関わると不幸になる…「避けたほうがいい人」の5つの特徴

あなたの身近には「一緒にいるだけで疲れる」「ストレスが溜まる」と感じる人はいませんか? もしかしたらそれは”避けたほうがいい人”かもしれません。人間関係のストレスを減らすためには、自分に悪影響を与えてくる人との関わりを絶つべきです。そこで今回は、関わると不幸になる避けたほうがいい人の特徴を5つご紹介します。

関わると自分が不幸になる「避けたほうがいい人」の5つの特徴

すぐ不機嫌になる・怒る

すぐ不機嫌になる・怒る

避けたほうがいい人の特徴として、まずすぐ不機嫌になる・怒ることが挙げられます。

すぐ不機嫌になる・怒る人は、怒りの沸点が低く、事あるごとに自分の感情を他人に向ける傾向が。たとえば、誰かがミスや見落としをしてしまったときに、怒りや批判を浴びせることがあります。また、自身に嫌なことがあったときでも、周りに八つ当たりしがちです。

このような人と関われば、常に緊張感や理不尽さを感じることになりかねません。怒りの対象になることや、相手の感情に振り回されることを避けるためにも、関わらないでおくべきです。

平気で嘘をつく

平気で嘘をつく人との関わりも避けるべきです。平気で嘘をつく人は、自分の評価や利益のために事実とは異なったことを口にします。嘘は信頼関係を崩し、混乱や不信感を引き起こすもの。健全な関係を築くためには、誠実さと信頼が欠かせません。

そのため、嘘をつく人とは距離を置くことをおすすめします。自分を守るために、誠実さを大切にしましょう。

マイナス思考

身近にいつもネガティブな発言ばかりするマイナス思考な人はいませんか? マイナス思考な人は常に悲観的な視点を持ち、困難や失敗に対して過剰に反応します。

「どうせ私なんて」

「もう無理に決まってる」

「幸せになんかなれない」

など、悲観的な言葉が口癖です。

また、たとえ周りから励まされても、素直に受け入れることができません。マイナス思考な人と一緒にいると、自分の自信や前向きな気持ちが損なわれる可能性があります。良好な人間関係を築くためには、ポジティブな考え方を大切にする人と過ごすことが重要です。

批判的

批判的な発言ばかりする人との関わりも避けたほうが良いです。このタイプは常に他人を非難し、欠点やミスを見つけようとします。建設的な意見やサポートよりも、否定的なコメントや非難をすることが多いです。自分の考えや意見を相手に押し付ける傾向があるため、自分勝手とも言えます。

一方で、批判的な人は自分が批判の対象になると、不機嫌になったり、攻撃的な態度を示したりしがちです。一緒にいるだけで自己価値感が低下し、自信を喪失する可能性があります。そのため、批判的な人との関わりは避け、肯定的な人と関わることが大切です。

依存体質

依存体質も、避けたほうがいい人の特徴の1つです。依存体質な人は他人に過度に頼り、自己肯定感や自己主張が乏しい傾向があります。

常に他人の承認や支持を求め、自分自身を肯定することができません。他人の問題や責任を抱え込むことは、自分の心身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。依存的な行動や要求に応えることが常に求められるため、あなた自身の自由や成長の機会が制限されてしまうかもしれません。

避けたほうがいい人と関わったほうがいい人の3つの見分け方

コミュニケーションスタイルの違いを観察する

コミュニケーションスタイルの違いを観察する

避けたほうがいい人と関わったほうがいい人の見分け方1つ目は、コミュニケーションスタイルの違いです。避けたほうがいい人は、話し方や態度が攻撃的・批判的な傾向があります。他人の意見を軽視し、自分の主張を押し付けがちです。

一方で、関わったほうがいい人は、相手の意見や考えを尊重し、親身に話を聞く姿勢を持っています。会話の中で共感や理解を示してくれるため、心地良いコミュニケーションが取れるでしょう。避けるべきか、関わるべきかを見極めるためには、話を聞く態度や発言などをチェックすることが大切です。

言動の一貫性を確認する

避けたほうがいい人は、嘘をついたり、約束を破ったりなどの不誠実な対応をしがちです。そのため、言葉と行動が一致しないことが多々あります。

一方で、関わったほうがいい人は、信頼できる言動をし、言ったことを実行する責任感を持っています。信頼関係を築くための努力をしているため、良好な人間関係を築くことができるでしょう。

「事実と発言が矛盾している」

「言ったことが守れない」

「言うことがコロコロ変わる」

といった人とは、関わるべきではありません。

一緒にいて与えられる感情や影響を考える

避けたほうがいい人との関わりは、ネガティブなエネルギーや感情を引き起こします。一緒にいるだけで疲れたり、ストレスが溜まったりするでしょう。「二度と会いたくない」という拒否反応が起こることも。

一方で、関わったほうがいい人は、ポジティブなエネルギーをもたらし、あなたの心身の健康に良い影響を与えてくれます。一緒にいるだけで安心感や楽しさ、心地良さが生まれるはずです。一緒にいて少しでもネガティブな感情になる人とは、距離を置いたほうが良いと言えます。

避けたほうがいい人との関係に区切りをつけよう

避けたほうがいい人との関係に区切りをつけよう

今回は、関わると不幸になる避けたほうがいい人の特徴を5つご紹介しました。避けたほうがいい人は、あなたに良い感情や影響を与えません。むしろ、一緒にいるだけでポジティブな気持ちやエネルギーが吸い取られてしまいます。これをきっかけに、人間関係を見直してみましょう。

Written by danon

すれ違いを繰り返すと、取り返しがつかないことに…スピード破局しやすい人の特徴5つ ▶

danonの他の記事を読む