気軽に潔い判断をした方が良いかもしれません。

参考:恋愛・結婚マッチングサービス『pairs』の会員約5100名に対するアンケート調査。「恋人を作るのに難しいと感じている点があれば教えて下さい」より。

written by 岡崎咲

Photo by. Khánh Hmoong